北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ハリストス聖堂、初の…
ハリストス聖堂、初の耐震診断 結果次第で補強工事へ【函館】
函館新聞 - 2017/09/12 10:56
建築後初めて耐震状態を調査しているハリストス正教会聖堂
 国の重要文化財(重文)で、函館市元町のハリストス正教会の聖堂が8月下旬から、1916年の建築後初の耐震診断を行っている。100年以上の歴史ある建物で、同教会は「診断の結果、耐震補強の必要があれば2020年にも工事に取り掛かる」としている。

 重文を所管する文化庁は、11年の東日本大震災後から、建物を改修する際には耐震診断や補強を合わせて実施するよう所有者に求めている。

 同教会は、8月23日から耐震診断を実施。今月11日までに、れんが造りの壁の一部をくり抜くなどしてサンプルを採取した。専門業者が持ち帰り、調査結果をもとに工事計画を策定するという。診断の費用は約2400万円で、国が65%、市が17・5%を補助する。

 市教委文化財課の蛭子井慶治課長は「重文なので外観や内装は基本的に変えられないため、具体的な補強方法をしっかり考えなければ」と話す。

 同教会では、重文登録時から拝観献金として200円を設定。工事となれば多額な経費が掛かることから「今回の耐震補強工事へ向けて、観光客だけでなく身近な市民にも見ていただき、協力してもらいたい」と呼び掛ける。診断中も通常通り見学可能。

 聖堂は、日本で初めて設置されたロシア領事館の付属聖堂(1860年)が発端。1907年の函館大火で焼失後、16年に再建、83年に重文に指定された。
[函館新聞]-最近の話題
「春夏秋冬」四季そろって進行道南いさりび鉄道特別編成【函館】(2017/09/20)
函館駐屯地にPAC3配備 防衛省、北ミサイルに対応【函館】(2017/09/20)
華やかなステージで魅了 函館リビフェス【函館】(2017/09/19)
交通機関乱れ新駅大混雑、観光地は閑散 台風通過【函館】(2017/09/19)
【台風情報】暴風、大雨に厳重な警戒を【函館】(2017/09/17)
衆院早期解散浮上 道南各政党、準備加速【函館】(2017/09/17)
学生と障害者が一緒にデザイン 【函館】(2017/09/17)
あがた森魚さん、デビュー45年の記録映画制作へ【函館】(2017/09/17)
大根鍋と舞台を楽しむ 天祐寺【函館】(2017/09/16)
「全国レクリエーション大会」開幕【函館】(2017/09/16)
全国での活躍を誓っている(右から)山本、長井、富田、伊藤
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)