北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  親子で収穫体験など・…
親子で収穫体験など・掘っちゃらんど【名寄】
名寄新聞 - 2017/08/28 16:41
収穫体験をする来場者
 「第12回掘っちゃらんどin智恵文―」が27日に市内智恵文の公益財団法人農業・環境・健康研究所名寄研究農場で開かれ、多くの地域住民でにぎわった。

 主催は同実行委員会(清水幸一委員長)で、家族で参加できる農村ならではの食育体験の場を設け、家庭での食育推進や健康なまちづくりに寄与することを目的に毎年開催しているもの。今年も、地元の関係団体が協力して幅広いジャンルの飲食コーナーを設置するとともに、数多くの企画が用意された。

 会場には多くの地域住民が来場。ジャガイモの収穫体験では、お父さん、お母さんたちがスコップで土を掘り起し、その中から顔を出したジャガイモを手に取って喜ぶ子どもの姿が見られた。また、恒例となっているひまわり豚の丸焼きをはじめ、新鮮なスイートコーンやカボチャ、タマネギなどの農産物販売コーナーは長い行列ができる人気ぶり。

 この他、ひまわりパンやひまわりうどん、なよろ煮込みジンギスカンなどさまざまなメニューが来場者をもてなし、会場内はおいしい匂いに包まれた。
[名寄新聞]-最近の話題
全力のタイムレース披露・ローラースキー競技会【名寄】(2017/09/19)
市民8人が自主避難・台風18号、倒木など被害【名寄】(2017/09/19)
イギリス大会優勝・チェーンソーアートの木霊さん【下川】(2017/09/15)
「服部半蔵忍者隊」が出現・愛知県の見どころPR【名寄】(2017/09/12)
秘境駅立ち寄り鉄道旅行満喫・スターライトてしお【名寄】(2017/09/05)
ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】(2017/09/05)
学校の枠を超え絆深める・ジュニア陸上2017【名寄】(2017/09/05)
自治体の垣根超え交流・道北文化集会が盛況【名寄】(2017/09/05)
キマロキに興味津々・衆議院議員の石破氏【名寄】(2017/09/01)
そば、農産物販売など・10日に「オータムフェスタ」【名寄】(2017/08/29)
小幌洞窟の前でガイドの説明に耳を傾ける参加者たち
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)