北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  第2回オロロンサマー…
第2回オロロンサマーフェスタ 雨の中での花火に感動
日刊留萌新聞 - 2017/08/12 14:21
雨の中で行われたオロロンサマーフェスタの花火大会
 第2回オロロンサマーフェスタ(実行委員会主催)が、11日午後2時から留萌港南岸特設会場で開かれた。雨の中の開催となった道北最大級となる5500発の打ち上げ花火と音楽が共演するオロロン花火大会をはじめ、特設ステージではロボット掃除機などが当たる大抽選会、音楽ライブなどが繰り広げられ、市内外から訪れた約2万人(主催者発表)が留萌の夏を堪能した。

 留萌地域に新たなにぎわいを創出して活力を呼び込み、全ての来場者に笑顔で帰ってもらえるイベントを―と企画し、昨年に続き2回目の開催。この日は時折雨が降るあいにくの天候だったが多彩な催しが来場者を楽しませた。

 「氷雨」のヒット曲で知られる函館市出身の歌手・佳山明生さんのコンサートで幕開け。続いて開会式が行われ、原田右一実行委員長が「この日に向けて協力いただいた行政機関や各団体、事業所や飲食店に設置した募金玉に善意をいただいた皆様に感謝したい。今後も各種イベントを通して地域の活性化を図り、皆様に元気を届けることができるよう創意工夫を重ねていきたい」とあいさつ。

 パナソニック製ハイブリッド除湿機や3Dマッサージシートなどが当たる大抽選会では、結果に観衆が一喜一憂。終了後、特設ステージで音楽ライブが開かれ、歌やダンスパフォーマンスなどに会場は熱狂的な盛り上がりを見せていた。

 会場には車体にアニメや漫画のキャラクターなどのステッカーを貼り付けた「痛車」展示、飲食物販売コーナーが設けられたほか、留萌振興局の関連イベント「コスプレ体験コーナー」でアニメキャラクターなどの衣装に着替え、来場するコスプレーヤーの姿も多く見られた。

 メーンのオロロン花火大会は雨脚が強まる中、午後7時半ごろから始まった。3部構成で、第1部の「グランドショー」はスターマインがオープニングを飾り、連続して打ち上がる華やかな光が詰めかけた観衆を魅了。第2部は「創作花火コレクション」。アニメやドラマの主題歌に合わせて雪だるまやカエルの形のユニークな形の花火が子供たちを喜ばせた。最後の第3部は「デラックスショー」。懐かしいJ―POPの名曲とシンクロするように夜空を色鮮やかに染め上げる大輪の数々に歓声が上がった。

 家族4人で訪れた留萌中1年の田口翔陽君(13)は「次々上がる花火がすごく派手で創作花火も面白かった。来年も楽しみ」と笑顔を見せていた。
[日刊留萌新聞]-最近の話題
第41回小平町産業まつりに5千人 和牛バーベキュー堪能(2017/08/28)
たこリレーに沸く 初山別で岬まつり(2017/08/07)
小平町で初の外国人対象のモニターツアー(2017/08/03)
しじみまつり盛況 歌謡ショーもにぎわう【天塩】(2017/07/10)
第5回ヒルクライムタイムトライアル 186人が雨の中疾走(2017/06/26)
☆ロマン街道しょさんべつ【初山別】(2009/09/08)
おびら鰊番屋【小平】(2009/09/08)
てしお【天塩】(2009/09/08)
富士見【遠別】(2009/09/08)
風W(ふわっと)とままえ【苫前】(2009/09/08)
加工品の種類が増加しているスモモ
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)