北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  「桃太郎」収穫最盛期
「桃太郎」収穫最盛期
日高報知新聞 - 2017/08/10 09:04
びらとり農協のトマト選果場はフル稼働中
 道内最大のトマトの産地・平取町では、5月連休から始まった収穫が次第に本格化してきており、これから収穫最盛期を迎える。

 今年は6~7月の好天で生産量は前年比110%と順調に推移し、荷菜にあるびらとり農協の選果場では大勢のパートの主婦らがフル稼働している。

 平取町では「桃太郎」系の品種を20年以上にわたって作り続けている。このこだわりが道外市場で評価を受け、作付け面積・収穫量が右肩上がりに成長。今や全国屈指の産地となっている。

 同農協では早くから販路の拡大を図り、関西を主に関東圏など8割が道外への出荷だ。収穫後の鮮度保持に配慮を怠らないことも、道外市場関係者らから高い評価と信頼を得ている要因だ。

 栽培農家は現在163戸、作付け面積は115㌶。収穫量総量は約1万5千㌧。

 まもなく収穫最盛期を迎えるうまさが違う桃太郎の「びらとりトマト」。同農協の選果場では、集荷したトマトの大きさや形を21種類に自動選別する約50㍍のラインが動き、働くパートの主婦らは今年も約140人。

 トマトは鮮度が命で集荷量は日によって違うが、その日のうちに処理しなければならず、多い時は夜11時までの作業が続く。

 同農協の藤本義明青果課長は「今のところ1日128㌧。これから最盛期を迎える。長年のノウハウを生かし、品質管理の万全と安定供給に努め今年もおいしいトマトを消費者へ届けたい」と話している。
[日高報知新聞]-最近の話題
表彰や介護記念講演(2017/10/16)
買い物客に投票参加啓発(2017/10/16)
高齢者宅訪問し注意(2017/10/14)
功労者表彰や安全の誓い(2017/10/14)
藤江さんへ防犯栄誉銅章 全国防犯協会連合会から表彰(2017/10/13)
翠明橋公園の湧水を選定 キリンビールの名水守るプロジェクト(2017/10/13)
初登庁、職員に訓示(2017/10/12)
事務所と生活店舗竣工(2017/10/12)
盛大に収穫の秋祝う(2017/10/11)
「馬はすごく魅力的」 チャレンジショップ開設で(2017/10/11)
伊達東・白井瞳選手(右)の強烈なアタックが光る=決勝・伊達東―ACE北星戦
↑最近の写真
特集・道の駅
着物着付けで全国へ/釧路の尾崎、高橋さん

表彰や介護記念講演

買い物客に投票参加啓発

日本女性会議2017とまこまい閉幕 大会宣言で締めくくる

レンジャー養成教育終了、帰還行事盛大に-陸自第7師団

40周年記念野球大会で港北クラウンOBらが熱戦【室蘭】

24店舗参加しバル街、食べ歩き地元の味を開拓【伊達】

室民杯ママさんバレーボール大会で伊達東が初優勝【伊達】

非行や犯罪ゼロめざし社明運動の公開ケース研究会【登別】

民謡発表会で自慢ののどを元気に披露【登別】

迫力サウンド聴きに来て、大谷高吹奏楽部が15日に定演【室蘭】

14日に朗読会と夢輝のあさんの特別ライブ開催【室蘭】

室蘭地方新聞コンクールがモルエ中島で17日から展示【室蘭】

室蘭商議所が22日に中学生対象の建設業PR事業実施

精巧なプラモ戦士、愛好会が50周年展【室蘭】

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

十勝からの情報(10月8日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(125)

室蘭民報(924)

名寄新聞(75)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(125)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(307)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)