北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  阿寒摩周国立公園に名…
阿寒摩周国立公園に名称変更【釧路、弟子屈】
釧路新聞 - 2017/08/09 10:05
新名称の看板をお披露目する河野所長
 火山と森と湖が織りなす豊かな原生的景観が特長の阿寒国立公園は8日、「阿寒摩周国立公園」へと名称が変更された。知名度の高い摩周湖の名が加わることで、公園全体のブランド力向上と観光振興が期待される。国立公園指定から83年を経ての変更に、特に弟子屈町では関係者が長年の悲願成就を喜び、環境省の国立公園管理事務所(弟子屈町)では看板の架け替えが行われた。10月には記念式典が予定されている。

 名称変更は、8日付の官報に中川雅治環境相名で告示され、正式に誕生した。

 阿寒摩周国立公園は、火山活動でできた阿寒・屈斜路・摩周カルデラを基盤とした原生そのままの景観を魅力とする国立公園。旧名称からは弟子屈を連想できないため、摩周湖や屈斜路湖、川湯温泉などが国立公園内にあるとの認知度が低く、特に弟子屈町側からは名称の変更を求める声が長年あった。近年の広域観光の推進などで機運が高まり、関係自治体などが昨年国に要請。今年6月の中央環境審議会で変更を認める答申がなされていた。

 この日は同町川湯温泉にある環境省阿寒摩周国立公園管理事務所で新名称の看板架け替え作業があり、河野通治所長は「原生的自然やアイヌ文化など、ここならでは特性を11市町と連携しPRしたい」と述べた。

 10月の記念式典は、関係11市町で構成する阿寒国立公園広域観光協議会が主催し、3日に同町の釧路圏摩周観光文化センターで開催。記念講演やパネルディスカッション、レセプションを予定している。

 釧路市と弟子屈町で構成する水のカムイ観光圏協議会とJR北海道釧路支社は、24日から9月30日まで、JR札幌駅西改札口コンコースで、公園エリアのポスターやパンフレットなどを設置したPRブースを開設してPRに励む。
[釧路新聞]-最近の話題
サンマ大型船、初水揚げ/根室・花咲港(2017/08/23)
釧路・根室の情報(2017/08/22)
給食食器に地元キャラクター【標茶町】(2017/08/22)
マイマイガ大量発生、幼虫は体毛に毒【標茶】(2017/08/21)
夏惜しみメインストリート舞台に北海盆踊り【釧路】(2017/08/20)
涼しさと大自然満喫、盲導犬と長期滞在【釧路】(2017/08/19)
釧路・根室の情報(2017/08/15)
町民が観光地巡り満喫、初のカヌー体験も【厚岸】(2017/08/13)
ファン満足 初の見学ツアー開催/厚岸蒸留所(2017/08/12)
大みこし勇壮、金刀比羅神社例大祭【根室】(2017/08/11)
道立サンピラーパークのひまわり畑でウエディング撮影を行った辻永さん夫妻
↑最近の写真
特集・道の駅
10月末までに通行止め解除 被災66カ所の路面や橋の復旧進む

「ドローン」操縦士養成校

キャラクターの「こぶねちゃん」

岐阜の中学生が漁家泊 浜の手料理堪能【根室】

うまいもの満喫 ねむろ名産市にぎわう【根室】

地元出身 古御堂有紀さん 保育所で今年もコンサート【根室】

東京五輪&パラリンピックフラッグ展示【名寄】

ひまわり畑でウエディング撮影・神奈川県在住カップル【名寄】

矢後関 角界席巻を 故郷に後援会発足【芽室】

動物園にフラミンゴひな誕生 「はなび」ちゃん【帯広】

若い感性発信へ、9月9日から飛生芸術祭【白老】

26、27日に縄文まつり、20回目のテーマは「育」【伊達】

26日に初の体験イベントで測量の重要性紹介【室蘭】

室蘭市民会館15周年祝い27日と9月23日にイベント【室蘭】

26、27日に下川うどん祭り・全国トップ級2店を迎える【下川

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

支笏湖のヒメマス、早朝狙い時

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

「登別牛乳カステラ」のハーフサイズが新たに登場【登別】

開発中のジンギスカン鍋クッキーが月内にも完成【室蘭】

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

根室新聞(106)

室蘭民報(872)

名寄新聞(95)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(14)

日高報知新聞(168)

函館新聞(191)

苫小牧民報(148)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(316)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)