北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  「大野少年の翼V」一…
「大野少年の翼V」一行50人
日高報知新聞 - 2017/08/08 17:04
交流会で大野おどりを披露する大野市の子どもたち
 新ひだか町と友好市町の福井県大野市から5日、大野青年会議所(芦原亮人理事長、会員34人)と市内の小学生など50人が来町し、6日に明治時代に同市から入植した子孫が多い三石歌笛地区で交流会が開かれ、ルーツが同じ伝統の踊りを披露し、記念植樹などで交流を深めた。

 明治23年に大野市(当時の大野郡富田村)から入植が始まり歌笛・川上地区を開拓したのが縁で、昭和50年代初めから相互交流が盛んになり、58年に旧三石町と友好市町を提携。旧静内町との合併で新町になっても相互の訪問交流を継続している。

 今回の訪問は大野青年会議所(大野JC)50周年記念事業「大野少年の翼V」として、2泊3日の日程で新ひだか町と札幌市を訪れた。

 同JCは10周年の第1回記念事業を歌笛・川上地区で実施し、中学生80人が両地区で分散民泊して交流を深めており、歌笛地区訪問は40年ぶりになる。

 今回は市内から募集した小学5、6年生34人とJC会員、保護者ら16人が参加。5、6日に町内観光や交流会、乗馬などを楽しんだ。

 三石歌笛総合住民センターで開かれた6日の交流会には、開拓者の子孫や40年前の民泊受入農家、地区の小中学生、地域住民ら約50人が一行を歓迎。

 入植経過の説明や大野市と歌笛地区の交流紹介、歌笛開拓者の心の支えになっていた町無形文化財指定の三石歌笛越前踊りを同踊り保存会のメンバーが披露。続いて大野市の子どもたちが大野おどりを披露した。

 また、大野市からの開拓者が明治26年に建立した歌笛神社の境内で花観賞用の桃「花桃」の苗木5本を記念植樹し、神社の秋祭りで行われる流しソーメンを味わった。

 大野JCの芦原理事長は「40年ぶりの歌笛での記念事業に多くの住民が歓迎してくれうれしい」と話し、参加小学5年生の石橋麿輝斗君は「北海道は涼しい。交流できてうれしい」と話していた。

 踊りの原点を確かめるため19年前に会メンバーら22人が大野市を訪問交流している三石歌笛越前踊り保存会の北道健一会長は、「今後も大野市との交流を続けていきたい」と話していた。
[日高報知新聞]-最近の話題
念願の全国大会に出場(2017/08/21)
トマトに鳥が?珍しい形にびっくり(2017/08/21)
新ひだかで観光産業学習(2017/08/19)
30㌢超の幅広コンブ(2017/08/19)
9億円台回復に期待(2017/08/18)
静内農高の沼田幸樹君が最優秀賞(2017/08/18)
義経と静御前の雅な衣装(2017/08/17)
歌謡ショーや花火大会(2017/08/17)
〝素敵な牝馬の祭り〟(2017/08/16)
本州ライダー次々と(2017/08/16)
デッキの上を飛び跳ねるシロザケ=21日午前8時25分ごろ
↑最近の写真
特集・道の駅
第1回最東端シーサイドマラソン 雄大な景色満喫し健脚【根室】

サンマ棒受け網漁本格化 主力の大型船出漁【根室】

濵松伯吉さん 市内最高 居合道六段に【根室】

念願の全国大会に出場

トマトに鳥が?珍しい形にびっくり

今季サケ捕獲始まる 千歳川のインディアン水車

大勢の来場者でにぎわう・なよろ産業まつり【名寄】

キッズ起業家あきない塾・パンを販売して盛況【名寄】

道内外から167人参加・オープンキャンパス【名寄】

岐阜県御嵩町の中学生が森林環境教育を体験【下川】

26、27日に下川うどん祭り・全国トップ級2店を迎える【下川

30日と9月1日に苫小牧市がマッチング事業【苫小牧】

アイヌ文様が美しく…「エミナの会」が作品展【白老】

登別ガス協同組合が19日にパロマ敷地内でフェスタ【登別】

19日に「森蘭航路」クルーズ第2弾の日帰り体験ツアー【室蘭】

室蘭地方 つり情報

支笏湖のヒメマス、早朝狙い時

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のマアナゴ好釣果

「登別牛乳カステラ」のハーフサイズが新たに登場【登別】

開発中のジンギスカン鍋クッキーが月内にも完成【室蘭】

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

根室新聞(102)

室蘭民報(872)

名寄新聞(95)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(14)

日高報知新聞(168)

函館新聞(191)

苫小牧民報(152)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(316)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)