北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  小倉南高生が浦河へ
小倉南高生が浦河へ
日高報知新聞 - 2017/08/07 17:19
学徒援農記念碑を囲む小倉南の生徒や町関係者ら
 北九州市の福岡県立小倉南高校の生徒10人が、4日から6日まで浦河町の農家に滞在している。戦時中の昭和18年に同高の前身、小倉園芸学校の生徒42人が荻伏地区周辺(当時の荻伏村)で学徒援農のため各農家に派遣され、平成の時代になって学徒有志が町を再訪しており、同校同窓会の南薫会が「先輩たちが築き上げた浦河との縁をこれからもつないでほしい」と派遣した。

 戦時下の食料不足が深刻化する中、当時の小倉園芸学校の生徒たちは、援農のため列車を乗り継いで5日間かけ荻伏村に入り、各農家に分宿。5月から8月にかけ、米作りや養鶏の農作業に従事した。

 平成10年夏に、当時の援農生ら関係者9人が55年ぶりに浦河町を訪れ、農家関係者とも再会したほか、記念の「学徒援農記念碑」の建立にと費用の一部25万円を町に寄付。

 これを受け、町は12年3月に荻伏地区の赤心社記念館横に記念碑を建立。翌13年には町も支援し小倉南高の校庭に同様の記念碑が建てられた。1昨年の浦河町制施行100周年記念式典にも援農生を含む同校同窓会から6人が参加している。

 浦河町訪問は、校内選考(生徒709人)による2、3年生の男女10人と佐々木詳司校長、引率教員2人の計13人。援農生とつながりのある生徒は今回はいないという。

 4日夕方に援農記念碑がある旧荻伏村役場の赤心社記念館前で、これまで同校を2度訪れている池田拓町長、浅野浩嗣教育長、荻伏地区の礎を築いた開拓結社の赤心社の沢恒明社長、受入農家らが一行を歓迎した。

 池田町長は「42人の先輩たちの足跡と熱い思いを浦河で感じ、これを受け継いでほしい」をエール。生徒を代表し3年の弥永隼典(やなが・しゅんすけ)君が「先輩たちが過ごした浦河の地を実感したい」と話し、全員で記念碑を囲み記念写真を撮った。

 生徒たちは3農家に分かれて6日まで滞在し、馬の世話など農作業体験。町内の施設見学、乗馬体験などで過ごす。6日に札幌に向かい、7日に九州に戻る。

 佐々木校長は「ここに来る前に援農生の先輩が来校し、『浦河は夕日が美しかった』と話していた。今後も浦河とのつながりを持ち、できれば隔年で生徒たちを派遣したい」と話していた。 
[日高報知新聞]-最近の話題
大狩部トンネル見学(2017/10/17)
「浦から行こう」ルートを 大学生が旅をプロデュース(2017/10/17)
表彰や介護記念講演(2017/10/16)
買い物客に投票参加啓発(2017/10/16)
高齢者宅訪問し注意(2017/10/14)
功労者表彰や安全の誓い(2017/10/14)
藤江さんへ防犯栄誉銅章 全国防犯協会連合会から表彰(2017/10/13)
翠明橋公園の湧水を選定 キリンビールの名水守るプロジェクト(2017/10/13)
初登庁、職員に訓示(2017/10/12)
事務所と生活店舗竣工(2017/10/12)
児童生徒の力作が展示されている特別支援学級作品展
↑最近の写真
特集・道の駅
「カムイノミ」で安全祈願/阿寒湖温泉【釧路】

伊達高生が関内小児童の声援受け強歩に挑む【伊達】

宿泊客を守れ、温泉街のホテル火災想定し放水訓練【登別】

JCHO登別病院が20年4月の開院めざす【登別】

人材育成に決意新た、高等技専で2年制開校記念シンポ【室蘭】

空手修武會の樋口が全道優勝、世界大会出場へ【室蘭】

シニア60が全道サッカーV、シニア50と来年全国へ【室蘭】

生涯学習センターの愛称に応募の高本君に感謝状【室蘭】

真実見抜く難しさ実感、3RCが窃盗事件の模擬裁判【室蘭】

白鳥台北公園のクリとドングリの木が根元密着し共に成長【室蘭】

市民文化祭の特別支援学級作品展で工夫の150点【登別】

室蘭民報社とモルエ中島共催の新聞コンクール始まる【室蘭】

迫力サウンド聴きに来て、大谷高吹奏楽部が15日に定演【室蘭】

14日に朗読会と夢輝のあさんの特別ライブ開催【室蘭】

室蘭地方新聞コンクールがモルエ中島で17日から展示【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

十勝からの情報(10月8日ごろ)

釧路、根室の情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(124)

室蘭民報(930)

名寄新聞(73)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(183)

苫小牧民報(123)

釧路新聞(88)

十勝毎日新聞(303)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)