北海道ニュースリンクHOME  >  グルメ情報  >  25日は土用の丑の日…
25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】
室蘭民報 - 2017/07/24 12:22
夏の土用入りを迎え、忙しくウナギを焼く市原社長
 あす25日は土用の丑(うし)の日―。室蘭市内の飲食店やスーパーでは、従業員が書き入れ時を前に忙しく準備に当たる。通年でウナギを扱う中島町の板前料理いちはら(市原正雄社長)では予約も含め500食分の販売を予定、連日仕込み作業が続いている。

 市原社長(70)は中央町の塩釜で15年修行後に独立し、中島町に店を構えて今年で37年目。扱うウナギは静岡産の活魚で、米は人気が高い財田米(品種はゆめぴりか)を使う。酒とみりん、しょうゆをベースに隠し味を入れ、継ぎ足して使う秘伝のタレがうまい。

 「平日の10倍以上売れる」土用の丑の日向けの仕込みは1週間前から始まった。かば焼きは手間の掛かる作業で、下準備が重要。作業はウナギを割いて串打ち。白焼きした後に蒸してふっくらさせる。最後にタレを付けて焼き、完成となる。

 今年もすでに200食を超える予約が入っているという。「うな重」はかば焼きが2段になった竹が3500円、梅が2500円。予約は当日も可能。営業時間は午前11時半から午後9時までだが、混雑する25日は売り切れ次第閉店する予定。

 市原社長は「徐々に仕入れ値が上がっていますが、ファンのために価格据え置きで頑張っています。駐車場もありますので、ぜひ伝統の味を楽しんで」と話している。問い合わせは電話0143・46局2995番へ。
[室蘭民報]-最近の話題
口腔ケア普及へ連携、室蘭歯科医師会の新会長に仲川氏【室蘭】(2017/08/23)
全国野球出場・WEEDの社監督ら「一戦必勝」誓う【白老】(2017/08/23)
若い感性発信へ、9月9日から飛生芸術祭【白老】(2017/08/23)
「竹取物語」を題材に華やか和装披露【伊達】(2017/08/23)
26、27日に縄文まつり、20回目のテーマは「育」【伊達】(2017/08/23)
白菊幼稚園が卒園児対象に教育をサポート【登別】(2017/08/23)
26日に初の体験イベントで測量の重要性紹介【室蘭】(2017/08/23)
室蘭市民会館15周年祝い27日と9月23日にイベント【室蘭】(2017/08/23)
肺がん手術を解説、製鉄記念室蘭病院が市民セミナー【室蘭】(2017/08/23)
宮古フェリー航路開設に向け室蘭港の施設工事が本格化【室蘭】(2017/08/23)
酒井町長から認定証を受けたこぶねちゃんと左はこんぶマン
↑最近の写真
特集・道の駅
10月末までに通行止め解除 被災66カ所の路面や橋の復旧進む

「ドローン」操縦士養成校

キャラクターの「こぶねちゃん」

岐阜の中学生が漁家泊 浜の手料理堪能【根室】

うまいもの満喫 ねむろ名産市にぎわう【根室】

地元出身 古御堂有紀さん 保育所で今年もコンサート【根室】

東京五輪&パラリンピックフラッグ展示【名寄】

ひまわり畑でウエディング撮影・神奈川県在住カップル【名寄】

矢後関 角界席巻を 故郷に後援会発足【芽室】

動物園にフラミンゴひな誕生 「はなび」ちゃん【帯広】

若い感性発信へ、9月9日から飛生芸術祭【白老】

26、27日に縄文まつり、20回目のテーマは「育」【伊達】

26日に初の体験イベントで測量の重要性紹介【室蘭】

室蘭市民会館15周年祝い27日と9月23日にイベント【室蘭】

26、27日に下川うどん祭り・全国トップ級2店を迎える【下川

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

支笏湖のヒメマス、早朝狙い時

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

「登別牛乳カステラ」のハーフサイズが新たに登場【登別】

開発中のジンギスカン鍋クッキーが月内にも完成【室蘭】

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

根室新聞(106)

室蘭民報(872)

名寄新聞(95)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(14)

日高報知新聞(168)

函館新聞(191)

苫小牧民報(148)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(316)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)