北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  大輪彩る雨上がりの空…
大輪彩る雨上がりの空 函館港花火大会に5万人【函館】
函館新聞 - 2017/07/17 00:53
夜空に色とりどりの大輪を咲かせた函館港花火大会(16日午後8時50分ごろ、山崎純一撮影)




 道南に夏の到来を告げる函館新聞創刊20周年記念・函館港花火大会(函館新聞社主催)が16日、函館港豊川埠頭を主会場に開かれた。約3000発を打ち上げ、雨上がりの夜空に咲いた大輪の花で5万人の観客を楽しませた。

 同紙創刊と「海の日」制定を記念し、1997年から毎年開催している。同社の小笠原金哉社長は「函館新聞は創刊20周年を迎えることができた。昨年は北海道新幹線が開業し、函館にも活気が戻りつつある。花火大会開催など、地元経済活性化に向けて、道南の地域紙として微力ながら努力をしていきたい」とあいさつ。会場とのカウントダウンで打ち上げがスタートした。

 2部構成で、全14プログラム。オープニングの「尊尚親愛(そんしょうしんあい)」ではスターマインを打ち上がると、開会を待ち望んだ観客から歓声が上がった。水中花火やかわいらしい動物たちを描く花火コレクション、直径320メートルにも広がる大玉など、趣向を凝らした演出が約1時間に渡って続いた。

 フィナーレは地域の未来の発展への願いを込めた「継往開来(けいおうかいらい)」として約5分に及ぶプログラムを展開。勇壮な音楽とともに夜空を明るく染め上げた。

 大会の様子は今年も「FMいるか」による実況が会場を盛り上げ、音楽と合わせてさまざまな花火で楽しませたほか、ケーブルテレビ「NCV」でも中継された。
[函館新聞]-最近の話題
アイヌ語由来の地を1冊に 谷杉さん写真集出版【函館】(2017/07/21)
知内町、役場に北島三郎ギャラリー開設へ【知内】(2017/07/21)
盛り土遺構復元へ 垣ノ島遺跡保存基本設計【函館】(2017/07/20)
YUKIさん22、23日に函館公演 地元からエール【函館】(2017/07/20)
函館市、交流人口拡大へイベント情報専用サイト開設【函館】(2017/07/19)
「コスタ・ネオロマンチカ」函館に初入港【函館】(2017/07/19)
大間原発反対集会、訴訟の会竹田代表「控訴も視野に」【大間】(2017/07/17)
天然マコンブ次々 南茅部地区で漁始まる【函館】(2017/07/16)
世界遺産5度目の挑戦 【函館】(2017/07/16)
30回目 輝く舞台 節目の函館野外劇開幕【函館】(2017/07/15)
馬フェスタのPRポスターを手にするミスシンザンの2人
↑最近の写真
特集・道の駅
シンザンフェスと浦河競馬

自転車事故の怖さ刻む スタントマン再現 高校生体験【根室】

ジオパーク認定に尽力

商工会議所 フェイスブック開設 24日から運用開始【根室】

イコロの森のバラ満開 今月下旬まで見頃【苫小牧】

夏の風物詩楽しむ さっぽろ夏まつり開幕「大通ビアガーデン」

いじめ防止の歌作成 大空中生徒会【帯広】

手拭いで復興応援 町出身者有志が製作【清水】

鈴木(6年)全国へ 夕張場所「横綱」に わんぱく相撲【大樹】

前美深署副署長を送検・スーパーでも万引が判明【名寄・美深】

のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】

音楽と歴史融合、23日チェンバロコンサート【室蘭】

22日から高校生が主体の原爆パネル展【室蘭】

「そうきたか」驚く写真を…壮瞥町が初のフォトコン【壮瞥】

ビール進む往時の活気、「酔ってけ浜町」が開幕【室蘭】

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

たつかーむのチキンカレーがレトルトパックに【壮瞥】

室蘭製麺が冷やしカレーラーメン発売「新しい名物に」【室蘭】

根室新聞(110)

室蘭民報(833)

名寄新聞(59)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(173)

函館新聞(203)

苫小牧民報(187)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(329)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)