北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  大間原発反対集会、訴…
大間原発反対集会、訴訟の会竹田代表「控訴も視野に」【大間】
函館新聞 - 2017/07/17 00:53
250人が参加し、大間原発建設地近くの民有地で行われた反対集会




 青森県大間町で16日、電源開発(東京)が建設を進める大間原発への反対集会が、原発に隣接する民有地で行われた。国と電源開発を相手取り、建設・運転差し止めを求める訴訟を函館地裁に起こしている函館の市民団体「大間原発訴訟の会」の竹田とし子代表は、参加者250人(主催者発表)を前に、判決の内容によっては高裁への控訴も視野に入れる考えを示した。

 大間原発反対現地集会実行委の主催。2008年から毎年開き、今年で10回目を迎えた。実行委事務局長の中道雅史さんは「10年目を迎えたが、この間に大間原発の建設を中止できなかったことは残念。中止や差し止めの判決には地域住民の運動の裏付けが必要なので、一層広がりを持ったつながりで裁判を支えていこう」と述べた。

 道南からは、大間原発訴訟の会などから約30人が現地入りし、提訴から7年を経て今年6月に結審したことを説明。判決日時は未定だが、竹田代表は「大間の地を核で汚したくない。子どもたちに危険な負の遺産も残したくない一心で、活動してきた。裁判は負けるはずがないと確信しているが、最後の最後まで分からないので(高裁への)控訴も視野に入れて多くの反対の声を力に今後も頑張っていく」と声を張った。
[函館新聞]-最近の話題
道新幹線9月利用23%減、開業年の反動続く【函館】(2017/10/17)
旧相馬邸11月「江差屏風」解説イベント18日募集開始【函館】(2017/10/17)
色づく湖畔2306人快走 大沼グレートラン・ウォーク【七飯】(2017/10/16)
運転士気分を満喫 路面電車運転体験会【函館】(2017/10/16)
キッズプラザ1周年イベント 多彩な企画に親子ら笑顔【函館】(2017/10/15)
未来大が屋号展示ブース開設 市立博物館【函館】(2017/10/15)
「ウラナミシジミ」道南で多数確認【函館】(2017/10/14)
アザラシ被害防止策、定置網を改良【函館】(2017/10/14)
練習船「大成丸」が入港【函館】(2017/10/13)
シンガポール現地LCCが来年のチャーター便検討【函館】(2017/10/13)
最後は講師、保護者と子どもたちが一緒に100メートル走
↑最近の写真
特集・道の駅
運動と食事は大切、母恋駅で認知症予防の教室【室蘭】

大谷室蘭高吹奏楽部定演の重厚な音色で931人が魅了【室蘭】

室蘭市民美術館の絵画特別展で石塚貴羊史氏の魅力解説【室蘭】

ねむろポイントカード 行政ポイント対象事業決まる【根室】

中学生が北方領土を学ぶ 後継者育成ステップアップ事業【根室】

金曜夜に青春フィーバー 苫小牧でディスコイベント【苫小牧】

大狩部トンネル見学

児童ら躍動のこつ学ぶ 道スポチャレ教室に小学生35人【恵庭】

「浦から行こう」ルートを 大学生が旅をプロデュース

ビート続々 製糖開始 日甜【芽室】

迫力サウンド聴きに来て、大谷高吹奏楽部が15日に定演【室蘭】

14日に朗読会と夢輝のあさんの特別ライブ開催【室蘭】

室蘭地方新聞コンクールがモルエ中島で17日から展示【室蘭】

室蘭商議所が22日に中学生対象の建設業PR事業実施

精巧なプラモ戦士、愛好会が50周年展【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

夜の投げ釣りでマアナゴ順調

十勝からの情報(10月8日ごろ)

釧路、根室の情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(124)

室蘭民報(926)

名寄新聞(75)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(15)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(125)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(306)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)