北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  犠牲者悼み平和祈る …
犠牲者悼み平和祈る 各地で函館空襲慰霊【函館】
函館新聞 - 2017/07/15 10:39
橘の慰霊祭で犠牲者を追悼する(左から)堀口さんと三留さん(函館護国神社)
 第2次世界大戦末期の1945(昭和20)年7月14、15の両日に起きた米軍機による「函館空襲」の犠牲者を追悼する慰霊祭が、函館市船見町の称名寺と、同青柳町の函館護国神社で行われた。参列者は静かに手を合わせ犠牲者の冥福を祈るとともに、平和への思いを新たにした。

 〇…函館護国神社(大橋東城宮司)では、北斗市沖に沈んだ駆逐艦「橘」の慰霊祭が行われ、当時の乗組員2人を含む8人が参列した。

 青函連絡船などの護衛に当たっていた橘は、米軍機約100機の襲撃を受け7月14日午前7時ごろに沈没、乗組員280人中140人が死亡した。

 慰霊祭には橘に乗船していた三留直高さん(92)=神奈川県=と堀口頼秀さん(87)=群馬県=も参列。三留さんは「毎年ここに来ると身が引き締まる」、堀口さんは「平和の大切さを実感できる」と話した。

 また、祖父が橘の乗組員で、2年前から慰霊祭に参加している大学生の海老名惇さん(20)=神奈川県=は「戦争の記憶を伝える橋渡し役になりたい」と意欲をみせていた。(小川俊之)

 ○…称名寺(須藤隆仙住職)では、函館空襲を記録する会(浅利政俊代表)主催の慰霊祭があり、遺族や関係者など15人が参列。犠牲者の霊を慰め、函館で起きた惨劇を風化させない決意を新たにした。

 浅利代表(86)が境内にある「第二次世界大戦函館空襲戦災跡地戦災者慰霊碑」の碑文を朗読。同寺の僧侶が読経する中、参列者が焼香した。浅利代表は追悼の辞で「命こそ宝とする日本のため、函館人としての心を持ち、慰霊碑に込めた平和への願いを伝えていきたい」と話した。

 札幌鉄道郵便局職員の父を亡くした城本キサ子さん(90)=札幌市=は「このような慰霊祭はありがたく、元気なうちは訪れたい」と話し、最近の政治情勢について「いろいろ変化はあるが、戦争が起きないようにしてほしい」と願った。
[函館新聞]-最近の話題
「春夏秋冬」四季そろって進行道南いさりび鉄道特別編成【函館】(2017/09/20)
函館駐屯地にPAC3配備 防衛省、北ミサイルに対応【函館】(2017/09/20)
華やかなステージで魅了 函館リビフェス【函館】(2017/09/19)
交通機関乱れ新駅大混雑、観光地は閑散 台風通過【函館】(2017/09/19)
【台風情報】暴風、大雨に厳重な警戒を【函館】(2017/09/17)
衆院早期解散浮上 道南各政党、準備加速【函館】(2017/09/17)
学生と障害者が一緒にデザイン 【函館】(2017/09/17)
あがた森魚さん、デビュー45年の記録映画制作へ【函館】(2017/09/17)
大根鍋と舞台を楽しむ 天祐寺【函館】(2017/09/16)
「全国レクリエーション大会」開幕【函館】(2017/09/16)
強風の影響で倒伏被害が出ている飼料用トウモロコシ畑(更別村内で)
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)