北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  インドネシアの研究者…
インドネシアの研究者らが有珠山で防災教育学ぶ【洞爺湖】
室蘭民報 - 2017/07/14 11:38
インドネシアの研究者たちは三松三朗さん(左)らマイスターのガイド進行に見入った
 活火山「ムラピ山」(2968メートル)を抱えるインドネシアの地震学、地質学の研究者らが防災教育の実際を学ぶため12、13の両日、洞爺湖有珠火山マイスターのガイド業務などを見て回った。

 ムラピ山は、インドネシアで最も活発な火山の一つ。2010年噴火では、火砕流などで住民300人以上が死亡。噴火時の防災行動について住民が適切な知識を身に付けることが求められていて、中でも防災教育を重視している。

 地元の名門・ガジャマダ大学の研究者らは、国際協力機構(JICA)が支援する、地域防災力の向上を狙った研修事業の一環で来日。同大と火山防災分野で共同研究協定を結ぶ富士山科学研究所が委託を受けた。壮瞥町出身のマイスターの1人・川南結さんが4月、研究所のプロジェクト研究員に就いたのが一つの縁で、マイスター制度発祥の地での研修が実現した。

 13日には、洞爺湖町虻田小5年生の宿泊研修に同行して有珠山の外輪山展望台や、特別な許可を得て昭和新山に立ち入り三松三朗さん、小川裕司さんらマイスターが有珠山や昭和新山の歴史、噴火のメカニズムについて児童に分かりやすく伝える技術に目を見張っていた。

 ウィウィット・スルヤントさんら研究者は「インドネシアでは祈祷(きとう)師の言葉を信じて避難しない住民がいて防災教育はまだこれからという段階。専門家の確かな知識に裏付けされたマイスター制度は素晴らしく、子どもたちに噴火を科学的に伝え、将来の減災につなげたい」と話していた。
[室蘭民報]-最近の話題
将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】(2017/09/20)
若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】(2017/09/20)
JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】(2017/09/20)
秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】(2017/09/20)
古流居合道錬成大会で道内の剣士が迫力演武【伊達】(2017/09/20)
東明中バド部2OBが後輩に全国レベルの技伝授【室蘭】(2017/09/20)
室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】(2017/09/20)
写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】(2017/09/20)
台風18号の暴風で農作物被害相次ぐ【西胆振】(2017/09/20)
「あめ2個取れたよ」―大沢スクール児童館まつり【室蘭】(2017/09/20)
啓西小の児童らの前で実演される馬耕
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)