北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  室蘭空襲・艦砲射撃の…
室蘭空襲・艦砲射撃の悲劇「強烈な爆風に悲鳴」【室蘭】
室蘭民報 - 2017/07/14 11:36
「直径10メートルのすり鉢状の砲弾の跡が残っていた」と語る日野さん
 父親が日本製鋼所室蘭製作所で技師を務めていた日野国雄さん(81)=苫小牧市澄川町。家族とともに御前水町の中央社宅で暮らしていた。

 天沢小学校が天沢国民学校に名称が変わり、戦局が厳しさを増す1937年(昭和12年)に入学。空襲と艦砲射撃を体験するのは、遊び盛りの小学4年生の年だった。

 「当時は初等科から高等科まであり、2千人ほどが学んでいた。校舎は2階建てで中心に体育館、グラウンド側に職員室や校長室、衛生室がある管理棟があった。校舎の周りは崖だった」と振り返る。

 14日午前5時ごろ、空襲警報が鳴り、飛び起きて自宅近くの防空壕(ごう)へ。真っ黒いグラマン(米軍艦上攻撃機)が急降下して迫ってきた。「バリバリバリ」という機銃掃射の音が空気を切り裂く暗闇の中、家族とともに震えていた。

 翌15日の朝、ランドセルを背負って1人で学校へ向かっていた。校門前の長さ200メートルほどの階段に差し掛かったとき突然、空襲警報が鳴った。パニックに陥った。「家に戻ろうか、それとも学校まで走るべきか」

 そのとき、見知らぬ男性が日野さんの手をつかみ、社宅近くの防空壕に押し込んだ。「内部は薄暗くて周りがよく分からなかった」。まもなく「ドーン」という音とともに強烈な爆風。艦砲射撃の砲弾が防空壕の近くに着弾し、女性の悲鳴や子どもの泣き声が響き渡った。阿鼻(あび)叫喚だった。

 着弾のたび、防空壕の天井部分の木の板が裂けて土砂が落ち、目の前に積み重なっていった。怖くなって動けず、声も出せない。すると、1人の女性が積もった土を取り除き、救い出してくれた。「感謝で涙が止まらなかった。泥と涙で汚れた手で、何度も目をこすり、頬を拭いました」

 全身を揺さぶる恐怖の音と振動は1時間ほど続き、ようやく収まった。空襲警報が解除され、防空壕から外に出た。目の前の社宅は無残に破壊され、一部は跡形もなくなっていた。地面には直径10メートルほどはあるすり鉢状の穴。砲弾の跡だった。

 学校に行くと先生から「無期限の臨時休校になるから、疎開する人はしなさい」と言われた。「母恋側の校舎が破壊され、授業ができる状態ではないことは私たちにもすぐに分かった」

 登校中に道端に転がっているちぎれた太ももを見た友人がいた。「肉がぱんぱんに腫れ上がり、真っ白くなっていたと聞いた」。まさに地獄絵図だった。

 学校には、死体やけが人が担架に乗せられて次々と運ばれてきた。「けが人は衛生室で手当てを受けていた。ござの上に横になり、『熱いよー、苦しいよー』とうめき声を上げていた」

 「戦争を知らない人、特に若い人は、生まれたときから日本は民主主義国だった。二度と軍国主義の時代に戻さぬため、日本がかつて戦争をしたこと、室蘭で艦砲射撃があったことを、後世に伝えていく必要がある」。あの日から72年、惨禍を語り継ぐ使命感をにじませた。



 太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)7月、室蘭は甚大な戦禍に見舞われた。きょう14日は米軍艦載機の空襲、15日には米機動部隊による艦砲射撃。400人以上が命を落とし、工場、社宅街が破壊された「地獄」の記憶を、体験者たちに語ってもらった。
[室蘭民報]-最近の話題
将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】(2017/09/20)
若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】(2017/09/20)
JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】(2017/09/20)
秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】(2017/09/20)
古流居合道錬成大会で道内の剣士が迫力演武【伊達】(2017/09/20)
東明中バド部2OBが後輩に全国レベルの技伝授【室蘭】(2017/09/20)
室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】(2017/09/20)
写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】(2017/09/20)
台風18号の暴風で農作物被害相次ぐ【西胆振】(2017/09/20)
「あめ2個取れたよ」―大沢スクール児童館まつり【室蘭】(2017/09/20)
生命の成り立ちに理解を深める児童ら
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)