北海道ニュースリンクHOME  >  EVENT  >  文芸協会が9月に初の…
文芸協会が9月に初の音楽や映像交え作品発表【室蘭】
室蘭民報 - 2017/07/14 11:35
9月に開催する第1回ポエムフェスティバルに向けて話し合う室蘭文芸協会のメンバー
 室蘭文芸協会(浅野清会長、29結社)の第1回ポエムフェスティバルが、9月2日、中央町2のオルガンハウスで開かれる。詩や短歌、俳句、川柳の4ジャンルの書き手たちが、音楽や映像を交えて作品発表を行うユニークな試み。実行委の初会合が4日、東町の胆振地方男女平等参画センターで開かれ、イメージを膨らませていた。第67回市民文化祭参加新事業。

 12人が出席。同協会理事で事業部長の三村美代子さんは「文芸協会の会員の約半数は短詩型の書き手。趣向を変えた発表方法で、異ジャンル間の交流を楽しみたい。市民の皆さんにも鑑賞していただき、活動に関心を持ってもらえたら」と開催の主旨を述べた。

 この後、各ジャンルのグループに分かれ、どのような発表をするか話し合った。短歌は「室蘭の四季をテーマにし、映像や音楽も付けられたら」、俳句は「東日本大震災をテーマに、『花は咲く』をバックミュージックにして発表したい」などと案を述べていた。
[室蘭民報]-最近の話題
室蘭地方 つり情報(2017/07/21)
のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】(2017/07/21)
マリンパークで「へんないきもの展」復活【登別】(2017/07/21)
劇団四季ミュージカル「ライオンキング」札幌公演が好評【札幌】(2017/07/21)
音楽と歴史融合、23日チェンバロコンサート【室蘭】(2017/07/21)
鉄道ファンら早速購入、JR北海道のご当地入場券販売【胆振】(2017/07/21)
22日から高校生が主体の原爆パネル展【室蘭】(2017/07/21)
「そうきたか」驚く写真を…壮瞥町が初のフォトコン【壮瞥】(2017/07/21)
閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】(2017/07/21)
手業光る「銅板折り鶴」―室蘭高等技専職員が置物制作【室蘭】(2017/07/21)
庭園で咲き誇るバラ
↑最近の写真
特集・道の駅
シンザンフェスと浦河競馬

自転車事故の怖さ刻む スタントマン再現 高校生体験【根室】

ジオパーク認定に尽力

商工会議所 フェイスブック開設 24日から運用開始【根室】

イコロの森のバラ満開 今月下旬まで見頃【苫小牧】

夏の風物詩楽しむ さっぽろ夏まつり開幕「大通ビアガーデン」

いじめ防止の歌作成 大空中生徒会【帯広】

手拭いで復興応援 町出身者有志が製作【清水】

鈴木(6年)全国へ 夕張場所「横綱」に わんぱく相撲【大樹】

前美深署副署長を送検・スーパーでも万引が判明【名寄・美深】

のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】

音楽と歴史融合、23日チェンバロコンサート【室蘭】

22日から高校生が主体の原爆パネル展【室蘭】

「そうきたか」驚く写真を…壮瞥町が初のフォトコン【壮瞥】

ビール進む往時の活気、「酔ってけ浜町」が開幕【室蘭】

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

たつかーむのチキンカレーがレトルトパックに【壮瞥】

室蘭製麺が冷やしカレーラーメン発売「新しい名物に」【室蘭】

根室新聞(110)

室蘭民報(833)

名寄新聞(59)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(173)

函館新聞(203)

苫小牧民報(187)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(329)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)