北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  17日に初の「道みん…
17日に初の「道みんの日」―八丁平小で道徳授業【室蘭】
室蘭民報 - 2017/07/14 11:32
道徳教材を使い地域文化を守る大切さを学んだ道徳授業=室蘭市八丁平小
 道の条例制定で7月17日、初の北海道みんなの日(道みんの日)を迎える。道内では公立学校で関連した教育活動が繰り広げられており、10、11日は室蘭市八丁平小学校(山上昌彦校長、489人)で、道教委作製の道徳教材「きた・ものがたり」を活用した5年生の道徳授業が行われた。

 きた・ものがたりは、道内に縁のある先人の伝記を題材にした教材。同校では、知里幸恵のアイヌ文化を継承した生涯について取り上げ、11日は5年2組の児童30人が地域文化について学びを深めた。

 教室で児童たちは、知里幸恵が心臓の病を抱えながら上京し、アイヌ民族の文化を守るためアイヌ神謡集を書き上げ19歳で生涯を閉じたことを学んだ。

 その上で担任の木村隆介教諭から「病気でもあなたは東京に行きますか」「心臓病でも書き続けたのはなぜか」の問いに「文化を守りたかったのではないか」と想像を膨らませた。そこから児童たちは、身近な地域で守りたいものを考え合い、食文化のやきとり、白鳥大橋、鉄のまちとしての室蘭などを挙げた。

 藤本康汰君(5年)は「知里幸恵の知恵と勇気で文化を守ったのはすごい」と感じ「室蘭では、きれいな魚のいる海や自然を守りたい」と話していた。

 西胆振の学校では、道徳教材を活用した授業は室蘭市喜門岱小、登別市幌別小、同若草小、伊達市黄金小、壮瞥町壮瞥小、同久保内小で実施する。道内ゆかりの人物と地域の関わりについては洞爺湖町虻田小、同とうや小、道みんの日についての授業は豊浦町大岸小、同礼文華小でそれぞれ行われる。
[室蘭民報]-最近の話題
将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】(2017/09/20)
若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】(2017/09/20)
JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】(2017/09/20)
秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】(2017/09/20)
古流居合道錬成大会で道内の剣士が迫力演武【伊達】(2017/09/20)
東明中バド部2OBが後輩に全国レベルの技伝授【室蘭】(2017/09/20)
室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】(2017/09/20)
写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】(2017/09/20)
台風18号の暴風で農作物被害相次ぐ【西胆振】(2017/09/20)
「あめ2個取れたよ」―大沢スクール児童館まつり【室蘭】(2017/09/20)
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)