北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  念願の高校生起業家に…
念願の高校生起業家に 柏葉高2年の山本さん【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/07/13 13:54
開業届を出し「試行錯誤しながらも事業を進めていきたい」と話す山本さん
 帯広柏葉高校2年の山本愛優美さん(16)が、マーケティングサポートやコンサルティング事業などを行う「Nexstar(ネクスター)」を開業した。11日に帯広税務署に個人事業の開業届が受理された。関係者によると、高校生の起業は十勝管内では珍しいという。晴れて高校生起業者となった山本さんは「高校生と社会の関わりを増やし、地域の活性化につなげたい」と話している。

 山本さんは帯広市在住。高校では国際交流部などに所属し、自身で立ち上げた中高生のボランティア団体「TK(とかち高校生)部」代表、H×18(18歳選挙イベント)運営委員長なども務める。

 起業は、翔陽中2年のころ、スイスで日本料理店を経営する親類を見て興味を持ったという。中学3年で帯広信金の起業家育成事業「とかち・イノベーション・プログラム」に最年少で参加。12日にスタートした第3期のイノベーション-にも再び“参戦”した。

 事業内容はマーケティングコンサルタント。これまでの活動で培ったネットワークを使い、企業などの要望に応じて高校生中心にマーケティングを行うほか、マーケティングに基づいたイベントのコンサルティングなどが主業務。すでに若者が銭湯を気軽に使うための企画を考案するなど、事業実現に向け動いている。

 イノベーション-の三品幸広事務局長(帯信金経営コンサルティング室長)は「高校生の起業は十勝で聞いたことがない。挑戦する心意気がすごい。今後も勉強を続け事業を継続させてほしい」とエールを送る。

 会社員の父、母も見守ってくれているという山本さんは「数年で経営の土台をつくり、次の事業のステップにつなげたい。将来は株式会社にして、事業を継続させたい」と話している。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
台風で飼料コーン倒伏【十勝】(2017/09/20)
馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】(2017/09/20)
スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】(2017/09/20)
国道336号通行止め続く 台風18号【十勝】(2017/09/19)
ビンテージ3000本販売 ワイン城が24日【池田】(2017/09/19)
金谷さん紹介本 初代チャンプ 大谷短大ビブリオバトル【音更】(2017/09/19)
幕別、広尾で避難勧告 台風18号【十勝】(2017/09/18)
90歳、仲間と学んで笑って 敬老の日【十勝】(2017/09/18)
長寿ボウラー「夫婦横綱」【芽室】(2017/09/18)
園庭いっぱい 園児の元気 幼稚園運動会【帯広】(2017/09/17)
強風の影響で倒伏被害が出ている飼料用トウモロコシ畑(更別村内で)
↑最近の写真
特集・道の駅
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】

管内地価 一部に下げ止まり 市内は横ばい【根室】

「上手に描けました」

「LOVE♡にいかっぷ」発行

将来はレッドベア運転手、鉄道貨物フェスで添乗体験【室蘭】

台風で飼料コーン倒伏【十勝】

馬耕 力強く 啓西小児童が見学【帯広】

スモモ不作 栽培地造成検討も【更別】

若草小「誕生学」で生命の成り立ち学ぶ【登別】

JSS登別の4選手が選考会突破し全国へ【登別】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

マラソン合宿盛況、10月14、15日の参加者募集【伊達】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東・西港はサビキでサバ

十勝からの情報(9月10日ごろ)

釧路、根室の情報

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

贈答に夏の味覚を、8月末まで受け付け【壮瞥】

根室新聞(117)

室蘭民報(893)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(188)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(312)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)