北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  藍、柿渋、泥染めなど
藍、柿渋、泥染めなど
日高報知新聞 - 2017/06/19 18:03
21日まで開かれている斉藤恒子染展
 「斉藤恒子染展~古稀」が21日まで日高町富川西9のナカジマ家具店で開かれている。午前10時~午後6時(21日は午後3時)まで。

 斉藤さんは帯広市在住の染織作家。京都造形大学美術科(染色専攻)中退。藍染めしぼりを小川裕恵さん(京都)、板染めしぼりを西井康元さん(大和郡山)、泥染めを野崎松夫さん(奄美大島)に師事。帯広の自宅で制作や教室などを開き、平成12年から東京の芸術海外交流会を通じ、アメリカ、フランス、ドイツ、イタリアなど海外で藍染の個展とワークショップを開催してきた。

 今回の染展には、徳島の“すくも”を使った「藍染め」のほか、広島の4年寝かせた「柿渋染め」、奄美大島の「泥染め」など小物を含め約120点を展示。自信作の幅2・2㍍四方の藍染めのタペストリー「無限大~時空への道」など11点の作品はまるで美術館のよう。 

 また、渋い上品な色合いの洋服、ストール、ポーチ、バック、ハンカチ、コースターなども一見の価値あり。中でも藍染めの長めの“丸ひも”はベルト、首飾り、バンダナなどとしておしゃれを楽しむ若い女性たちに人気があるという。

 入場無料で一部の作品を除き購入も可能。この道30年、古稀を迎えた斉藤さんは「(手軽で安価な化学染料に押され)手間ひまかかる藍を栽培する農家が年々減少し、本物の良さを伝え続けるのが難しくなっている。色合いの深みや透明感を手に取ってみていただければ」と来場を呼び掛けている。

 問い合わせはナカジマ家具店(☎01456・2・0054)へ。
[日高報知新聞]-最近の話題
指導員13人の作品(2017/06/24)
6年連続の黒字を計上(2017/06/24)
2人に功労者表彰伝達(2017/06/23)
ドローンの飛行操作(2017/06/23)
「アポイねぶた」中止(2017/06/23)
坂下氏が4選出馬表明(2017/06/23)
7年連続で全国大会へ(2017/06/21)
減収・減益も黒字決算(2017/06/21)
未利用の花壇を整備(2017/06/20)
砂川市の認知症支援(2017/06/20)
根室大会の開催要綱などを決めた道東都市町内会長大会企画会議
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)