北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  キッズ起業家あきない…
キッズ起業家あきない塾が開塾【名寄】
名寄新聞 - 2017/06/19 14:55
オリジナルの名刺作成も楽しんだ小学生たち
 名寄商工会議所青年部(川瀬邦裕会長)主催の「キッズ起業家あきない塾」が18日に開塾。初日は名刺を使った挨拶講座や商店街探索ツアーが行われ、塾生(小学生)たちは地元の職業や商売について理解を深めた。

 「キッズ起業家あきない塾」は、創立10周年記念事業の一環として、「活きる!まちづくり委員会」(沖澤啓資委員長)の主管で開催。名寄の未来を担う子どもたちに、地元の商工業や魅力を発見してもらい、将来もこの地域で働きたい、住み続けたい、社会に貢献したい―と思ってもらえるきっかけになれば―と願いを込める。

 開塾式には、市内の小学4年生から6年生まで19人が出席。1回目は「商売の基本」をテーマに掲げ、挨拶(分離礼)の仕方を学んだ他、名刺作りに挑戦。同青年部員からアドバイスを受けながら、氏名や学校名の他、自分の特技なども盛り込んだ、オリジナルの名刺を作成。実際に参加者同士で名刺交換も実施。お金に関する講話も聴いた。その後、参加者は駅前商店街を訪れ、ペットショップや飲食店などの仕事の様子を見学するなど、商売について学びを深めた。
[名寄新聞]-最近の話題
サロンドトンヌ展入選・墨絵詩書家の小林さん【美深・名寄】(2017/06/24)
宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】(2017/06/24)
SUBARU・約30億円かけ試験場改修【美深】(2017/06/21)
外国人へ町の魅力発信・3カ国語案内紙を札幌で配置【下川】(2017/06/20)
SUBARUと町が森林保全活動促進へ協定【美深】(2017/06/20)
ひげ手入れ用オイル発売・「フブの森」【下川】(2017/06/20)
7月30日にてっし名寄まつり【名寄】(2017/06/20)
晴天の下、にぎやかに・ふうれん白樺まつり【名寄】(2017/06/19)
道内から162人出場・市民ボッチャ交流大会【名寄】(2017/06/19)
北海道で聴く村上春樹・草原朗読会【美深】(2017/06/19)
シーニックカフェに寄贈された故編田久義さん製作のアルプホルンと、(左から)武内さん、編田知子さん、荒井さん
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)