北海道ニュースリンクHOME  >  EVENT  >  岩城さんが民謡広め1…
岩城さんが民謡広め17日に50回大会【室蘭】
室蘭民報 - 2017/06/16 11:02
三味線を演奏する岩城勇山さん
 室蘭地方の民謡界をけん引してきた岩城勇山さん(84)=登別市美園町=が会主を務める、民謡道岩城民謡三味線門人会の第50回民謡発表大会が17日、室蘭市幸町の文化センターで開かれる。半世紀の節目を祝い、民謡日本一に輝いた実績を持つゲストを招くなど華やかな舞台を届ける。

 岩城会長が民謡を始めたのは、赤平市の炭鉱に勤めていた20歳の頃、皇居を清掃する奉仕団活動に参加したのがきっかけ。奉仕団の解散式で全国の代表がお国自慢として民謡を披露したが、団員は道外からの移住者が多く、北海道の民謡を知らない人ばかりだった。岩城会長がソーラン節を披露すると喜ばれたが「故郷の歌をきちんと知らなければ」と焦りを感じ、本格的に民謡を学び始めた。

 1963年(昭和38年)に炭鉱が閉山し、登別に移住。室蘭の造船所に勤めながら、三味線を片手に酒場を回って客に演奏する「流し」をしていた。「風土の味が出る三味線とともに民謡を広めたい」と3年後の66年、岩城民謡三味線教室を開設した。

 翌年第1回発表大会を開き、50年間一度も欠くことなく続けてきた。「ここまでやってこれたのは、歌って声を出すことで健康を維持してきたからです」と笑顔を見せる。今大会でも、元気な姿と衰えない歌声を届ける。

 岩城さんは「民謡はその土地その土地に口伝で受け継がれてきたものです。これまで支えてくれた人への感謝の気持ちを込め、若い人にも伝えていきたい」と幅広い年代の来場を呼び掛けている。

 発表会の第1部は門下生らによる民謡と舞踊、第2部はカラオケ、第3部は大会役員らによる「民謡お国自慢」を披露する。第4部は日本民謡協会民謡フェスティバルで奨励賞に輝いた泉章蔵さんや同協会の全国大会で内閣総理大臣賞を獲得した三浦基歌津(もとかづ)さんなどのゲストが、歌声や尺八を会場いっぱいに響かせる。

 午前10時開演。入場は無料。問い合わせは同会電話0143・22局3156番へ。
[室蘭民報]-最近の話題
虻田神社例大祭でにぎやか露店【洞爺湖】(2017/08/17)
札幌ドームで登別閻魔やきそば食べて日ハム応援【札幌、登別】(2017/08/17)
19日に「森蘭航路」クルーズ第2弾の日帰り体験ツアー【室蘭】(2017/08/17)
工場夜景の魅力紹介、観光ボランティアガイドが勉強会【室蘭】(2017/08/17)
室蘭八幡宮祭典みこし海上渡御でフェリー安定運航祈念【室蘭】(2017/08/17)
住まいのウチイケがエコ住宅性能強化へ【室蘭】(2017/08/17)
荘厳な光…冥福祈る、立雲寺が灯ろう流し【室蘭】(2017/08/17)
室蘭市のFCV無料貸し出し、募集5日間で3社予約【室蘭】(2017/08/17)
室蘭の撮りフェスが地下街ポールタウンで放映【札幌】(2017/08/17)
夏休み工作を笑顔で発表、室蘭市内2小学校で始業式【室蘭】(2017/08/17)
システムのエコ性能強化に向け意欲を高める内池代表取締役(右)と、事業担当の成田智昭次長
↑最近の写真
特集・道の駅
「東根室駅」JRご当地入場券に登場【根室】

27日「歯舞こんぶ祭り」 味覚、アトラクション多彩に【根室】

義経と静御前の雅な衣装

歌謡ショーや花火大会

被災・断水の記憶忘れない 「節水の日」制定【新得】

パン割引チラシ製作 500円以上でサービス【十勝】

貝殻シーサー愛嬌満点 田中里美さん制作【幕別】

虻田神社例大祭でにぎやか露店【洞爺湖】

札幌ドームで登別閻魔やきそば食べて日ハム応援【札幌、登別】

工場夜景の魅力紹介、観光ボランティアガイドが勉強会【室蘭】

19日に「森蘭航路」クルーズ第2弾の日帰り体験ツアー【室蘭】

幻想的な空間演出「わざの里山あかり展」始まる【伊達】

お宝見つけるぞ、伊達時代村でイベント楽しむ【登別】

26、27日のRFLに名寄市立大生が初参加【室蘭】

キッズ絵画展で子ども目線の「夏」並ぶ、【室蘭】

支笏湖のヒメマス、早朝狙い時

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のマアナゴ好釣果

十勝からの情報(8月6日ごろ)

「登別牛乳カステラ」のハーフサイズが新たに登場【登別】

開発中のジンギスカン鍋クッキーが月内にも完成【室蘭】

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

根室新聞(102)

室蘭民報(870)

名寄新聞(90)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(14)

日高報知新聞(168)

函館新聞(191)

苫小牧民報(159)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(316)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)