北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  〝讃桜の里〟をめざし…
〝讃桜の里〟をめざして
日高報知新聞 - 2017/04/21 17:19
土井忍経済部長にさくら基金を寄付する大沢会長(右)
 しずないさくらの会(大沢保文会長、個人会員173人、法人会員64社)の第19回通常総会が18日、新ひだか町公民館で開かれ、平成29年度事業計画などを承認した。また、同会から町の「さくら基金」に106万円を寄付した。

 同会は町内外のサクラを愛する有志が集い、サクラでいっぱいのまちづくりを基本に活動を展開。二十間道路桜並木や町内各所のサクラの名所を保全・育成支援する活動や、静内市街地に町民の憩いの場となる町が計画している「桜と梅の公園」造成の早期実現に向けた運動に取り組んでいる。

 昨年6月には、二十間道路エントランス広場に建立された「クロビイタヤ発見顕彰記念碑」の一部費用負担と建立後の管理活動もしている。

 さくら基金への寄付は平成11年の同会発足時から継続し、新公園造成資金の一助として寄付している。今回を含めた寄付総額は1966万3350円となっている。

 大沢会長は「数年来、懸案となっている桜と梅の公園造成計画について、早期実現に向けた熱意あふれる意見を期待します」とあいさつ。

 29年度は「讃桜の里づくりをめざして」をキャッチフレーズに①さくら基金の贈呈②サクラに関する啓蒙宣伝③しずない桜まつり会場での募金活動④桜と梅の公園計画への支援―などに取り組む。

 総会後、会員で会アドバイザーを努める「桜守」の浅利政俊さん=渡島管内七飯町在住=を囲んで桜談議を開き、二十間道路桜並木に関する情報交換や桜と梅の公園の必要性を確認した。

 浅利さんは「(病気になったサクラは)樹木医診断をしただけですぐに治るものではない。何をどのように診断して、どのように治るか確証として残すべき」とアドバイスした。

 また、会発足時から会長を務め、高齢と健康不安のために任期途中の3月で退任した土屋喜一前会長は「240人もの会員がまちづくりのために行動を起こしてきた。この気持ちは私の人生においても忘れることができない日々だった」と感謝していた。
[日高報知新聞]-最近の話題
つぼみが膨らむ(2017/04/28)
波に揺られまろやかに(2017/04/27)
日高線早期全線復旧支援を(2017/04/27)
〝無事に帰ってきてね〟(2017/04/26)
新築住宅に「応援金30万」(2017/04/26)
組織強化と教育福祉など(2017/04/25)
桜並木の植栽木剪定(2017/04/25)
春の花や緑化木購入(2017/04/24)
科学絵本の原画展(2017/04/24)
様似愛好会が発足(2017/04/22)
物産フェア会場で、ウニ焼きとツブ煮を味わう来場者
↑最近の写真
特集・道の駅
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】

「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】

幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(793)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(205)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)