北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  牧草地の隆起続く 年…
牧草地の隆起続く 年1メートル上昇【陸別】
十勝毎日新聞 - 2017/04/21 13:45
1年が過ぎて1メートル高くなった上陸別の牧草地と畠野さん
 陸別町上陸別の牧草地で昨年4月に見つかった最大3メートル弱に及ぶ地面の隆起現象。1年が過ぎて高さが1メートル増し、4メートル弱になっていることが分かった。裏山の地滑りに起因しており、今後も変動する可能性がある。

 隆起はビクトリー牧場の畠野健一さん所有の牧草地の端で、陸別川に沿った部分。現在は長さ約80メートル、幅約40メートルにわたって盛り上がり、最大で4メートル弱の高さがある。

 北海道地滑り学会会長で北見工大の伊藤陽司准教授は、昨年の調査で、陸別川を挟んだ対岸の山中に複数の亀裂とともに斜面の地滑りを確認。「(地滑りで)もぐり込んだ土砂が地中の岩盤にぶつかり、川の下を通って牧草地で隆起した」としている=図参照。
 隆起は昨年4月8日、最大2メートル弱で発見。同20日ごろに3メートル弱、11月には4メートル弱になったという。以後、冬を越して高さに変化はないが、融雪期は土壌に水分が多くなり、地滑りも起こりやすい。伊藤准教授は「昔から繰り返し変動してきた地点。雪解けで土壌が緩み、隆起への変化もありうる」と話す。

 隆起部分の広さは牧草地1.2ヘクタールのうち、30アール程度。畠野さんは「邪魔というほどでもないが、(隆起部分を)取ってしまうと圧力のバランスで別のことが起こると聞いた」と静観している。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
「帯広から再出発を」 日本ハム 杉浦投手【帯広】(2017/07/26)
「宇宙きっぷ」限定配布 道の駅【大樹】(2017/07/26)
販売車の運行開始 ダイイチ 初の移動スーパー【帯広】(2017/07/26)
糖度良好 帯広メロン出荷【帯広】(2017/07/25)
夏バテにうなぎ 丑の日【帯広】(2017/07/25)
思うまま描いたよ 9月10日から「LIFE展3」【帯広】(2017/07/25)
ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】(2017/07/24)
さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】(2017/07/24)
高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】(2017/07/24)
ママチャリ140台激走 7時間耐久レース【更別】(2017/07/23)
庁舎内に響き渡ったバイオリンとアコーディオンの音色
↑最近の写真
特集・道の駅
北方墓参第1班出発 国後島2墓地へ【根室】

歌謡ショーは松原のぶえさんら

「ヒメチャマダラセセリ」

小中高いじめ防止サミット開催【名寄】

「帯広から再出発を」 日本ハム 杉浦投手【帯広】

「宇宙きっぷ」限定配布 道の駅【大樹】

販売車の運行開始 ダイイチ 初の移動スーパー【帯広】

日鋼記念病院に放射線装置を新導入【室蘭】

東大野球部の室蘭合宿応援を…「市民の会」が発足【室蘭】

症状なくても検診を、市立室蘭総合病院でがん医療講座【室蘭】

役場内で観光大使・牧さんがサプライズ演奏【白老】

マリンパークのイルカ水掛け企画始まる【登別】

日本丸と大成丸が29日にダブル寄港【室蘭】

室工大生が3市調査発表、活動センターでポスター展【室蘭】

踊って食べて笑顔…立正佼成会室蘭教会で夏まつり【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

根室新聞(106)

室蘭民報(841)

名寄新聞(61)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(171)

函館新聞(202)

苫小牧民報(182)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)