北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ご当地ナンバー 懸賞…
ご当地ナンバー 懸賞付きでデザイン募集【更別】
十勝毎日新聞 - 2017/04/21 13:43
ご当地ナンバープレートのデザイン公募をPRするチラシ
 更別村は今年の開村70周年を記念して、原動機付き自転車やトラクターなどの小型特殊自動車に取り付ける「ご当地ナンバープレート」を導入する。5月1日に懸賞付きでデザインの募集を開始し、決定したナンバープレートを12月に発表する予定。

 村独自のデザインを導入することで、村のイメージのPRや村への愛着心を醸成するのが狙い。ご当地ナンバープレートのデザイン公募は、2015年に幕別町でも実施した例がある。

 プレートの大きさは縦10センチ、横20センチ。村名、記号、番号(いずれも濃紺色)や自賠責保険シールの配置を考慮した上で、専用の応募用紙に色を付けてデザインする。

 応募用紙は今月25日に村内で配布するチラシの裏面に添付するほか、同日以降、村ホームページからダウンロードできる。村内外問わず1人で複数のデザインを応募できる。7月31日締め切り(郵送は当日消印有効)。

 デザインには、村のイメージキャラクター「どんちゃん」を取り入れることも可能だが、どんちゃんの色やデザインの変更は禁止。未発表のデザインに限って応募でき、採用作品の著作権は村に帰属する。

 村役場での住民投票を経て、西山猛村長らによる選考会で最優秀賞1点、優秀賞2点、特別賞5点、入賞10点を選ぶ。各賞に村内の商店などで使える「どんぐり商品券」を贈る。最優秀賞は3万円分。

 ご当地ナンバープレートの対象車両のうち45%を、農耕作業用の小型特殊自動車が占める。

 デザインの公募を担当する村住民生活課資産税係は「国際トラクターBAMBAをはじめ、大型農業機械のイメージが強い村を盛り上げるきっかけになれば」としている。

 問い合わせは同係(0155・52・2112)へ。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
「帯広から再出発を」 日本ハム 杉浦投手【帯広】(2017/07/26)
「宇宙きっぷ」限定配布 道の駅【大樹】(2017/07/26)
販売車の運行開始 ダイイチ 初の移動スーパー【帯広】(2017/07/26)
糖度良好 帯広メロン出荷【帯広】(2017/07/25)
夏バテにうなぎ 丑の日【帯広】(2017/07/25)
思うまま描いたよ 9月10日から「LIFE展3」【帯広】(2017/07/25)
ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】(2017/07/24)
さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】(2017/07/24)
高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】(2017/07/24)
ママチャリ140台激走 7時間耐久レース【更別】(2017/07/23)
ISTの打ち上げに合わせて配布する記念きっぷ
↑最近の写真
特集・道の駅
北方墓参第1班出発 国後島2墓地へ【根室】

歌謡ショーは松原のぶえさんら

「ヒメチャマダラセセリ」

小中高いじめ防止サミット開催【名寄】

「帯広から再出発を」 日本ハム 杉浦投手【帯広】

「宇宙きっぷ」限定配布 道の駅【大樹】

販売車の運行開始 ダイイチ 初の移動スーパー【帯広】

日鋼記念病院に放射線装置を新導入【室蘭】

東大野球部の室蘭合宿応援を…「市民の会」が発足【室蘭】

症状なくても検診を、市立室蘭総合病院でがん医療講座【室蘭】

役場内で観光大使・牧さんがサプライズ演奏【白老】

マリンパークのイルカ水掛け企画始まる【登別】

日本丸と大成丸が29日にダブル寄港【室蘭】

室工大生が3市調査発表、活動センターでポスター展【室蘭】

踊って食べて笑顔…立正佼成会室蘭教会で夏まつり【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

根室新聞(106)

室蘭民報(841)

名寄新聞(61)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(171)

函館新聞(202)

苫小牧民報(182)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)