北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  こいのぼりクッキー人…
こいのぼりクッキー人気 目がハートのレア商品も【苫小牧】
苫小牧民報 - 2017/04/20 17:27
丁寧な手つきでクッキーを作る通所者
 NPO法人苫小牧市手をつなぐ育成会が運営する障害者就労支援施設、ワークセンターるーぷとよかわ(豊川町3)では、春の季節限定商品「こいのぼりクッキー」の製造がピークを迎えている。こいのぼり型に抜いたクッキーが詰まった袋に、折り紙のかぶとをかぶせた。6枚入り150円(税込み)。プレーン味とココア味が3枚ずつ入っていて、かわいらしい見た目と手頃な価格で人気を集めている。

 ワークセンターるーぷとよかわでは就労支援を受ける障害者ら15人が、洋菓子製造に取り組んでいる。看板商品のクッキーは季節のイベントを意識した期間限定商品も打ち出しており、中でもこいのぼりクッキーは一番の人気商品という。これまでは9枚入りで展開してきたが、今年は一度で食べきれるよう6枚入りにリニューアル。市内各所で3月中旬から販売を始め、売れ行きは上々。特に今月中旬以降はこどもの日のイベントに合わせた注文も入っており、製造のピークは28日ごろまで続く見通し。

 道の駅ウトナイ湖、市役所売店、コープさっぽろパセオ川沿店内の福祉ショッププチハウス、フードD Vian(ビアン)店などで販売。取り扱い期間は5月7日までだが、在庫がなくなり次第終了となる。サブマネジャーの佐藤和子さんは「商品の中には目が通常の丸形ではなくハート型のレアクッキーもある。一品一品手をかけ心を込めて作っているので、ぜひ地域のイベントでも活用してもらえたら」と話す。

 問い合わせはワークセンターるーぷとよかわ 電話0144(71)3340。

[苫小牧民報]-最近の話題
「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開(2017/04/29)
王子の新戦力が抱負 DF・今、FW・相木、コーチに菅原氏(2017/04/28)
アルパカに触れて えこりん村グランドオープン【恵庭】(2017/04/28)
幻想的な世界を演出 登別マリンパークに「金魚万華鏡」(2017/04/28)
千歳川は稚魚パターンが有効(2017/04/27)
母(ヤギ)の愛で子(ヒツジ)すくすく育つ-長沼・ハイジ牧場(2017/04/27)
北海道空港、分社化決める 道内7空港運営権取得目指す(2017/04/27)
胃がん転移診断に新技術 千歳科技大の李教授の研究実用化へ(2017/04/27)
新千歳国内線に中央保安検査場を開設 処理能力向上、混雑緩和へ(2017/04/26)
島松沢交差点名を「旧島松駅逓所入口」に変更【恵庭】(2017/04/26)
物産フェア会場で、ウニ焼きとツブ煮を味わう来場者
↑最近の写真
特集・道の駅
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】

「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】

幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(793)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(205)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)