北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  「シカ肉カレー」など…
「シカ肉カレー」など2品
日高報知新聞 - 2017/04/20 17:23
考案者の葛原さん(右)と鹿肉のハヤシライス。左は鹿肉カレー
 様似町内平宇のアポイ山荘のレストラン「えぞ鹿」は、17日から新メニューのエゾシカ肉を使ったカレーなどを提供している。

 エゾシカ肉を使った料理の提供は山荘オープン以来初めて。メニューは「鹿肉カレー」と「鹿肉のハヤシライス」(ともに町内産イチゴのジャムをかけた自家製ヨーグルトとサラダ付きで1200円)。カレーには季節野菜が添えられている。

 シカ肉を使ったカレーは同荘調理課主幹の葛原正志さん(48)が約半年ほどかけて完成させた。シカ肉は葛原さんの知人の仲介業者から買い取っている。

 バラとスネ肉の「鹿肉カレー」はルーを使わず、5種類の香辛料・ガラムマサラとタマネギ、ニンジンのとろみを使い、香りとピリ辛が特徴。

 バラとモモ肉の「鹿肉のハヤシライス」は、デミグラスソースなどで甘みを出した。

 どちらも野菜スープでシカ肉を煮込んでいるため、シカ肉独特の臭みや硬さがない。

 また、新メニューとして「アポイちゃんぽん麺」(千円)も提供されている。

 同山荘の三国昭博支配人は「ターゲットは町外の人たちだが、地元の人も昔の概念(臭みなど)を振り払える味となっている。ぜひ食べてもらいたい」と話していた。
[日高報知新聞]-最近の話題
指導員13人の作品(2017/06/24)
6年連続の黒字を計上(2017/06/24)
2人に功労者表彰伝達(2017/06/23)
ドローンの飛行操作(2017/06/23)
「アポイねぶた」中止(2017/06/23)
坂下氏が4選出馬表明(2017/06/23)
7年連続で全国大会へ(2017/06/21)
減収・減益も黒字決算(2017/06/21)
未利用の花壇を整備(2017/06/20)
砂川市の認知症支援(2017/06/20)
22日根室市場に初出荷された湾中地区の煮エビ製品
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)