北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  「シカ肉カレー」など…
「シカ肉カレー」など2品
日高報知新聞 - 2017/04/20 17:23
考案者の葛原さん(右)と鹿肉のハヤシライス。左は鹿肉カレー
 様似町内平宇のアポイ山荘のレストラン「えぞ鹿」は、17日から新メニューのエゾシカ肉を使ったカレーなどを提供している。

 エゾシカ肉を使った料理の提供は山荘オープン以来初めて。メニューは「鹿肉カレー」と「鹿肉のハヤシライス」(ともに町内産イチゴのジャムをかけた自家製ヨーグルトとサラダ付きで1200円)。カレーには季節野菜が添えられている。

 シカ肉を使ったカレーは同荘調理課主幹の葛原正志さん(48)が約半年ほどかけて完成させた。シカ肉は葛原さんの知人の仲介業者から買い取っている。

 バラとスネ肉の「鹿肉カレー」はルーを使わず、5種類の香辛料・ガラムマサラとタマネギ、ニンジンのとろみを使い、香りとピリ辛が特徴。

 バラとモモ肉の「鹿肉のハヤシライス」は、デミグラスソースなどで甘みを出した。

 どちらも野菜スープでシカ肉を煮込んでいるため、シカ肉独特の臭みや硬さがない。

 また、新メニューとして「アポイちゃんぽん麺」(千円)も提供されている。

 同山荘の三国昭博支配人は「ターゲットは町外の人たちだが、地元の人も昔の概念(臭みなど)を振り払える味となっている。ぜひ食べてもらいたい」と話していた。
[日高報知新聞]-最近の話題
つぼみが膨らむ(2017/04/28)
波に揺られまろやかに(2017/04/27)
日高線早期全線復旧支援を(2017/04/27)
〝無事に帰ってきてね〟(2017/04/26)
新築住宅に「応援金30万」(2017/04/26)
組織強化と教育福祉など(2017/04/25)
桜並木の植栽木剪定(2017/04/25)
春の花や緑化木購入(2017/04/24)
科学絵本の原画展(2017/04/24)
様似愛好会が発足(2017/04/22)
五色のテープが舞う中、船出した阿寒湖の遊覧船
↑最近の写真
特集・道の駅
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】

「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】

幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(793)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(205)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)