北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  遺愛学院本館改修へ老…
遺愛学院本館改修へ老朽化進む、19年度着工【函館】
函館新聞 - 2017/04/18 10:55
2019年度の改修工事着工を予定している遺愛学院
遺愛学院(函館市杉並町23、福島基輝理事長)は、2004年に国の重要文化財に指定された同学院本館の改修を予定している。老朽化が進んでいるためで、19年度の着工、24年度の完成を見込む。

 本館は木造2階建て(約2160平方メートル)で、1908(明治41)年に米国人建築家ジェームズ・ガーディナーが設計し、18カ月の歳月をかけて完成した。薄いピンク色の板壁に白い窓枠で、米国から寄贈された長さ8メートルの廊下の床張りなどが特徴的な左右対称の洋風建築物。外観に手を加えずに建築当時のまま維持してきたが、建築から109年が経過し、正面玄関の柱の腐敗や天井のゆがみなど老朽化が著しい。

 同学院は、道教委や市教委などの協力を得て、来年1月ごろ文化庁へ補助金交付を申請する。改修工事は建物を解体し、組み直す作業を行う予定で、完成までに5年ほどかかる見通し。改修後はさらに100年は持つと言われている。

 本館は、管理棟やカウンセリングルーム、職員室などで使用しているが、「生徒への支障はそれほどない」(同学院)としている。

 また、工事着工の19年は、遺愛学院の創立145年、完成予定の24年は150周年を迎え、式典などが行われる。福島理事長は「式典は同窓生が楽しみにしている。できれば式典の時期ではなく、少しでも早いうちに進め、本館の今の姿を次世代に残したい」と話している。

[函館新聞]-最近の話題
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】(2017/05/01)
「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】(2017/05/01)
ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始(2017/04/30)
松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う(2017/04/30)
函館・松前、江差が日本遺産に認定【函館、松前、江差】(2017/04/29)
北洋銀行が空港に外貨自動両替機 海外客利便性向上図る【函館】(2017/04/29)
取扱量減も金額増 単価上昇が原因 水産・青果市場【函館】(2017/04/28)
仏の老舗ワイナリー 函館に開設伝える【函館】(2017/04/28)
ダイヤモンド・プリンセス寄港【函館】(2017/04/27)
縄文遺跡群の世界遺産登録へ総決起大会【東京】(2017/04/27)
五色のテープが舞う中、船出した阿寒湖の遊覧船
↑最近の写真
特集・道の駅
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】

「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】

幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(793)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(205)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)