北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  JR北海道硬式野球、…
JR北海道硬式野球、クラブ移行後初試合 まずは楽しくスタート
苫小牧民報 - 2017/04/17 16:25
初の対外試合で躍動する選手たち
 JR北海道硬式野球クラブは15日、クラブチームに移行してから初の対外試合を、練習拠点のJR恵庭球場(恵庭市戸磯)で行った。選手らは練習環境が激変し、満足に全体練習もこなせない中で初戦を迎えたが、東海大学北海道との2試合は1勝1分け。狐塚賢浩監督は「(選手に)久しぶりの試合で『楽しくやれ』と声を掛けた。野球は本来、楽しくやるもの」と力を込めた。

 JR北海道の硬式野球部は最古参の企業チームだったが、昨年11月に厳しい経営環境などを理由に休部。同12月にクラブチームとして再スタートしたが、選手にとって練習環境は厳しくなった。それまで選手は午後の勤務が免除され、練習に専念することができたが、クラブチーム移行後は仕事もフルタイムで、練習は各自が夜間や休日などにこなした。

 例年であれば3月に道外の大会に遠征するなど、シーズンインに向けて万全の体制を組んでいたが、今年はチームとしての全体練習も、8、9両日に同球場でこなしただけ。

 練習環境が大幅に変わり、島大盛マネジャーは「フォーメーションの確認などできていない中での初戦だった」と振り返る。

 この日は午前、午後に2試合を組み、初戦は7―7の引き分け、2戦目は3―1で勝利を収めた。

 クラブ移行後初の対外試合とあって、市内外からファンも駆け付け、横浜市からこの試合を見るために来恵した川端博道さん(42)は「ユニホームも変わっていなかったのでほっとした」と笑顔を見せた。

 狐塚監督は「まだ仕上がっていない段階」と前置きしつつ、「(選手らは)試合の流れをつかむのが早かった。けが人も出さずに無事に試合をできてよかった」とほっとした表情。

 クラブ移行に伴ってエース、戸田公星投手がJR東海に移籍した一方、この日は新人選手も躍動し、「野澤(勇吾投手)はタイミングが取りづらく持ち味も出ていた。和田(洸輝投手)は場数を踏んでいる」と目を細めた。

 今後は5月のJABA北海道大会兼東北大会から公式戦に入り、都市対抗野球北海道地区予選大会に備える。

[苫小牧民報]-最近の話題
「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開(2017/04/29)
王子の新戦力が抱負 DF・今、FW・相木、コーチに菅原氏(2017/04/28)
アルパカに触れて えこりん村グランドオープン【恵庭】(2017/04/28)
幻想的な世界を演出 登別マリンパークに「金魚万華鏡」(2017/04/28)
千歳川は稚魚パターンが有効(2017/04/27)
母(ヤギ)の愛で子(ヒツジ)すくすく育つ-長沼・ハイジ牧場(2017/04/27)
北海道空港、分社化決める 道内7空港運営権取得目指す(2017/04/27)
胃がん転移診断に新技術 千歳科技大の李教授の研究実用化へ(2017/04/27)
新千歳国内線に中央保安検査場を開設 処理能力向上、混雑緩和へ(2017/04/26)
島松沢交差点名を「旧島松駅逓所入口」に変更【恵庭】(2017/04/26)
五稜郭公園で満開となったソメイヨシノ(午後4時20分ごろ)
↑最近の写真
特集・道の駅
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】

「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】

幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(793)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(205)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)