北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  JR北海道硬式野球、…
JR北海道硬式野球、クラブ移行後初試合 まずは楽しくスタート
苫小牧民報 - 2017/04/17 16:25
初の対外試合で躍動する選手たち
 JR北海道硬式野球クラブは15日、クラブチームに移行してから初の対外試合を、練習拠点のJR恵庭球場(恵庭市戸磯)で行った。選手らは練習環境が激変し、満足に全体練習もこなせない中で初戦を迎えたが、東海大学北海道との2試合は1勝1分け。狐塚賢浩監督は「(選手に)久しぶりの試合で『楽しくやれ』と声を掛けた。野球は本来、楽しくやるもの」と力を込めた。

 JR北海道の硬式野球部は最古参の企業チームだったが、昨年11月に厳しい経営環境などを理由に休部。同12月にクラブチームとして再スタートしたが、選手にとって練習環境は厳しくなった。それまで選手は午後の勤務が免除され、練習に専念することができたが、クラブチーム移行後は仕事もフルタイムで、練習は各自が夜間や休日などにこなした。

 例年であれば3月に道外の大会に遠征するなど、シーズンインに向けて万全の体制を組んでいたが、今年はチームとしての全体練習も、8、9両日に同球場でこなしただけ。

 練習環境が大幅に変わり、島大盛マネジャーは「フォーメーションの確認などできていない中での初戦だった」と振り返る。

 この日は午前、午後に2試合を組み、初戦は7―7の引き分け、2戦目は3―1で勝利を収めた。

 クラブ移行後初の対外試合とあって、市内外からファンも駆け付け、横浜市からこの試合を見るために来恵した川端博道さん(42)は「ユニホームも変わっていなかったのでほっとした」と笑顔を見せた。

 狐塚監督は「まだ仕上がっていない段階」と前置きしつつ、「(選手らは)試合の流れをつかむのが早かった。けが人も出さずに無事に試合をできてよかった」とほっとした表情。

 クラブ移行に伴ってエース、戸田公星投手がJR東海に移籍した一方、この日は新人選手も躍動し、「野澤(勇吾投手)はタイミングが取りづらく持ち味も出ていた。和田(洸輝投手)は場数を踏んでいる」と目を細めた。

 今後は5月のJABA北海道大会兼東北大会から公式戦に入り、都市対抗野球北海道地区予選大会に備える。

[苫小牧民報]-最近の話題
2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校(2017/06/24)
ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信(2017/06/24)
花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集(2017/06/24)
北極海航路の資材運搬船 苫小牧港に26日初寄港(2017/06/23)
ティラノサウルス企画展9月に予定 むかわ竜を商標登録へ(2017/06/23)
チョコとサンドイッチ、2店舗オープン 新千歳国内線ターミナル(2017/06/23)
丸駒温泉にエーデルワイス 7月中旬までが見頃(2017/06/22)
「銭湯大好きな自然児」漫画家・ヤマザキマリさんに聞く(2017/06/22)
江差追分踊りなど披露 白老のアイヌ民族博物館で特別公演(2017/06/20)
カルビー道工場フルグラ棟竣工 「第3の朝食」需要拡大に対応(2017/06/20)
観光スポットとして人気が高まっている苫小牧市内の工場夜景(苫小牧観光協会提供)
↑最近の写真
特集・道の駅
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集

指導員13人の作品

6年連続の黒字を計上

十勝の味あります 空港マルシェ【帯広】

6月30日に廃止 パーク&トレイン南側駐車場【帯広】

巨大ホルン復活 忠類・シーニックカフェ【幕別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(812)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(204)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)