北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  函館大火と共愛会の歩…
函館大火と共愛会の歩みまとめる 函短大の松田教授【函館】
函館新聞 - 2017/04/17 10:41
近江理事長(左)に論文を贈呈した松田教授
 函館短大保育学科長の松田賢一教授らが、1934(昭和9)年の函館大火後、寄付金を基に託児所を設け、復興に尽力した社会福祉法人函館共愛会の歩みを、論文「函館市における社会事業史研究③」としてまとめた。保育に関する規定の作成や保育士の養成所の開設など、函館の保育を先導した取り組みを著した。

 共愛会の創設は、2万4000戸余りが焼失し、死者2166人を出した34年3月の大火がきっかけ。就労する保護者のため、託児所が5カ所増の9カ所になったが、当時の坂本森一函館市長はさらなる社会的施設の必要性を痛感し、大火から半年後、財団法人函館共愛会(当時)を創設、初代理事長に就いた。

 簡易住宅の建設や職業紹介などを行い、9カ所のうち3カ所の経営は共愛会に移管された。43年には5カ所の託児所(新川、谷地頭、高盛、駒止、亀田)に3~8歳児計918人が入所していたという。

 保育事業拡大の基盤も作り上げた。35年には「函館共愛会託児所規定」を設け、入所できる年齢や執務時間、おやつの料金などを記している。また、43年には共愛会が主催して保母養成講習所を開設。保母の養成が本格化したのは戦後で、道内では50年に道立保母専門学校、55年に函館保母養成専門学院が開校している。松田教授は「戦後に先駆けて保母講習会を行っていたのはすごい。保育のみならず、保母の裾野を広げる事業も行っていた」と話す。

 昨年2月、新川町の中央認定こども園にあるモニュメント「この子らに、未来を託して」の後部に書かれた、函館大火についての記述を見たことが執筆のきっかけだといい、松田教授は「現在市内にある保育園は44園だが、その模範となる保育事業の礎を築いたのが共愛会。モニュメントの言葉は『保育とは何か』を問い続けている」と話す。

 14日、論文を受け取った共愛会の近江茂樹理事長は「大火の後にスタートした託児事業は、今も認定こども園として全て残っている。肉付けしてまとめていただきありがたい。職員にも話したい」と謝辞を述べた。

 論文は今夏をめどに、同短大のホームページなどで公表する。
[函館新聞]-最近の話題
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】(2017/05/01)
「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】(2017/05/01)
ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始(2017/04/30)
松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う(2017/04/30)
函館・松前、江差が日本遺産に認定【函館、松前、江差】(2017/04/29)
北洋銀行が空港に外貨自動両替機 海外客利便性向上図る【函館】(2017/04/29)
取扱量減も金額増 単価上昇が原因 水産・青果市場【函館】(2017/04/28)
仏の老舗ワイナリー 函館に開設伝える【函館】(2017/04/28)
ダイヤモンド・プリンセス寄港【函館】(2017/04/27)
縄文遺跡群の世界遺産登録へ総決起大会【東京】(2017/04/27)
会見する小林准教授とむかわ町の竹中町長(右)
↑最近の写真
特集・道の駅
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】

「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】

幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(793)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(205)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)