北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  「釧路に移住して良か…
「釧路に移住して良かった」元京都市下京区長
釧路新聞 - 2017/04/13 09:47
釧路に移住し地域活動に関わる岡本さん
 京都市から釧路市に移住し積極的に地域に溶け込む元公務員理事者がいる。京都市で下京区長だった岡本晋(すすむ)さん(69)だ。北海道での野菜づくりと教育支援活動を目的に2015年に来釧。移住先は他都市と迷ったが「釧路にして正解だった」と話す。人、涼しさ、食べ物のおいしさなど暮らしやすい釧路を終(つい)のすみかにする予定という。

 岡本さんは1947年岡山県玉野市出身。京都大学工学部を卒業し京都市役所に入った。まちづくり行政が長く、JR京都駅や京都タワーなどを抱える京都の玄関口、下京区の区長で勤めを終えた。

 北海道で農業をする憧れは30代ごろに芽生え、退職後は本格的に移住を計画。農薬や肥料に頼らない100%自然任せの野菜づくりを目指し、雪が少なく気候が穏やかな伊達市と釧路市とで迷った。決め手は作業をすぐに始められる土地が借りられ、釧路湿原などの自然が近いこと、それに物件が整っていたことだと語る。

 釧路市は夏の涼しさとスギ花粉ゼロなどストレスフリーの環境が本州居住者らに浸透し、長期滞在実績が道内1位を更新中だ。旅行をきっかけに釧路を気に入り古民家などをセカンドハウスとして購入する人も年々増えている。

 岡本さんは長期滞在経験を経ずいきなり移住した。京都に家はあるが住民票を移し芦野地区に妻と移り住み今年6月で丸2年になる。知人からチカ、ツブ貝、サンマなどをもらう度「鮮度が別物」と感動するが、何より「地元の人が受け入れてくれることが一番ありがたい」と話す。

 野菜づくりのほかにもう一つ取り組むことがある。義務教育を十分に受けられなかった人の学び直しを支援する釧路自主夜間中学「くるかい」(毎週火曜午後5時15分~)のボランティアだ。現役時代は教育と直接関わりがなかったが、関西の識字率など支援学校のニュースは常に気にし「いつかは自分も」という気持ちがあった。くるかいは移住後すぐに広告で知り2015年9月からスタッフとして通う。算数を学びたい市内の男性(45)の学習をマンツーマンで見ている。

 11日のくるかいに2人の姿があった。「そうや」「ようなったな」。当初4桁までしか数えられなかったが億単位の数字を読めるようになった男性を、岡本さんが柔らかい京都弁でねぎらう。「丁寧に教えてくれて生活が変わった」と男性。岡本さんは「教えるのは難しい。継続する能力さえあればお互い成長できる」と今季も新たな発見と交流に期待している。
[釧路新聞]-最近の話題
春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】(2017/04/30)
知床横断道路が開通、観光本番【羅臼】(2017/04/29)
25歳の町内会長誕生【釧路市】(2017/04/28)
大臣表彰の受賞報告、マリモ研究に「今後も尽力」【釧路市】(2017/04/27)
「根室女工節」追い求め来根、名古屋芸大の金子教授(2017/04/25)
釧路、根室の情報(2017/04/24)
道の駅コンキリエにオイスターバー開店【厚岸】(2017/04/23)
釧路を語ろう「わかもの△カイギ」開催(2017/04/21)
美しい輝きを放つ「ヒカリゴケ」の展示始まる 【羅臼】(2017/04/20)
釧路・根室の情報(2017/04/18)
開園に合わせて訪れた大勢の家族連れ。エゾフクロウも園内で出迎えた(おびひろ動物園で)
↑最近の写真
特集・道の駅
函館でサクラ満開、五稜郭公園で花見客にぎわう【函館】

「じぷり」7月に配信 未来大、町会活動アプリで支援【函館】

幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(793)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(205)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)