北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  函館大火から83年 …
函館大火から83年 村瀬さん「悲劇伝えたい」【函館】
函館新聞 - 2017/03/21 10:40
「函館大火の記憶を語り継ぐことが必要」と訴える、村瀬さん
「80年以上経った今でも、あの日の出来事はしっかりと記憶に焼き付いている。若い世代にも大火の悲劇をあらためて知ってもらいたい」と話すのは、12歳の時に1934(昭和9)年の函館大火に被災した、函館市千歳町の村瀬幸雄さん(95)。毎年3月21日には、現在の自宅の目の前にある函館市慰霊堂(大森町33)での函館大火慰霊祭に出席し、祈りを捧げている。

 旅館業を営んでいた両親と兄弟5人で若松町に住んでいた村瀬さん。大火の当日は父親と一緒に松風町の映画館に出かけたが、凄まじい強風が吹き荒れていたため、午後6時ごろに自宅兼旅館に引き返したという。

 それから約1時間後の午後6時53分に住吉町方向から最初の火の手が上がると、風にあおられあっという間に燃え広がった。「馬車や手押し車に荷物を積んでたくさんの人たちが避難してきた。旅館には父親と長兄が残り、母親と私を含む4人の兄弟で海岸町方面に避難した」。この避難経路が幸いした。海岸町方面には石油タンクなどがあり二次災害の危険もあったが、風向きの変化を感じた父親が避難を指示。結果的に反対側の大森浜方面一体が炎に包まれ、大勢の被害者を生むことになった。

 「冷え込みの厳しい中、不安な気持ちのまま屋外で一晩過ごした。翌日旅館に戻ったが、奇跡的に500メートル手前で火の手がそれて、父と兄、従業員らも全員無事だったのはうれしかった」と振り返る。しかし函館の中心部の惨状は衝撃的で、特に亀田川にかかる橋が落ちて逃げ場を失って多くの人たちが溺死した様子は今でも忘れられないという。

 その後、わずか数年で奇跡的な復興を遂げた函館の町。村瀬さんは「あの大火を教訓に、グリーンベルトなどさまざまな防災対策が施されたことを理解してほしい。ここ最近は、大火慰霊祭に訪れる市民も少なくなっている。多くの人たちに関心を持ってもらえるように、大火の悲劇はしっかりと語り継いでいきたい」と訴える。



[函館新聞]-最近の話題
熊本に思いはせ キャンドルアート【函館】(2017/06/25)
「きみの鳥はうたえる」クランクアップ【函館】(2017/06/25)
新鮮毛ガニ、食べてみて 森の直売店【森】(2017/06/24)
函館マラソンコース国際公認 IAAF【函館】(2017/06/24)
富山市の路面電車ルネサンス 函教大・田村教授が報告【函館】(2017/06/23)
北島三郎さん知内名誉町民に【知内】(2017/06/23)
冷やし塩ラーメンで走者応援 函館マラソンで提供【函館】(2017/06/22)
シルバー・ディスカバラー今年初寄港 市民ら歓迎【函館】(2017/06/22)
昨年度の市立3病院、実質赤字額は10億6900万円【函館】(2017/06/21)
健康増進にあずき水 道南農試・加藤場長監修本発売【函館】(2017/06/21)
土曜日に一般開放されている事務所兼工房
↑最近の写真
特集・道の駅
幸福・愛国駅 旅の思い出に… 切符付き台紙発売【帯広】

畜大生が熱演 「寮祭」にぎわう【帯広】

暑い夏待望 商戦本番「組み合わせ」に注目【帯広】

熊本に思いはせ キャンドルアート【函館】

「きみの鳥はうたえる」クランクアップ【函館】

神社みこし33年ぶり新調【白糠】

10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】

市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】

2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校

ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(103)

室蘭民報(806)

名寄新聞(55)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(92)

十勝毎日新聞(334)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)