北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  函館大火から83年 …
函館大火から83年 村瀬さん「悲劇伝えたい」【函館】
函館新聞 - 2017/03/21 10:40
「函館大火の記憶を語り継ぐことが必要」と訴える、村瀬さん
「80年以上経った今でも、あの日の出来事はしっかりと記憶に焼き付いている。若い世代にも大火の悲劇をあらためて知ってもらいたい」と話すのは、12歳の時に1934(昭和9)年の函館大火に被災した、函館市千歳町の村瀬幸雄さん(95)。毎年3月21日には、現在の自宅の目の前にある函館市慰霊堂(大森町33)での函館大火慰霊祭に出席し、祈りを捧げている。

 旅館業を営んでいた両親と兄弟5人で若松町に住んでいた村瀬さん。大火の当日は父親と一緒に松風町の映画館に出かけたが、凄まじい強風が吹き荒れていたため、午後6時ごろに自宅兼旅館に引き返したという。

 それから約1時間後の午後6時53分に住吉町方向から最初の火の手が上がると、風にあおられあっという間に燃え広がった。「馬車や手押し車に荷物を積んでたくさんの人たちが避難してきた。旅館には父親と長兄が残り、母親と私を含む4人の兄弟で海岸町方面に避難した」。この避難経路が幸いした。海岸町方面には石油タンクなどがあり二次災害の危険もあったが、風向きの変化を感じた父親が避難を指示。結果的に反対側の大森浜方面一体が炎に包まれ、大勢の被害者を生むことになった。

 「冷え込みの厳しい中、不安な気持ちのまま屋外で一晩過ごした。翌日旅館に戻ったが、奇跡的に500メートル手前で火の手がそれて、父と兄、従業員らも全員無事だったのはうれしかった」と振り返る。しかし函館の中心部の惨状は衝撃的で、特に亀田川にかかる橋が落ちて逃げ場を失って多くの人たちが溺死した様子は今でも忘れられないという。

 その後、わずか数年で奇跡的な復興を遂げた函館の町。村瀬さんは「あの大火を教訓に、グリーンベルトなどさまざまな防災対策が施されたことを理解してほしい。ここ最近は、大火慰霊祭に訪れる市民も少なくなっている。多くの人たちに関心を持ってもらえるように、大火の悲劇はしっかりと語り継いでいきたい」と訴える。



[函館新聞]-最近の話題
湯けむりネットワーク発足未帰宅者早期発見へ情報共有【函館】(2017/03/29)
縄文遺跡群「頭一つ抜ける」阿部さん世界遺産推薦見通し【函館】(2017/03/29)
新幹線機構解散、「はこりん♪」は事業継続【函館】(2017/03/28)
カルド・カルチョ全国へ ナポリタン日本一コンテスト【札幌】(2017/03/28)
いさ鉄進化 2年目出発進行【函館】(2017/03/27)
道新幹線 予想上回る1年、229万人乗車【北斗】(2017/03/27)
便利でお得!イカすニモカ運用開始【函館】(2017/03/26)
臨港道路が開通【函館】(2017/03/26)
函館公園「こどものくに」オープン【函館】(2017/03/25)
函館出身の北斗龍引退 土俵に別れ【函館】(2017/03/25)
初代林家三平のまねで笑いをとる林家とんでん平さん
↑最近の写真
特集・道の駅
先進地視察報告会開く 未来を拓く漁業対策協【根室】

全国行脚お帰りなさい

大東正史さん5回目のV

自然共生型を基本に 苫小牧版IR構想策定

運動施設に大谷選手の手形【幕別】

刑務所作業品を常設販売 北海道ホテル【帯広】

「食品安全 世界に通用」 ISO取得の帯畜大【帯広】

レストラン・カリーナのお店周り花苗でカラフル【室蘭】

有珠山ロープウェイで停電に備え訓練【壮瞥】

コープさっぽろが伊達市にランドセルカバー260枚寄贈【伊達】

5月コンサスクール開校、U―10~12クラス新設【室蘭】

30日に「終活」テーマに講演会【登別】

港や船の魅力を作品に…苫小牧港開発がフォトコン【苫小牧】

4月1日に室蘭市民会館で歌とピアノ共演【室蘭】

胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(140)

室蘭民報(747)

名寄新聞(98)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(31)

日高報知新聞(159)

函館新聞(207)

苫小牧民報(216)

釧路新聞(68)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)