北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  オオハクチョウ 16…
オオハクチョウ 16日現在、温根沼・風蓮湖に814羽【根室】
根室新聞 - 2017/03/20 18:26
流氷をかいくぐってエサを求めるオオハクチョウの群れ=14日
 市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは16日、春の渡りでやってきたオオハクチョウの飛来数を調査した。16日現在、温根沼と風蓮湖に飛来しているオオハクチョウは814羽で、前年同期に比べて2,000羽近く少なく、調査に当たった善浪めぐみレンジャーは「風蓮湖の結氷継続や、流氷によって開氷面が多くないことが影響しているのでは」と分析している。

 調査によると、風蓮湖全体の飛来数は成鳥412羽、幼鳥27羽の計439羽で、このうち春国岱およびスワン44周辺は成鳥、幼鳥合わせて109羽だった。温根沼周辺では成鳥317羽、幼鳥58羽の計375羽を数え、全体で814羽となった。

 温根沼の南側や風蓮湖の一部はまだ氷で覆われており、今月12日には根室海峡周辺に流氷が入ってきたこともあって、オオハクチョウがアマモを捕食するための開氷面が、例年より少なくなっていることが一因とみている。

 なお、過去の同時期の調査では、平成27年3月15日に2,523羽、同28年3月18日に2,808羽を記録している。春の渡りの調査は2週間後に今シーズン最後として行う予定だ。

 今月に入って流氷の動きが活発となり、毎年多くのオオハクチョウが羽を休める温根沼にも多くの流氷が流れ込んだ。14日には温根沼大橋付近の開氷面に70羽ほどの群れが現れ、流氷に行く手を阻まれながらもエサを求めて「コォー、コォー」と鳴き声を上げながら移動を繰り返していた。
[根室新聞]-最近の話題
先進地視察報告会開く 未来を拓く漁業対策協【根室】(2017/03/29)
4月のランチに「エゾシカエスカロップ」初登場【根室】(2017/03/29)
志発会が総会開く【根室】(2017/03/28)
珍魚“オキフリソデウオ”揚がる・歯舞沖【根室】(2017/03/25)
歴史墓地参り 梶原平馬・水野貞夫妻の命日にちなみ【根室】(2017/03/25)
振興局・地域FMが災害協定 全道初【根室】(2017/03/25)
寿大学19期生が卒業【根室】(2017/03/24)
3月議会終了 29年度予算が成立【根室】(2017/03/24)
国後島民の会「一刻の猶予もない」 解決求め総会決議【根室】(2017/03/23)
流氷が揺れる、動く 納沙布岬から太平洋へ【根室】(2017/03/21)
エゾリスのステンドグラスを手にする藤本所長。外部では初めて、作業製品を北海道ホテルで常設販売する
↑最近の写真
特集・道の駅
先進地視察報告会開く 未来を拓く漁業対策協【根室】

全国行脚お帰りなさい

大東正史さん5回目のV

自然共生型を基本に 苫小牧版IR構想策定

運動施設に大谷選手の手形【幕別】

刑務所作業品を常設販売 北海道ホテル【帯広】

「食品安全 世界に通用」 ISO取得の帯畜大【帯広】

レストラン・カリーナのお店周り花苗でカラフル【室蘭】

有珠山ロープウェイで停電に備え訓練【壮瞥】

コープさっぽろが伊達市にランドセルカバー260枚寄贈【伊達】

5月コンサスクール開校、U―10~12クラス新設【室蘭】

30日に「終活」テーマに講演会【登別】

港や船の魅力を作品に…苫小牧港開発がフォトコン【苫小牧】

4月1日に室蘭市民会館で歌とピアノ共演【室蘭】

胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(140)

室蘭民報(747)

名寄新聞(98)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(31)

日高報知新聞(159)

函館新聞(207)

苫小牧民報(216)

釧路新聞(68)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)