北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  オオハクチョウ 16…
オオハクチョウ 16日現在、温根沼・風蓮湖に814羽【根室】
根室新聞 - 2017/03/20 18:26
流氷をかいくぐってエサを求めるオオハクチョウの群れ=14日
 市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは16日、春の渡りでやってきたオオハクチョウの飛来数を調査した。16日現在、温根沼と風蓮湖に飛来しているオオハクチョウは814羽で、前年同期に比べて2,000羽近く少なく、調査に当たった善浪めぐみレンジャーは「風蓮湖の結氷継続や、流氷によって開氷面が多くないことが影響しているのでは」と分析している。

 調査によると、風蓮湖全体の飛来数は成鳥412羽、幼鳥27羽の計439羽で、このうち春国岱およびスワン44周辺は成鳥、幼鳥合わせて109羽だった。温根沼周辺では成鳥317羽、幼鳥58羽の計375羽を数え、全体で814羽となった。

 温根沼の南側や風蓮湖の一部はまだ氷で覆われており、今月12日には根室海峡周辺に流氷が入ってきたこともあって、オオハクチョウがアマモを捕食するための開氷面が、例年より少なくなっていることが一因とみている。

 なお、過去の同時期の調査では、平成27年3月15日に2,523羽、同28年3月18日に2,808羽を記録している。春の渡りの調査は2週間後に今シーズン最後として行う予定だ。

 今月に入って流氷の動きが活発となり、毎年多くのオオハクチョウが羽を休める温根沼にも多くの流氷が流れ込んだ。14日には温根沼大橋付近の開氷面に70羽ほどの群れが現れ、流氷に行く手を阻まれながらもエサを求めて「コォー、コォー」と鳴き声を上げながら移動を繰り返していた。
[根室新聞]-最近の話題
公衆浴場廃業で入浴困難に 地区住民へ支援策検討【根室】(2017/04/22)
22日はスワンの日 特製チョコケーキ販売【根室】(2017/04/21)
根室地区、主産地で唯一増産 28年度道産コンブ格付け【根室】(2017/04/21)
「原点の責務、返還運動積極的に」北方同盟根室支部総会【根室】(2017/04/20)
花咲音頭の“謎”解明 作詞は国語学者・飯田廣太郎【根室】(2017/04/19)
4月4日“流氷終日”市と観光協会 今季の観測終了【根室】(2017/04/18)
高齢社会でも学びに生きがいを 寿大学入学式【根室】(2017/04/18)
日ロ共同経済活動 実現に向け首相補佐官ら視察【根室】(2017/04/15)
根室交通トラベル バス旅多彩に企画【根室】(2017/04/15)
多彩な資源、宣伝強化へ 市観光協会総会開く【根室】(2017/04/14)
模型に乗って楽しむ子供と後藤さん(中央)、江口さん(右)
↑最近の写真
特集・道の駅
「士幌」らしさあふれる道の駅 新施設オープン【士幌】

ニペソツに雪の華 登山道は台風被害残る【上士幌】

快音再び サーキット夏季営業始まる【更別】

市民有志のまち歩きガイド「縁ジョイ倶楽部」【函館】

シエスタハコダテ開業 【函館】

道の駅コンキリエにオイスターバー開店【厚岸】

公衆浴場廃業で入浴困難に 地区住民へ支援策検討【根室】

6月3~4日、白老牛肉まつり 前売り券販売開始

千歳水族館で「へんてこナマズ展」珍しいのが勢ぞろい

本物みたい!大型模型登場 ちとせクラフトフェア開幕

室蘭市民親善朝野球大会はふる里―コークス戦で開幕【室蘭】

23日に市民健康マラソンと駅伝の参加者募る【室蘭】

いきものいんく写真展~子どもたち最高の笑顔【室蘭】

裏千家室蘭支部が23日に春の茶会【室蘭】

クイーン・エリザベスが19年5月に室蘭初寄港【室蘭】

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

十勝からの情報(4月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

洞爺観光ホテル「春の和膳プラン」が好評、5月末まで【洞爺湖】

根室新聞(124)

室蘭民報(800)

名寄新聞(70)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(26)

日高報知新聞(166)

函館新聞(201)

苫小牧民報(221)

釧路新聞(72)

十勝毎日新聞(318)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)