北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  オオハクチョウ 16…
オオハクチョウ 16日現在、温根沼・風蓮湖に814羽【根室】
根室新聞 - 2017/03/20 18:26
流氷をかいくぐってエサを求めるオオハクチョウの群れ=14日
 市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは16日、春の渡りでやってきたオオハクチョウの飛来数を調査した。16日現在、温根沼と風蓮湖に飛来しているオオハクチョウは814羽で、前年同期に比べて2,000羽近く少なく、調査に当たった善浪めぐみレンジャーは「風蓮湖の結氷継続や、流氷によって開氷面が多くないことが影響しているのでは」と分析している。

 調査によると、風蓮湖全体の飛来数は成鳥412羽、幼鳥27羽の計439羽で、このうち春国岱およびスワン44周辺は成鳥、幼鳥合わせて109羽だった。温根沼周辺では成鳥317羽、幼鳥58羽の計375羽を数え、全体で814羽となった。

 温根沼の南側や風蓮湖の一部はまだ氷で覆われており、今月12日には根室海峡周辺に流氷が入ってきたこともあって、オオハクチョウがアマモを捕食するための開氷面が、例年より少なくなっていることが一因とみている。

 なお、過去の同時期の調査では、平成27年3月15日に2,523羽、同28年3月18日に2,808羽を記録している。春の渡りの調査は2週間後に今シーズン最後として行う予定だ。

 今月に入って流氷の動きが活発となり、毎年多くのオオハクチョウが羽を休める温根沼にも多くの流氷が流れ込んだ。14日には温根沼大橋付近の開氷面に70羽ほどの群れが現れ、流氷に行く手を阻まれながらもエサを求めて「コォー、コォー」と鳴き声を上げながら移動を繰り返していた。
[根室新聞]-最近の話題
外国語指導助手 太鼓に打ち込む【根室】(2017/05/27)
大潮で出現の「道」渡る ゴメ島探検【根室】(2017/05/27)
酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】(2017/05/26)
28日「歯舞おさかな祭り」海の幸ど~んと、内容多彩【根室】(2017/05/22)
北方少年少女塾始まる【根室】(2017/05/22)
貝殻島コンブ漁 6月10日出漁へ【根室】(2017/05/22)
19日「標本木」満開を発表 チシマザクラ各所で見頃に【根室】(2017/05/20)
自由訪問団が無念の帰港 国後島目的地すべて訪問できず【根室】(2017/05/19)
今季のビザなし交流始まる 国後島へ出発【根室】(2017/05/19)
千島連盟かけはしの会総会開く【根室】(2017/05/18)
苫小牧に配備される予定の大容量送水ポンプ車(左)大型放水砲車(右)=神戸市消防局提供
↑最近の写真
特集・道の駅
王子サーモン、サケ皮成分でサプリメント 抗酸化作用などに着目

フリースクール開設へ 畑作りスタート【苫小牧】

苫東でフォトツアー計画 地元企業PRに一役【苫小牧】

外国語指導助手 太鼓に打ち込む【根室】

大潮で出現の「道」渡る ゴメ島探検【根室】

近年の高波など影響 姿消す苫小牧・弁天の「海浜植物」

石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】

温泉チーズまろやか モールウォッシュ食べごろ【音更】

「ピングー」10周年 子育てママ 手話で交流【十勝】

運動会へGO 快適シート、オードブル人気【帯広】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

根室新聞(115)

室蘭民報(781)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(169)

函館新聞(204)

苫小牧民報(221)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)