北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  介護の技競い研さん …
介護の技競い研さん 介護老人保健施設北星館が優勝-千歳
苫小牧民報 - 2017/03/20 16:46
ステージ上で介護技術を実演
 ちとせの介護医療連携の会(古泉圭透会長)は18日、千歳市内の福祉施設の介護職員が技術などを競い合う「第1回ちとせげんきグランプリ2017」を北ガス文化ホール(市民文化センター)で開催した。道内初の取り組みで、市内6施設から6チーム(1チーム3人)が出場。介護老人保健施設北星館が優勝した。

 千歳市が共催。現場スタッフの指導力や技術力の向上を図るほか、未来の介護従事者への魅力発信などを目的に企画した。介護技術、弁論大会、クイズで技能と知識、仕事への抱負を審査員らが総合的に評価する。

 グループホームひまわりの家、介護老人保健施設クリアコート千歳、グループホームかつらぎ、住宅型有料老人ホームくらしさ千歳、介護老人保健施設北星館、小規模多機能ホームえみなエルムの家が参加した。

 開会式では古泉会長のあいさつに続き、選手を代表して「かつらぎ」の胤森理佳さんが「介護のプロとして持てる力を発揮し、正々堂々と競い合うことを誓います」と宣誓した。

 競技は介護技術からスタート。脳梗塞で左半身がまひし、立てるが、介助がなくては歩行できない、「常に人の役に立ちたい」と考えている千歳花子さん(80)を介護する―と仮定。ベッドから花子さんを起こし、車いすに乗せて、お茶会の会場に向かうまでの技術を競った。

 出場者は、花子さんをベッドから起こす時に「体を倒しますね」、立たせる時に「手すりにつかまってくださいね」と声掛け。車いすの安全を確認し、寒くないかを聞いてカーディガンを自身に選ばせ、まひした腕から着せた。テーブルでは花子さんに茶を入れてもらうなどして、性格に合わせて役割を持たせるなど、各チームそれぞれのケアを披露した。

 弁論大会では「利用者さんの『ありがとう』の一言で疲れが吹き飛び、仕事のやりがいを感じられる」「認知症になっても『うれしい』『悲しい』などの感情は変わらない。僕ら介護職員はそこを大事にしないといけない」など仕事の魅力や思いを語った。介護や医療に関するクイズで知識も競い合った。

 審査員による審議と来場者の投票で優勝を決めたのは北星館。古泉会長から賞状と賞金が手渡された。

 業務終了後に職場で練習を重ねてきた同チーム。リーダーで介護歴18年の栗林聡さん(42)は「優勝はうれしい。初心は利用者さんの目線に立つこと。(大会の経験を)あしたからのケアに結び付けていきたい」と話していた。

優勝に輝いた北星館チーム
[苫小牧民報]-最近の話題
安らかな眠り神に祈る 苫小牧市美術博物館保管の先祖の遺骨(2017/06/26)
北極海航路の資材運搬船が苫小牧港に入港 ハブ港化に強い期待(2017/06/26)
初夏の支笏湖満喫 湖水まつりにぎわう(2017/06/26)
安平の焼酎・馬歯酒 今夏に販売(2017/06/26)
2018年度から准看学科募集停止 苫小牧看護専門学校(2017/06/24)
ほべつ恐竜館、土曜日に一般開放中 「むかわ竜」の情報発信(2017/06/24)
花火と工業地帯の夜景楽しんで 鑑賞バスツアー参加者募集(2017/06/24)
北極海航路の資材運搬船 苫小牧港に26日初寄港(2017/06/23)
ティラノサウルス企画展9月に予定 むかわ竜を商標登録へ(2017/06/23)
チョコとサンドイッチ、2店舗オープン 新千歳国内線ターミナル(2017/06/23)
新しい由来碑の前で談笑する内藤会長(右から2人目)ら
↑最近の写真
特集・道の駅
のさっぷ号に乗ってみよう! 8日に無料乗車体験【根室】

マイワシPR 首都圏で脂乗りや大きさ好評【根室】

「良い体験ができた」

100㌢障害は森田選手

幻想的な風景に感動・松山湿原とニウプ自然探勝【美深】

日罐十勝工場が再開 浸水から10カ月ぶり【芽室】

高倉健特別展へ大作の映画看板 山元さん制作【芽室】

清水宏保さん レース心待ち 十勝スピードウェイ試走【更別】

恋人海岸に笑顔広がる、京王幼稚園園児が磯遊び【伊達】

有珠善光寺境内「織部灯篭」の由来碑が復元【伊達】

8、9日にゆるキャラフェス―103体が集結【苫小牧】

ホテル平安で1日からビアガーデン開催【登別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

「有珠メロン」甘い香り、国道沿いで直売始まる【伊達】

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

根室新聞(102)

室蘭民報(817)

名寄新聞(53)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(213)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(330)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)