北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  アイヌ・ロシア語通訳…
アイヌ・ロシア語通訳 上原熊次郎の半生たどる【函館】
函館新聞 - 2017/03/19 23:52
ゴローニン事件でも重要な活躍をした上原熊次郎を描いた小説作品「北門の功労者」
 江戸の風情や人情を感じさせる小説の朗読に日本舞踊のしぐさを交えた「江戸がたり」家元の寿々方(すずかた)さん=東京都在住=が、江戸時代後期にアイヌ語やロシア語の通訳として活躍した上原熊次郎有次(生没年不詳)について「北門の功労者-アイヌ語通訳・上原熊次郎」としてまとめた。松前町にルーツを持つ寿々方さんの先祖ともかかわり深い人物で、史実を交えながら、誠実で人情味あふれる熊次郎の人生を書き記した。

 熊次郎は松前の生まれとされ、若いころからアイヌ語が得意で、千島や樺太の探検にも同行。1792年に最古のアイヌ語辞書「もしほ草(蝦夷方言藻汐草(もしほぐさ)」、1825年に「蝦夷語集」を執筆。松前奉行所ではロシア語通訳として活躍した。

 寿々方さんの父方は松前にルーツを持つ。先祖の「吉田和右エ門」は「松前藩の奥右筆」と伝えられ、調べると和右エ門の実父が「熊次郎」であることが分かった。

 その人生をたどると、熊次郎が登場する文献は多くはないが、日ロ関係史や函館史に残る重大事件「ゴローニン事件(1811年)」で松前にとらえられたロシア軍艦艦長ゴローニンによる「日本幽囚記」に頻繁に登場する。寿々方さんはこうした熊次郎に関する資料などを集め、昨年3月ごろから執筆を始めた「北門の功労者」では史実をたどった部分に、さまざまな資料から垣間見える熊次郎の実直で人情味あふれる人物像を小説形式で書いた。

 執筆を進める中で、吉田家で「和右エ門」を名乗った熊次郎の二男は、後に上原家に戻り、先祖の和右エ門とは別人であることも分かった。寿々方さんは「血縁はなかったが、歴史を深く勉強し、ひとりの人間のことをあぶり出すことができた。熊次郎は誠実に生きた人で、明るく、ひょうきんな一面もあった。日本とロシアの歴史の中でそんな人がいたことを知ってもらいたい」と話している。

 A5判100ページで700部発行した。1冊1300円(送料込み)。購入希望者は、住所、氏名、電話番号、購入数を記載し、ファクス(03・3269・4158)、電子メール(suzukata@edogatari.jp)、はがき(〒162・0816 東京都新宿区白銀町2の14の208 江戸がたり 寿々方)に申し込む。申込者に振込用紙を送付する。

[函館新聞]-最近の話題
IT企業「ハヤブサ」開所 AI技術水産加工業に【函館】(2017/05/27)
「カール」販売中止に惜しむ声【函館 北斗】(2017/05/27)
パラ夏合宿が正式決定 函館で初【函館】(2017/05/26)
ペリーが持ち帰った函館の紫木蓮、今も米国で咲き誇る【函館】(2017/05/26)
大門に低価格ホテル19年夏開業函館駅周辺で競争過熱【函館】(2017/05/25)
2016年度観光客数 過去最多の560万7000人【函館】(2017/05/25)
濁川「温泉市」15年の活動に幕 6月25日まで開催【森】(2017/05/24)
被災地支援 五稜郭駅前、期間限定カキ小屋オープン【函館】(2017/05/24)
ニシンのぼり「桜の海」泳ぐ【江差】(2017/05/23)
シエスタ開業1カ月 Gスクエア9万人来場【函館】(2017/05/23)
サプリメントの商品化を目指している王子サーモン
↑最近の写真
特集・道の駅
王子サーモン、サケ皮成分でサプリメント 抗酸化作用などに着目

フリースクール開設へ 畑作りスタート【苫小牧】

苫東でフォトツアー計画 地元企業PRに一役【苫小牧】

外国語指導助手 太鼓に打ち込む【根室】

大潮で出現の「道」渡る ゴメ島探検【根室】

近年の高波など影響 姿消す苫小牧・弁天の「海浜植物」

石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】

温泉チーズまろやか モールウォッシュ食べごろ【音更】

「ピングー」10周年 子育てママ 手話で交流【十勝】

運動会へGO 快適シート、オードブル人気【帯広】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

根室新聞(115)

室蘭民報(781)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(169)

函館新聞(204)

苫小牧民報(221)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)