北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  遠藤ミマンの絵画10…
遠藤ミマンの絵画100点 我が家の所蔵作品展始まる
苫小牧民報 - 2017/03/18 16:26
油彩画を中心に水彩画や切り絵など100点を展示。豊かな色彩が目を引く
 苫小牧市美術館友の会(佐藤郁子会長)の「我(わ)が家の所蔵作品展 遠藤ミマン編」が18日、市美術博物館で始まった。苫小牧の美術界をけん引した画家、遠藤ミマン(1913~2004)の油彩画を中心に水彩画や切り絵を含む絵画100点を展示。普段は目にする機会が無い個人や企業の所蔵作品が並ぶ。26日まで。

 遠藤ミマンは札幌師範学校(現道教育大)を卒業後、苫小牧西小に赴任。教壇に立つ傍ら絵筆を握り、苫小牧美術協会の創立メンバーとなったほか全道展、国画会会員としても活躍した。地域文化功労者文部大臣表彰、北海道文化賞など各賞を受賞し、苫小牧の美術文化の礎を築き、今も愛され続けている。

 今展では、作品を所蔵する王子製紙苫小牧工場や岩倉建設、トヨタ自動車北海道、苫小牧民報社などの市内企業と市内外の個人が、はがきサイズ~100号の作品の出品に協力。当初は50点程度と考えていた実行委の予想を上回る作品が集まり、地域に根差した画家の活動が垣間見える展覧会となった。

 初期~後期の作品が網羅されている点は、一つの見どころ。鮮やかなピンク色の色彩がひときわ輝きを放つ岩倉建設所蔵の「天馬の親子」、王子製紙所蔵の「馬」、苫小牧市所蔵の「赤い帽子」の3作品は80~100号の大作で、作風の変遷がよく分かる。最も古い作品は1941年作の「落葉と馬」で、20代後半の作品。

 もう一つの見どころは、深い青や緑を使った少女と原野を描いた「ハスカップの実」や突き抜けるような真っ青な空と独特の材質感の「樽前山と馬と煙突」などに見られる多様な色彩。遠藤さんは、占師に職業を見てもらった時、「カラーリストだ」と言われたエピソードを、同会理事の千葉恒雄さんに語っており、同会事務局次長の居島恵美子さんは「なぜ遠藤さんがカラーリストと呼ばれるようになったかがよく分かる展覧会」と語る。

 作品のエピソードが説明書きにつづられている作品もあり、千葉さんは「郷土の画家として、所蔵者との関係性が見えてくるのも面白い。普段は会社の応接室や社長室などに飾られているような戦前から晩年までの作品がこれほど並ぶことは二度と無いだろう」と話す。佐藤会長は「遠藤ミマンと言うと『青』のイメージが強いが、さまざまな画風があることを知ってもらえる作品展」とアピールしている。18日にはオープニングでテープカットも行われ、初日から多くの人が訪れた。

 入場無料。午前9時半~午後5時(最終日は午後4時まで)。

[苫小牧民報]-最近の話題
自然共生型を基本に 苫小牧版IR構想策定(2017/03/29)
福島千里、米国へ出発 世界陸上出場目標に(2017/03/28)
苫小牧市高丘の森にフクロウ 躍動の季節じっと待つ(2017/03/28)
南恵庭に第3施設団新編 陸上自衛隊北部方面隊(2017/03/27)
道路建設ペリグリン2年ぶり王座奪還 全日本女子IH(2017/03/27)
つるかめさん漫画家デビュー 「雨天の盆栽」マッグガーデンから(2017/03/27)
JR問題で東胆振首長、道の検討結果受ける(2017/03/25)
123年の歴史に幕 むかわ・仁和小で最後の卒業式(2017/03/25)
千歳・もりもと、はかり売りパン20周年(2017/03/25)
苫小牧プリンスホテル改修開始 職訓校、来春開校へ(2017/03/25)
ISOの認定証を持つ奥田学長(左)と井上理事・副学長
↑最近の写真
特集・道の駅
先進地視察報告会開く 未来を拓く漁業対策協【根室】

全国行脚お帰りなさい

大東正史さん5回目のV

自然共生型を基本に 苫小牧版IR構想策定

運動施設に大谷選手の手形【幕別】

刑務所作業品を常設販売 北海道ホテル【帯広】

「食品安全 世界に通用」 ISO取得の帯畜大【帯広】

レストラン・カリーナのお店周り花苗でカラフル【室蘭】

有珠山ロープウェイで停電に備え訓練【壮瞥】

コープさっぽろが伊達市にランドセルカバー260枚寄贈【伊達】

5月コンサスクール開校、U―10~12クラス新設【室蘭】

30日に「終活」テーマに講演会【登別】

港や船の魅力を作品に…苫小牧港開発がフォトコン【苫小牧】

4月1日に室蘭市民会館で歌とピアノ共演【室蘭】

胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(140)

室蘭民報(747)

名寄新聞(98)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(31)

日高報知新聞(159)

函館新聞(207)

苫小牧民報(216)

釧路新聞(68)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)