北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  遠藤ミマンの絵画10…
遠藤ミマンの絵画100点 我が家の所蔵作品展始まる
苫小牧民報 - 2017/03/18 16:26
油彩画を中心に水彩画や切り絵など100点を展示。豊かな色彩が目を引く
 苫小牧市美術館友の会(佐藤郁子会長)の「我(わ)が家の所蔵作品展 遠藤ミマン編」が18日、市美術博物館で始まった。苫小牧の美術界をけん引した画家、遠藤ミマン(1913~2004)の油彩画を中心に水彩画や切り絵を含む絵画100点を展示。普段は目にする機会が無い個人や企業の所蔵作品が並ぶ。26日まで。

 遠藤ミマンは札幌師範学校(現道教育大)を卒業後、苫小牧西小に赴任。教壇に立つ傍ら絵筆を握り、苫小牧美術協会の創立メンバーとなったほか全道展、国画会会員としても活躍した。地域文化功労者文部大臣表彰、北海道文化賞など各賞を受賞し、苫小牧の美術文化の礎を築き、今も愛され続けている。

 今展では、作品を所蔵する王子製紙苫小牧工場や岩倉建設、トヨタ自動車北海道、苫小牧民報社などの市内企業と市内外の個人が、はがきサイズ~100号の作品の出品に協力。当初は50点程度と考えていた実行委の予想を上回る作品が集まり、地域に根差した画家の活動が垣間見える展覧会となった。

 初期~後期の作品が網羅されている点は、一つの見どころ。鮮やかなピンク色の色彩がひときわ輝きを放つ岩倉建設所蔵の「天馬の親子」、王子製紙所蔵の「馬」、苫小牧市所蔵の「赤い帽子」の3作品は80~100号の大作で、作風の変遷がよく分かる。最も古い作品は1941年作の「落葉と馬」で、20代後半の作品。

 もう一つの見どころは、深い青や緑を使った少女と原野を描いた「ハスカップの実」や突き抜けるような真っ青な空と独特の材質感の「樽前山と馬と煙突」などに見られる多様な色彩。遠藤さんは、占師に職業を見てもらった時、「カラーリストだ」と言われたエピソードを、同会理事の千葉恒雄さんに語っており、同会事務局次長の居島恵美子さんは「なぜ遠藤さんがカラーリストと呼ばれるようになったかがよく分かる展覧会」と語る。

 作品のエピソードが説明書きにつづられている作品もあり、千葉さんは「郷土の画家として、所蔵者との関係性が見えてくるのも面白い。普段は会社の応接室や社長室などに飾られているような戦前から晩年までの作品がこれほど並ぶことは二度と無いだろう」と話す。佐藤会長は「遠藤ミマンと言うと『青』のイメージが強いが、さまざまな画風があることを知ってもらえる作品展」とアピールしている。18日にはオープニングでテープカットも行われ、初日から多くの人が訪れた。

 入場無料。午前9時半~午後5時(最終日は午後4時まで)。

[苫小牧民報]-最近の話題
王子サーモン、サケ皮成分でサプリメント 抗酸化作用などに着目(2017/05/27)
フリースクール開設へ 畑作りスタート【苫小牧】(2017/05/27)
苫東でフォトツアー計画 地元企業PRに一役【苫小牧】(2017/05/27)
近年の高波など影響 姿消す苫小牧・弁天の「海浜植物」(2017/05/27)
石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】(2017/05/27)
日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ(2017/05/26)
中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流(2017/05/26)
痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】(2017/05/26)
千歳川、風のない暖かい日が狙い時(2017/05/25)
陸自第7師団10式戦車を公開 ネットワーク化し索敵性能向上(2017/05/25)
苫小牧に配備される予定の大容量送水ポンプ車(左)大型放水砲車(右)=神戸市消防局提供
↑最近の写真
特集・道の駅
王子サーモン、サケ皮成分でサプリメント 抗酸化作用などに着目

フリースクール開設へ 畑作りスタート【苫小牧】

苫東でフォトツアー計画 地元企業PRに一役【苫小牧】

外国語指導助手 太鼓に打ち込む【根室】

大潮で出現の「道」渡る ゴメ島探検【根室】

近年の高波など影響 姿消す苫小牧・弁天の「海浜植物」

石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】

温泉チーズまろやか モールウォッシュ食べごろ【音更】

「ピングー」10周年 子育てママ 手話で交流【十勝】

運動会へGO 快適シート、オードブル人気【帯広】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

根室新聞(115)

室蘭民報(781)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(169)

函館新聞(204)

苫小牧民報(221)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)