北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  19年度オープン目指…
19年度オープン目指す安平の道の駅に蒸気機関車を展示【安平】
室蘭民報 - 2017/03/17 14:21
2019年春のオープンを目指し、17年度から建設が始まる安平町の「道の駅」の完成予想図
 安平町は2017年度(平成29年度)から2カ年計画で、19年度オープンを目指す「道の駅」(町内追分柏が丘)の建設に着手する。国道234号では初めての施設。鉄道の町を象徴する蒸気機関車を展示、農産物直売所や地元のPRと利用者の利便性を高める回遊・交流ステーションを設置する。瀧孝町長は「交流人口の拡大を図って、地域の活性化につなげていきたい」と話している。

 「道の駅」の設置場所は国道234号や道東道インターチェンジ、町営の柏が丘球場、追分小学校などに近く、災害時に救援車や救援物資の置き場としても活用できることから、追分地区の柏が丘に決まった。

 施設はセンターハウスと農産物の直売所、蒸気機関車展示ゾーンに分けて設置。具体的には①食の魅力発信②交流促進③観光情報④文化・歴史―の四つのステーション機能を設ける。

 メインとなるセンターハウスは無料休憩所、食事コーナーと売店、トイレ、管理ゾーンを設ける。特産物は安平町の地場産品を重点に商品をそろえる。既存の「道の駅」でも人気を呼んでいるベーカリーの販売やテークアウトコーナーを設置する。

 また、蒸気機関車は国鉄時代に石炭輸送でにぎわっていた追分駅の風景を再現する。さらに石炭ストーブやキップ売り場、改札口などを配置し、話題性を高める工夫を凝らす。このほか駐車場は普通乗用車80台と大型車専用、電気自動車充電器、身障者専用スペースを設ける。

 敷地面積は1310平方メートル、工事費は約9億2千万円、施設の利用者は年間32万人を見込んでいる。建設は初年度の17年度が基礎工事、2年目は外構、内部工事、SL移設などを行う計画。19年春のオープンを目指す。
[室蘭民報]-最近の話題
レストラン・カリーナのお店周り花苗でカラフル【室蘭】(2017/03/29)
有珠山ロープウェイで停電に備え訓練【壮瞥】(2017/03/29)
コープさっぽろが伊達市にランドセルカバー260枚寄贈【伊達】(2017/03/29)
大粒イチゴ「もういっこ」の出荷スタート【伊達】(2017/03/29)
陸自幌別駐屯地・第13施設群で勇ましく群旗授与【登別】(2017/03/29)
室蘭地区バド協会が五輪育成の中国人コーチ招き練習会【室蘭】(2017/03/29)
5月コンサスクール開校、U―10~12クラス新設【室蘭】(2017/03/29)
アワさんが祖国に贈る不要ランドセル提供を【室蘭】(2017/03/29)
伊達小の2児童が年賀状大賞コンクールで全国奨励賞【伊達】(2017/03/28)
30日に「終活」テーマに講演会【登別】(2017/03/28)
自然共生型をコンセプトとした苫小牧版IR施設のイメージ図
↑最近の写真
特集・道の駅
先進地視察報告会開く 未来を拓く漁業対策協【根室】

全国行脚お帰りなさい

大東正史さん5回目のV

自然共生型を基本に 苫小牧版IR構想策定

運動施設に大谷選手の手形【幕別】

刑務所作業品を常設販売 北海道ホテル【帯広】

「食品安全 世界に通用」 ISO取得の帯畜大【帯広】

レストラン・カリーナのお店周り花苗でカラフル【室蘭】

有珠山ロープウェイで停電に備え訓練【壮瞥】

コープさっぽろが伊達市にランドセルカバー260枚寄贈【伊達】

5月コンサスクール開校、U―10~12クラス新設【室蘭】

30日に「終活」テーマに講演会【登別】

港や船の魅力を作品に…苫小牧港開発がフォトコン【苫小牧】

4月1日に室蘭市民会館で歌とピアノ共演【室蘭】

胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(140)

室蘭民報(747)

名寄新聞(98)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(31)

日高報知新聞(159)

函館新聞(207)

苫小牧民報(216)

釧路新聞(68)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)