北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  きのした内科クリニッ…
きのした内科クリニックが31日で閉院【室蘭】
室蘭民報 - 2017/03/17 11:24
31日で閉院する「きのした内科クリニック」の木下博院長。「皆さまのお役に立て、心から感謝したい」と話す
 室蘭市築地町の「きのした内科クリニック」(木下博院長)が、31日で閉院する。市立室蘭総合病院の勤務医時代も合わせて、室蘭の地域医療を45年間支えてきた木下院長(82)は、「開業から地域の皆さまに支えられたが、区切りの時期と考えた」とし、「皆さまのお役に立てて良かった。心から感謝したい」と話す。

 木下院長は函館市出身。札医大卒。1972年(昭和47年)から市立室蘭総合病院消化器科長として勤務し、91~2000年は院長として同病院をけん引。山手町への病院舎の移転新築、診療科目増など、市内の医療環境の充実にも力を注いだ。

 市立室蘭看護専門学院長だった02年。同クリニックの前身・安立医院の閉院によって、築地町周辺が“無医地区”となる現状を前に「地域医療のともしびを守りたい」と決断。67歳の時に、同医院の施設を引き継いで開業した。

 「開業医らしく、『患者との対話』を第一に考えて診療に当たってきた」という。「患者と大病院をつなぐクッションの役割」を常に考え、一人一人の診療に時間をかけて、じっくりと話を聞く。「開業医の楽しさだね」と話す。

 高齢化率が高い地域だけに、患者の大半は港南地区や白鳥台地区の高齢者だ。人生の少し先輩だった患者たちと、いつのまにか同年代となっていた。「医療の世界は、常に新しい知識が要求される。(閉院は)時代の流れ。ここらが潮時」。昨夏、開業医に転じてから15年の節目に合わせた閉院を決断した。

 「患者さん、支えてくれた地域やスタッフなど、皆さまには本当にお世話になった。感謝したい」と話すが、閉院によって港南地区が結果的に“無医地区”になってしまうことが「心残り」とも。

 「継続性がある仕事らしく、山あり谷ありだった。特に開業からの15年はあっという間だった。愛着ある室蘭で過ごせ、多くの患者さんと長いお付き合いもできた」。感無量の表情を見せる。
[室蘭民報]-最近の話題
5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】(2017/04/26)
恐竜ファン必見、29日から「玉手箱」展【苫小牧】(2017/04/26)
洞爺湖ロングラン花火大会が28日からスタート【洞爺湖】(2017/04/26)
富岸ファイターズが野球の楽しさ教え35年【登別】(2017/04/26)
第二名水亭を一部リニューアル、28日オープン【伊達】(2017/04/26)
「放水始め」―温泉街で消防署などが合同訓練【登別】(2017/04/26)
地域と触れ合い12年、喫茶ハーモニーが28日閉店【登別】(2017/04/26)
製鉄記念室蘭病院に糖尿病内科を新設【室蘭】(2017/04/26)
カレーラーメンのスタンプラリー今年も実施【室蘭】(2017/04/26)
室蘭やきとりの知名度アップに貢献、石塚和義さん死去【室蘭】(2017/04/26)
オープンした中央保安検査場
↑最近の写真
特集・道の駅
ふるさと納税全道一に 28年度33億700万円【根室】

〝無事に帰ってきてね〟

新築住宅に「応援金30万」

新千歳国内線に中央保安検査場を開設 処理能力向上、混雑緩和へ

島松沢交差点名を「旧島松駅逓所入口」に変更【恵庭】

電柱 受難の春 カラス営巣で漏電恐れ【十勝】

スマホで自然探索 緑ケ丘公園の生き物「見っけ」【帯広】

ホエイで地サイダー チーズ製造副産物活用【中札内】

富岸ファイターズが野球の楽しさ教え35年【登別】

第二名水亭を一部リニューアル、28日オープン【伊達】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

恐竜ファン必見、29日から「玉手箱」展【苫小牧】

洞爺湖ロングラン花火大会が28日からスタート【洞爺湖】

西胆振の冬を切り取る…「チーム雲海」が写真展【登別】

6月に「墨描・中国人強制連行の図」展示会【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

十勝からの情報(4月16日ごろ)

釧路・根室の情報

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

洞爺観光ホテル「春の和膳プラン」が好評、5月末まで【洞爺湖】

根室新聞(122)

室蘭民報(803)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(25)

日高報知新聞(170)

函館新聞(201)

苫小牧民報(220)

釧路新聞(72)

十勝毎日新聞(318)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)