北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  きのした内科クリニッ…
きのした内科クリニックが31日で閉院【室蘭】
室蘭民報 - 2017/03/17 11:24
31日で閉院する「きのした内科クリニック」の木下博院長。「皆さまのお役に立て、心から感謝したい」と話す
 室蘭市築地町の「きのした内科クリニック」(木下博院長)が、31日で閉院する。市立室蘭総合病院の勤務医時代も合わせて、室蘭の地域医療を45年間支えてきた木下院長(82)は、「開業から地域の皆さまに支えられたが、区切りの時期と考えた」とし、「皆さまのお役に立てて良かった。心から感謝したい」と話す。

 木下院長は函館市出身。札医大卒。1972年(昭和47年)から市立室蘭総合病院消化器科長として勤務し、91~2000年は院長として同病院をけん引。山手町への病院舎の移転新築、診療科目増など、市内の医療環境の充実にも力を注いだ。

 市立室蘭看護専門学院長だった02年。同クリニックの前身・安立医院の閉院によって、築地町周辺が“無医地区”となる現状を前に「地域医療のともしびを守りたい」と決断。67歳の時に、同医院の施設を引き継いで開業した。

 「開業医らしく、『患者との対話』を第一に考えて診療に当たってきた」という。「患者と大病院をつなぐクッションの役割」を常に考え、一人一人の診療に時間をかけて、じっくりと話を聞く。「開業医の楽しさだね」と話す。

 高齢化率が高い地域だけに、患者の大半は港南地区や白鳥台地区の高齢者だ。人生の少し先輩だった患者たちと、いつのまにか同年代となっていた。「医療の世界は、常に新しい知識が要求される。(閉院は)時代の流れ。ここらが潮時」。昨夏、開業医に転じてから15年の節目に合わせた閉院を決断した。

 「患者さん、支えてくれた地域やスタッフなど、皆さまには本当にお世話になった。感謝したい」と話すが、閉院によって港南地区が結果的に“無医地区”になってしまうことが「心残り」とも。

 「継続性がある仕事らしく、山あり谷ありだった。特に開業からの15年はあっという間だった。愛着ある室蘭で過ごせ、多くの患者さんと長いお付き合いもできた」。感無量の表情を見せる。
[室蘭民報]-最近の話題
レストラン・カリーナのお店周り花苗でカラフル【室蘭】(2017/03/29)
有珠山ロープウェイで停電に備え訓練【壮瞥】(2017/03/29)
コープさっぽろが伊達市にランドセルカバー260枚寄贈【伊達】(2017/03/29)
大粒イチゴ「もういっこ」の出荷スタート【伊達】(2017/03/29)
陸自幌別駐屯地・第13施設群で勇ましく群旗授与【登別】(2017/03/29)
室蘭地区バド協会が五輪育成の中国人コーチ招き練習会【室蘭】(2017/03/29)
5月コンサスクール開校、U―10~12クラス新設【室蘭】(2017/03/29)
アワさんが祖国に贈る不要ランドセル提供を【室蘭】(2017/03/29)
伊達小の2児童が年賀状大賞コンクールで全国奨励賞【伊達】(2017/03/28)
30日に「終活」テーマに講演会【登別】(2017/03/28)
有珠山山頂駅で予備エンジンに切り替える作業に取り組むスタッフ=27日
↑最近の写真
特集・道の駅
先進地視察報告会開く 未来を拓く漁業対策協【根室】

全国行脚お帰りなさい

大東正史さん5回目のV

自然共生型を基本に 苫小牧版IR構想策定

運動施設に大谷選手の手形【幕別】

刑務所作業品を常設販売 北海道ホテル【帯広】

「食品安全 世界に通用」 ISO取得の帯畜大【帯広】

レストラン・カリーナのお店周り花苗でカラフル【室蘭】

有珠山ロープウェイで停電に備え訓練【壮瞥】

コープさっぽろが伊達市にランドセルカバー260枚寄贈【伊達】

5月コンサスクール開校、U―10~12クラス新設【室蘭】

30日に「終活」テーマに講演会【登別】

港や船の魅力を作品に…苫小牧港開発がフォトコン【苫小牧】

4月1日に室蘭市民会館で歌とピアノ共演【室蘭】

胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(140)

室蘭民報(747)

名寄新聞(98)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(31)

日高報知新聞(159)

函館新聞(207)

苫小牧民報(216)

釧路新聞(68)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)