北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  きのした内科クリニッ…
きのした内科クリニックが31日で閉院【室蘭】
室蘭民報 - 2017/03/17 11:24
31日で閉院する「きのした内科クリニック」の木下博院長。「皆さまのお役に立て、心から感謝したい」と話す
 室蘭市築地町の「きのした内科クリニック」(木下博院長)が、31日で閉院する。市立室蘭総合病院の勤務医時代も合わせて、室蘭の地域医療を45年間支えてきた木下院長(82)は、「開業から地域の皆さまに支えられたが、区切りの時期と考えた」とし、「皆さまのお役に立てて良かった。心から感謝したい」と話す。

 木下院長は函館市出身。札医大卒。1972年(昭和47年)から市立室蘭総合病院消化器科長として勤務し、91~2000年は院長として同病院をけん引。山手町への病院舎の移転新築、診療科目増など、市内の医療環境の充実にも力を注いだ。

 市立室蘭看護専門学院長だった02年。同クリニックの前身・安立医院の閉院によって、築地町周辺が“無医地区”となる現状を前に「地域医療のともしびを守りたい」と決断。67歳の時に、同医院の施設を引き継いで開業した。

 「開業医らしく、『患者との対話』を第一に考えて診療に当たってきた」という。「患者と大病院をつなぐクッションの役割」を常に考え、一人一人の診療に時間をかけて、じっくりと話を聞く。「開業医の楽しさだね」と話す。

 高齢化率が高い地域だけに、患者の大半は港南地区や白鳥台地区の高齢者だ。人生の少し先輩だった患者たちと、いつのまにか同年代となっていた。「医療の世界は、常に新しい知識が要求される。(閉院は)時代の流れ。ここらが潮時」。昨夏、開業医に転じてから15年の節目に合わせた閉院を決断した。

 「患者さん、支えてくれた地域やスタッフなど、皆さまには本当にお世話になった。感謝したい」と話すが、閉院によって港南地区が結果的に“無医地区”になってしまうことが「心残り」とも。

 「継続性がある仕事らしく、山あり谷ありだった。特に開業からの15年はあっという間だった。愛着ある室蘭で過ごせ、多くの患者さんと長いお付き合いもできた」。感無量の表情を見せる。
[室蘭民報]-最近の話題
町職員対象に有珠山の噴火災害に備え研修会【壮瞥】(2017/05/27)
サンクスがファミマへ転換、西胆振初のオープン【伊達】(2017/05/27)
登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】(2017/05/27)
真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】(2017/05/26)
教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】(2017/05/26)
フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】(2017/05/26)
人権擁護委員・神田さんと今泉さんが法務省局長表彰【室蘭】(2017/05/26)
巻雲俳句会が前身から通算35年、句集400号発刊【室蘭】(2017/05/26)
横綱めざしはっけよい、登別小で相撲稽古初め【登別】(2017/05/26)
室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】(2017/05/26)
10周年を迎え、手話で「アイラブユー」を示す子育て手話サークル「ピングー」。前列左から菊池代表、丸山元代表
↑最近の写真
特集・道の駅
近年の高波など影響 姿消す苫小牧・弁天の「海浜植物」

石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】

温泉チーズまろやか モールウォッシュ食べごろ【音更】

「ピングー」10周年 子育てママ 手話で交流【十勝】

運動会へGO 快適シート、オードブル人気【帯広】

町職員対象に有珠山の噴火災害に備え研修会【壮瞥】

サンクスがファミマへ転換、西胆振初のオープン【伊達】

IT企業「ハヤブサ」開所 AI技術水産加工業に【函館】

「カール」販売中止に惜しむ声【函館 北斗】

道教育大生が牧場で体験実習【釧路】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

根室新聞(113)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(169)

函館新聞(206)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)