北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  13人の1期生に修了…
13人の1期生に修了証書
日高報知新聞 - 2017/03/15 17:31
2年間の活動を振り返る青年農業ゼミナール1期生たち
 日高農業改良普及センター(福谷洋一所長)主催の「次代を担う青年農業者ゼミナール1期生閉講式」と「2期生開講式」が13日、新ひだか町の日高生産連ビルで開かれ、1期生が2年間の活動を振り返り、2期生にエールを送った。

 同ゼミナールはトマトや花き、和牛、軽種馬など各町で営農する20~30歳代の青年農業者13人が参加、平成27年3月の開講式を皮切りに、2年間にわたって管内視察や石狩管内新篠津村への管外視察、外部講師を招いての講演会などを行ってきた。

 この日は、1期生と2期生をはじめ、各町の農業担当課、農協、日高振興局、日高農業改良普及センターから約50人が出席。

 開会で福谷所長は「今の農業は国際的な課題も大きく出てきている中で、一地域、一組織のリーダーだけでは解決できない問題も出てきている。そういう意味では、今の段階で横のつながりを持って、これから出てくると思われる課題に全員で取り組んでいってもらいたい」とあいさつ。

 続いて、1期生を代表して春木康秀さん(日高町)が2年間の活動をスライドを使って報告し、「このゼミナールは非常に自由度が高くて、年齢も同年代が多くて面白い。業種がバラバラなこともあり、全員がそろう機会も多くはないかもしれない。それでもこのつながりは続いていくし、2期、3期と広がっていく」とまとめた。

 次に、今回出席した1期生9人が活動を振り返り、野口和真さん(平取町)は「ゼミに参加して一番良かったと思うのは、同じ管内でもいろいろな業種があって、普段なかなか会わない同年代の農業者と交流し、意見交換をして、いろいろな話をしたことによって刺激を受けて、自分ももっと頑張らなければいけないと思った」と感想を話し、山口和広さん(新ひだか町)は「たった4、5時間だが、繁忙期に家を空けるのを嫌でしょうがないときもあったし、2期生もこの活動が負担だと思う日もあると思う。でも、どこに行って何を学ぶかは人ぞれぞれで、自分次第。損はないと思う」と2期生にアドバイスした。

 この後、1期生一人ひとりに福谷所長から修了証書が手渡され、視察研修を受け入れた日高管内指導農業士・農業士会長の渡辺隆さん(新ひだか町)と座学研修で講義した日高農業生産法人会長の杉山憲由さん(日高町)が先輩リーダーとしてメッセージを送った。

 最後に2期生(10人)の開講オリエンテーションと自己紹介が行われた。
[日高報知新聞]-最近の話題
GⅠ記念し200万円寄付(2017/05/26)
寄贈レコード100万枚達成!(2017/05/26)
盗掘防止へ監視活動(2017/05/25)
今年もトドマツなど600本(2017/05/25)
米作り体験スタート(2017/05/24)
漁協女性部が「魚つき植樹」(2017/05/24)
男子は静内が優勝(2017/05/23)
旬のウニに約4千人の人出(2017/05/23)
多種多様な約800点(2017/05/22)
飛渡主将(静内)選手宣誓(2017/05/22)
不登校児童・生徒が活動するための畑作りに取り組む畠山代表
↑最近の写真
特集・道の駅
王子サーモン、サケ皮成分でサプリメント 抗酸化作用などに着目

フリースクール開設へ 畑作りスタート【苫小牧】

苫東でフォトツアー計画 地元企業PRに一役【苫小牧】

外国語指導助手 太鼓に打ち込む【根室】

大潮で出現の「道」渡る ゴメ島探検【根室】

近年の高波など影響 姿消す苫小牧・弁天の「海浜植物」

石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】

温泉チーズまろやか モールウォッシュ食べごろ【音更】

「ピングー」10周年 子育てママ 手話で交流【十勝】

運動会へGO 快適シート、オードブル人気【帯広】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

根室新聞(115)

室蘭民報(781)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(169)

函館新聞(204)

苫小牧民報(221)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)