北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  13人の1期生に修了…
13人の1期生に修了証書
日高報知新聞 - 2017/03/15 17:31
2年間の活動を振り返る青年農業ゼミナール1期生たち
 日高農業改良普及センター(福谷洋一所長)主催の「次代を担う青年農業者ゼミナール1期生閉講式」と「2期生開講式」が13日、新ひだか町の日高生産連ビルで開かれ、1期生が2年間の活動を振り返り、2期生にエールを送った。

 同ゼミナールはトマトや花き、和牛、軽種馬など各町で営農する20~30歳代の青年農業者13人が参加、平成27年3月の開講式を皮切りに、2年間にわたって管内視察や石狩管内新篠津村への管外視察、外部講師を招いての講演会などを行ってきた。

 この日は、1期生と2期生をはじめ、各町の農業担当課、農協、日高振興局、日高農業改良普及センターから約50人が出席。

 開会で福谷所長は「今の農業は国際的な課題も大きく出てきている中で、一地域、一組織のリーダーだけでは解決できない問題も出てきている。そういう意味では、今の段階で横のつながりを持って、これから出てくると思われる課題に全員で取り組んでいってもらいたい」とあいさつ。

 続いて、1期生を代表して春木康秀さん(日高町)が2年間の活動をスライドを使って報告し、「このゼミナールは非常に自由度が高くて、年齢も同年代が多くて面白い。業種がバラバラなこともあり、全員がそろう機会も多くはないかもしれない。それでもこのつながりは続いていくし、2期、3期と広がっていく」とまとめた。

 次に、今回出席した1期生9人が活動を振り返り、野口和真さん(平取町)は「ゼミに参加して一番良かったと思うのは、同じ管内でもいろいろな業種があって、普段なかなか会わない同年代の農業者と交流し、意見交換をして、いろいろな話をしたことによって刺激を受けて、自分ももっと頑張らなければいけないと思った」と感想を話し、山口和広さん(新ひだか町)は「たった4、5時間だが、繁忙期に家を空けるのを嫌でしょうがないときもあったし、2期生もこの活動が負担だと思う日もあると思う。でも、どこに行って何を学ぶかは人ぞれぞれで、自分次第。損はないと思う」と2期生にアドバイスした。

 この後、1期生一人ひとりに福谷所長から修了証書が手渡され、視察研修を受け入れた日高管内指導農業士・農業士会長の渡辺隆さん(新ひだか町)と座学研修で講義した日高農業生産法人会長の杉山憲由さん(日高町)が先輩リーダーとしてメッセージを送った。

 最後に2期生(10人)の開講オリエンテーションと自己紹介が行われた。
[日高報知新聞]-最近の話題
会員と指導者の44点(2017/03/23)
新たに3事業所の3品(2017/03/23)
生育・育成の人材養成(2017/03/22)
先人の遺骨を故郷へ(2017/03/22)
一人ひとりに卒業証書(2017/03/21)
販売目標86億4千万円(2017/03/21)
初日は全87頭合格(2017/03/18)
2氏が活発な動き(2017/03/18)
米国レ市を親善訪問(2017/03/17)
新冠町の佐々木碧さん(2017/03/17)
完成した新旅客ターミナルビル。外観は十勝平野を流れる川をイメージした
↑最近の写真
特集・道の駅
国後島民の会「一刻の猶予もない」 解決求め総会決議【根室】

会員と指導者の44点

新たに3事業所の3品

タコ箱漁オーナー復活 小平で6年ぶり

「北海道にIR実現を」 高橋知事に施設誘致要請-道内3地域

担い手の活躍に期待 アイヌ伝承者育成事業の3期生研修修了

ニカラグアで助産師「頑張りたい」 むかわの内海さん

空港ビル新棟完成 24日供用開始【帯広】

右手一本 ゴルフ再び 左半身まひの神田さん【音更】

将棋2年連続全国へ 連盟支部【十勝】

室蘭蘭友会が25、26日に洋ラン作品展示会【室蘭】

マリンパークでサクラダイ展示、水槽に春到来【登別】

7月8日の大黒摩季伊達公演で18日に先行電話予約【伊達】

19日ハーモニーとに多彩な選曲、2団体が定演【室蘭】

4月14日に温泉ソムリエ認定セミナー開催【登別】

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

十勝からの情報(3月12日ごろ)

釧路、根室の情報

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(147)

室蘭民報(748)

名寄新聞(97)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(32)

日高報知新聞(160)

函館新聞(203)

苫小牧民報(215)

釧路新聞(66)

十勝毎日新聞(322)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)