北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ホッケ資源回復へ研究…
ホッケ資源回復へ研究開始【函館】
函館新聞 - 2017/03/15 10:42
函館市は新年度、漁獲量の減少が著しいホッケの資源回復に向けた研究を始める。北大大学院水産科学研究院に委託し、函館沿岸で産卵場が現存するか否かを調べるほか、低コストな人工種苗放流技術を確立する。研究を通じ、大衆魚が一転、“高嶺の花”となりつつあるホッケの資源回復を目指す。

 北大の高津哲也教授(51)=魚類生態学=を中心に研究を進める。2017年度予算に委託料150万円を盛り込んだ。

 市によると、漁獲量が高位水準で推移した1980年代は、奥尻や松前、砂原、恵山、木直沖に産卵場があったとされる。しかし、その後、産卵場が消滅し、現在の道南系群の最大の産卵場は松前沖にある。

 函館の東方面の下海岸は調査されていないため、今回の研究で産卵場の有無を確認する。産卵場があると、親からもらった卵黄 を抱えた仔(し)魚が確認でき、水中カメラで観察するなどして詳しく調べる。また、漁業者が安価に取り組めるよう人工種苗の放流技術開発にも着手。小型の自動水温記録計(データロガー)を用いた好適な産卵場の特定も行う。

 ホッケの不漁は、道南海域の水温上昇や乱獲などが指摘されているが、原因は特定できていない。

 道南では、豊富なプランクトンがいる海底のくぼみに根付いて回遊しない大型の「根ボッケ」と呼ばれる魚もいる。えさん漁協のブランドホッケ「海峡根ボッケ バキバキ」もその一つ。高津教授は「ブランド化した魚が捕れないのをみすみす指をくわえて見ることになるのは残念だ。3年間である程度、答えを出したい」と意気込む。市農林水産部は「これまで大衆魚とされてきたホッケが、水揚げが減り、今や高級魚になっている。浜の要望に応えられるよう対策を進めたい」としている。
[函館新聞]-最近の話題
IT企業「ハヤブサ」開所 AI技術水産加工業に【函館】(2017/05/27)
「カール」販売中止に惜しむ声【函館 北斗】(2017/05/27)
パラ夏合宿が正式決定 函館で初【函館】(2017/05/26)
ペリーが持ち帰った函館の紫木蓮、今も米国で咲き誇る【函館】(2017/05/26)
大門に低価格ホテル19年夏開業函館駅周辺で競争過熱【函館】(2017/05/25)
2016年度観光客数 過去最多の560万7000人【函館】(2017/05/25)
濁川「温泉市」15年の活動に幕 6月25日まで開催【森】(2017/05/24)
被災地支援 五稜郭駅前、期間限定カキ小屋オープン【函館】(2017/05/24)
ニシンのぼり「桜の海」泳ぐ【江差】(2017/05/23)
シエスタ開業1カ月 Gスクエア9万人来場【函館】(2017/05/23)
新施設で熟成が進み、オレンジ色になった「十勝ラクレットチーズモールウォッシュ」
↑最近の写真
特集・道の駅
王子サーモン、サケ皮成分でサプリメント 抗酸化作用などに着目

フリースクール開設へ 畑作りスタート【苫小牧】

苫東でフォトツアー計画 地元企業PRに一役【苫小牧】

外国語指導助手 太鼓に打ち込む【根室】

大潮で出現の「道」渡る ゴメ島探検【根室】

近年の高波など影響 姿消す苫小牧・弁天の「海浜植物」

石油コンビナート火災に対応 専門の消防部隊配備【苫小牧】

温泉チーズまろやか モールウォッシュ食べごろ【音更】

「ピングー」10周年 子育てママ 手話で交流【十勝】

運動会へGO 快適シート、オードブル人気【帯広】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

登別の推奨品を埼玉でPR、北海道物産展注目集める【登別】

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

根室新聞(115)

室蘭民報(781)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(169)

函館新聞(204)

苫小牧民報(221)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)