北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  歯舞漁協荷捌き所が竣…
歯舞漁協荷捌き所が竣工 高潮対策を施しかさ上げ【根室】
根室新聞 - 2017/03/14 17:26
新たに導入された活魚水槽
 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は昨年12月から行っていた荷捌き所の改修工事が完了したのに伴い13日午後から竣工式を行い、床を20センチかさ上げした荷捌き所と新たに導入した活魚水槽6基を、お披露目した。荷捌き所は15日から供用開始となる。

 ロシア200カイリ水域内サケ・マス流し網漁禁止に伴う対策や高潮対策を目的に、国から3分の2、道から3分1の全額補助を受けて行われたもので、総事業費は約1億2,000万円。

 荷捌き所は平成26年暮れの高潮で魚介類などが被害を受けた。高潮対策として、魚介類などを運搬するフォークリフトが稼働できる限界の高さを考慮して床(1,837平方メートル)を20センチかさ上げする改修工事が行われ、2月末までに完了した。

 また、ブランド化を視野に入れた付加価値向上を図るため、新たに導入された活魚水槽(4,300リットル)では、当面はヤナギダコなど活ダコを取り扱う予定。8月から本格的に道内出荷を検討しており、将来的には定置網で漁獲されたカレイ類などの取り扱いも行っていきたいとしている。

 13日午後1時から行われた竣工式には同漁協理事や職員、根室振興局職員、施工業者ら約30人が出席。神主による祝詞の奏上などが行われた後、出席者らが玉串を捧げた。

 竣工式終了後には小倉組合長が「高潮被害等で何回か被害もあったが、これで被害が出ずに済む。活魚水槽では、これから魚介類をブランド化して消費者の元に安心安全な活魚を届けたい」とあいさつした。
[根室新聞]-最近の話題
国後島民の会「一刻の猶予もない」 解決求め総会決議【根室】(2017/03/23)
流氷が揺れる、動く 納沙布岬から太平洋へ【根室】(2017/03/21)
市内の気温、100年で1.1度上昇 札幌気象台まとめ【根室】(2017/03/21)
オオハクチョウ 16日現在、温根沼・風蓮湖に814羽【根室】(2017/03/20)
流氷接岸 2年ぶり、一面の氷原に【根室】(2017/03/18)
境界地域を守る“砦” 納沙布新駐在所が完成【根室】(2017/03/18)
ファイターズねむろ後援会発足【根室】(2017/03/16)
外来船誘致促進リーフレット 利用実績まとまる【根室】(2017/03/15)
冬の朝 “氷花”咲く【根室】(2017/03/14)
流氷で漁船8隻が航行不能に 巡視船が救助・羅臼沖【根室】(2017/03/13)
29年度の事業計画を決めた総会
↑最近の写真
特集・道の駅
国後島民の会「一刻の猶予もない」 解決求め総会決議【根室】

会員と指導者の44点

新たに3事業所の3品

タコ箱漁オーナー復活 小平で6年ぶり

「北海道にIR実現を」 高橋知事に施設誘致要請-道内3地域

担い手の活躍に期待 アイヌ伝承者育成事業の3期生研修修了

ニカラグアで助産師「頑張りたい」 むかわの内海さん

空港ビル新棟完成 24日供用開始【帯広】

右手一本 ゴルフ再び 左半身まひの神田さん【音更】

将棋2年連続全国へ 連盟支部【十勝】

室蘭蘭友会が25、26日に洋ラン作品展示会【室蘭】

マリンパークでサクラダイ展示、水槽に春到来【登別】

7月8日の大黒摩季伊達公演で18日に先行電話予約【伊達】

19日ハーモニーとに多彩な選曲、2団体が定演【室蘭】

4月14日に温泉ソムリエ認定セミナー開催【登別】

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

十勝からの情報(3月12日ごろ)

釧路、根室の情報

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(147)

室蘭民報(748)

名寄新聞(97)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(32)

日高報知新聞(160)

函館新聞(203)

苫小牧民報(215)

釧路新聞(66)

十勝毎日新聞(322)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)