北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  融雪剤の散布作業スタ…
融雪剤の散布作業スタート・白樺カントリー倶楽部【名寄】
名寄新聞 - 2017/03/11 13:22
1日も早いオープンを目指して行われている融雪剤散布作業
 名寄白樺カントリー倶楽部(吉田肇理事長)では、10日から融雪剤の散布作業が本格的にスタート。多雪だった昨年に比べ、コース内の積雪深約90センチと平年並みとなっており、1日も早いオープンを目指し急ピッチで作業を進めている。

 昨シーズンは多雪だったが3月に入り雪解けも進んだため、コースは4月16日にオープン。しかし、例年にない早い降雪に見舞われ、例年より1カ月早い10月29日にクローズとなり、利用者は前年比2000人減となる1万2643人となった。

 今シーズンの融雪剤散布は、昨年より1日早いスタート。20キロ入り融雪剤1000袋を用意し、練習場から作業を開始。散布車が、融雪剤を噴出させながらコース内を走行。煙状になった黒い融雪剤が雪原に降り注ぎ、白と黒のコントラストが鮮明に浮かび、一足早く春の訪れを告げる光景となっている。

 同倶楽部の加藤照美支配人によると、今年の営業開始は、練習場が4月8日、コースは同月15日を予定。
[名寄新聞]-最近の話題
北海道少年少女オーケストラフェスティバル【名寄】(2017/03/21)
ピヤシリでアルペンスキー強化合宿【名寄】(2017/03/21)
名寄~下川間サイクリングロード整備【名寄・下川】(2017/03/18)
加藤準さん宮様スキークロカン10連覇達成【下川】(2017/03/18)
北海道ジュニアカーリング20日まで熱戦【名寄】(2017/03/18)
多国籍留学生が感じた魅力を発表【下川】(2017/03/14)
「失敗恐れず挑戦を!」・農業支援塾の修了式【美深】(2017/03/14)
健闘たたえ「市民の表彰式」・JOCジュニア五輪【名寄】(2017/03/14)
スペシャルジャンプ競技で開幕・ジュニア五輪【名寄】(2017/03/11)
全国からトップ選手集う・Jr五輪開幕【名寄】(2017/03/10)
2度目の大舞台へ意気込む中川さん、本田さん、石川さん(左から)
↑最近の写真
特集・道の駅
国後島民の会「一刻の猶予もない」 解決求め総会決議【根室】

会員と指導者の44点

新たに3事業所の3品

タコ箱漁オーナー復活 小平で6年ぶり

「北海道にIR実現を」 高橋知事に施設誘致要請-道内3地域

担い手の活躍に期待 アイヌ伝承者育成事業の3期生研修修了

ニカラグアで助産師「頑張りたい」 むかわの内海さん

空港ビル新棟完成 24日供用開始【帯広】

右手一本 ゴルフ再び 左半身まひの神田さん【音更】

将棋2年連続全国へ 連盟支部【十勝】

室蘭蘭友会が25、26日に洋ラン作品展示会【室蘭】

マリンパークでサクラダイ展示、水槽に春到来【登別】

7月8日の大黒摩季伊達公演で18日に先行電話予約【伊達】

19日ハーモニーとに多彩な選曲、2団体が定演【室蘭】

4月14日に温泉ソムリエ認定セミナー開催【登別】

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

十勝からの情報(3月12日ごろ)

釧路、根室の情報

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(147)

室蘭民報(748)

名寄新聞(97)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(32)

日高報知新聞(160)

函館新聞(203)

苫小牧民報(215)

釧路新聞(66)

十勝毎日新聞(322)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)