北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  各地のフェアで特産品…
各地のフェアで特産品PR
日高報知新聞 - 2017/02/17 16:28
左から表彰した根本次長と野口青年部長、橘副部長、福沢同
 北海道開発局が推進する「わが村は美しく―北海道」運動の第8回コンクールで、地域農業発展に向けた生産者実践活動で奨励賞を受賞したびらとり農協青年部(野口和真部長、部員49人)へ15日、平取町本町の同農協で表彰状が伝達された。

 同コンクールは農山漁村における地域の活性化や個性的で魅力ある地域づくりの優れた活動を表彰。優秀賞は14団体、奨励賞26団体が選ばれた。

 同青年部(部員49人)は日高・胆振地区JA青年部と連携したPRイベントとして、苫小牧市の道の駅ウトナイ湖や北広島市内の農協直販所の特産品フェアで、びらとりトマトと加工品や黒毛和牛のレトルトカレーなど町自慢の商品の試食、対面販売を行うなど積極的に消費者と交流。また、町教委と連携し、農業の素晴らしさと食べ物の大切さを子どもたちに伝える「食育」活動にも取り組んでいる。

 副部長の橘孝之さんと福沢孝彦さん、事務局担当のびらとり農協職員・瀧直也さんらの見守るなか、根本任宏室蘭開発建設部次長が野口部長に表彰状を手渡した。

 野口部長は「私たちの活動を評価いただき素直にうれしい。これを励みに部員49人が力を合わせ地道に活動を続けたい」と意欲を示していた。
[日高報知新聞]-最近の話題
4団体の共演に酔う(2017/02/28)
灯台守の仕事と家族の生活(2017/02/28)
5人1団体を表彰(2017/02/27)
児童の絵をラッピング(2017/02/27)
学校・授業改善の推進役(2017/02/25)
フルマラソン80歳以上で連覇(2017/02/25)
伝統織物の刺しゅう技法(2017/02/24)
様似中へ教育実践表彰(2017/02/24)
限られた財源で効果的に(2017/02/23)
朗々と吟詠はじめ(2017/02/23)
新型訓練機の前で、シーラス社のデイビッド副社長から盾を受け取る台木理事長(左)
↑最近の写真
特集・道の駅
4団体の共演に酔う

灯台守の仕事と家族の生活

「ブルーチーズはやきた」 JAL国際線ファーストクラスで提供

鉄道ファン続々来訪 3月3日、JR美々駅廃止

アイヌ文化の研修生が企画展 3年間の学習成果発表【白老】

新千歳夏ダイヤ、発着最大14便 深夜・早朝運航計画まとまる

北の星座音楽祭開幕・札響と地元演劇で楽しむ【下川】

ジュニア五輪実行委と駐屯地が協定締結【名寄】

アマバン集合!音楽楽しみ交流深める【名寄】

ワカサギ釣り&そば打ち体験教室【名寄】

アイヌ伝統技法を伝承者3期生が展示会【白老】

成果発表や体験会、26日に市民活動フェスタ【登別】

室蘭フォルクブラスカパレが3月12日に定演【室蘭】

3月5日ライオンキング開幕、俳優の中村さん室民でPR【室蘭】

400点のおもちゃで交流・26日に「おもちゃ博」【名寄】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(2月19日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

門別漁港のチカ、満潮時は入れ食い

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

手作りにこだわった小春ちゃんの「ゴボウの漬物」【伊達】

伊勢丹で白老牛PR、ウエムラ牧場が西洋風居酒屋出店【白老】

母恋めし本舗がヤヤン昆布使いドレッシング発売【室蘭】

根室新聞(165)

室蘭民報(762)

名寄新聞(91)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(33)

日高報知新聞(160)

函館新聞(203)

苫小牧民報(191)

釧路新聞(62)

十勝毎日新聞(322)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)