北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  手話で市民応対を、条…
手話で市民応対を、条例施行に備え市職員が研修【伊達】
室蘭民報 - 2017/02/17 11:53
手話の基本動作を練習する市職員たち
 手話言語条例の施行を4月に控えている伊達市は13日、市役所で職員向けの手話言語講習会を開いた。同時期に条例を施行する洞爺湖町にも呼び掛け、両市町の職員約50人が、あいさつや窓口で想定される会話を練習し「今後に生かしたい」と話していた。

 北海道ろうあ連盟(札幌)の佐藤英治副理事長、金原浩之事務局長が講師を務めた。職員たちは「どちらですか」など基本的な手話を練習して、手話を理解すれば、気持ちが早く通じると学んだ。伊達政宗の独眼竜と三日月の前立の形で「伊達」を、おじいさんのおでこのシワと湖の形で「洞爺湖」を表す動作に「なるほど」と納得していた。

 参加した伊達市教委の横山哲也さん(37)は「手話を実践するには1回の講習では難しいと分かった。手話を身近に感じるよい機会になった」と話していた。

 講習に先立ち、佐藤副理事長が講演し「ろう者は災害時の死亡率が高い。見た目が健常者と変わらず、避難の情報が入らないために逃げ遅れてしまう。条例制定で住民に理解者を増やしたい」などと語った。
[室蘭民報]-最近の話題
室蘭商議所が他団体とも連携し交流人口拡大へ【室蘭】(2017/03/25)
室蘭市がIターン獲得に本腰、16年度は相談件数倍増【室蘭】(2017/03/25)
「はばたく中小企業300社」に室蘭から3社選定【室蘭】(2017/03/25)
胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】(2017/03/25)
大津波想定し避難訓練、高台へ経路確認【洞爺湖】(2017/03/24)
鎌田君が福島帰郷へ「剣道続けてきて良かった」【伊達】(2017/03/24)
大ぶり“春の味覚”―登別漁港でホッキ貝漁真っ盛り【登別】(2017/03/24)
30日から室美協新人展、油彩や日本画など26点【室蘭】(2017/03/24)
室蘭出身バイオリニスト吉井さんが10年ぶり地元公演【室蘭】(2017/03/24)
農商工が販路拡大、先進的取り組み学ぶ【室蘭】(2017/03/24)
先頭を切って入場した釧路選抜A。王座奪還に闘志を燃やす
↑最近の写真
特集・道の駅
日ハムと足寄町 パートナー協定調印【札幌】

認知症の茶話会好評 山口さん、久保さんら運営【帯広】

新空港ビル 門出祝う 竣工式典でテープカット【帯広】

便利でお得!イカすニモカ運用開始【函館】

臨港道路が開通【函館】

アイスホッケー全日本少年大会開幕【釧路】

珍魚“オキフリソデウオ”揚がる・歯舞沖【根室】

歴史墓地参り 梶原平馬・水野貞夫妻の命日にちなみ【根室】

振興局・地域FMが災害協定 全道初【根室】

JR問題で東胆振首長、道の検討結果受ける

胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】

30日から室美協新人展、油彩や日本画など26点【室蘭】

室蘭出身バイオリニスト吉井さんが10年ぶり地元公演【室蘭】

室蘭蘭友会が25、26日に洋ラン作品展示会【室蘭】

マリンパークでサクラダイ展示、水槽に春到来【登別】

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

十勝からの情報(3月12日ごろ)

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(146)

室蘭民報(743)

名寄新聞(99)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(30)

日高報知新聞(159)

函館新聞(205)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(66)

十勝毎日新聞(325)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)