北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  伊達市がスマホアプリ…
伊達市がスマホアプリ使い健康長寿へ歩行速度測定【伊達】
室蘭民報 - 2017/02/17 11:52
歩行速度などが一目で分かるアプリの画面
 伊達市は、市民の健康寿命を延ばそうと、スマートフォン(スマホ)のアプリを活用した歩行速度測定の社会実験を始めた。国内初の試みは、アプリで歩行速度を把握し、運動や食習慣を見直してもらい、将来の認知症・MCI(軽度認知障害)の予防につなげる狙いがある。

 アプリは、歩行速度を継続的に測定し、認知症・MCIのリスク予兆が見つかった場合に通知する。東京都健康長寿医療センター・大渕修一氏の研究を受け、間接業務受託大手のInfoDeliver(東京)と太陽生命保険(東京)が共同開発した。医学的根拠に基づいた認知症などのリスク予兆を通知するアプリは国内初という。

 このアプリを使って市内で始まった社会実験では、歩行速度測定システムを搭載したスマホを60歳以上の市民に貸し出し、歩行速度とその変化、医療費の相関関係を分析する。医療費を把握する必要があるため、国民健康保険と後期高齢者医療制度の加入者向けに昨年12月に始め、特定健診の受診者を中心に促したところ、参加者は2月中旬までに150人を超えている。

 アプリには、歩速(分速)や歩数のほか、同性同年齢との比較が「新幹線級」「飛行機級」と分かりやすく表示される。「歩速年齢」の指標では、速く歩けば歩くほど、実年齢より若く表示される。歩速年齢42歳の林孝子さん(77)は、実験を機により歩くことを意識するようになった。「歩速年齢が若く出てうれしい。歩くことを目的に出歩こうかと考えてしまうほど。写真を撮ったり、孫とやりとりできるスマホを持つこと自体がうれしいですね」と話した。

 同社によると、最近の研究では、歩行速度の低下と認知症・MCIの発症リスクには関連があること、運動や食習慣など生活改善が認知症のリスク低減につながることなどが分かってきている。市がこの点に着目、実験が実現した。

 同社によると、歩行速度を落とさないことがポイントといい、今後は初期の参加者が半年を迎える7月以降、運動指導を実施し運動習慣などの改善で、健康増進の効果が歩行速度によって定量的に測定できることを検証する。

 市は「社会実験を通じて市民の健康増進につなげ、医療費の低減と介護リスクの抑制につなげたい」と話す。3月24日には、大渕氏を招いた講演会をカルチャーセンターで開く。午前10時開会、入場無料。申し込み不要。
[室蘭民報]-最近の話題
真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】(2017/05/26)
教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】(2017/05/26)
フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】(2017/05/26)
人権擁護委員・神田さんと今泉さんが法務省局長表彰【室蘭】(2017/05/26)
巻雲俳句会が前身から通算35年、句集400号発刊【室蘭】(2017/05/26)
横綱めざしはっけよい、登別小で相撲稽古初め【登別】(2017/05/26)
室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】(2017/05/26)
室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】(2017/05/26)
室民新社屋完成記念し日鋼室蘭が人工水晶パネルを寄贈【室蘭】(2017/05/26)
縄文人の死生観に学ぶ、北黄金貝塚公園で講座【伊達】(2017/05/26)
18年度から献血車運行拠点となる苫小牧出張所
↑最近の写真
特集・道の駅
酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】

GⅠ記念し200万円寄付

寄贈レコード100万枚達成!

日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ

中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流

痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】

PG体操開発 基本動作16種、全国普及へ【幕別】

酒米の豊作願い 下士幌小児童が田植え【音更】

体育祭晴天祈り最後の儀式 第一中の笹木校長【帯広】

教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

カフェ「FURAI房」に主婦2人が念願の挑戦【室蘭】

根室新聞(114)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(171)

函館新聞(204)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)