北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  小笠原商店が楽天市場…
小笠原商店が楽天市場で2冠達成
苫小牧民報 - 2017/02/15 16:13
楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2016で今年も2冠を達成した小笠原商店の小笠原社長
 新千歳空港で道内銘菓などの土産物を販売する小笠原商店(小笠原航社長)のウェブショップ「北海道お土産探検隊」が、「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2016」で3年連続の海外販売賞と2年連続のスイーツジャンル賞に輝いた。2年連続の2冠。小笠原社長は「地道な積み重ねが今回の受賞につながった」と喜んでいる。

 楽天市場では約4万4000店舗がネット通販を展開している。ショップ・オブ・ザ・イヤーは対前年比を含む売り上げや、顧客満足度の高さなどを基準に販売品などのジャンル別に優良店が選ばれる。

 小笠原商店は前年比約3%増の売上高。中国向けの売り上げ増が、スイーツの販売実績も押し上げた。

 「他店を上回るスピード対応ができた」と小笠原社長。中国国内の通販サイトの情報を素早く入手して参入したほか、通販サイト内や、問い合わせメールで使う中国語にもこだわった。

 他の通販サイトでは自動翻訳機能で訳した不自然な中国語が使われているのに対し、「北海道お土産探検隊」は3人の中国人スタッフによる自然な翻訳を使用した。

 流ちょうな中国語でメールも返信しており「利用者にとって安心感があると思う」と胸を張った。実店舗でも外国人スタッフに接客させている。

 1950年に創業し、63年から空港に店舗を構える同社。楽天市場への出店は2000年からだ。今年のスローガンは「北海道のものを世界一売る」。

 小笠原社長は、新千歳空港の利用者の多さに触れながら「社内の横の連携を大事にし、新しい商品を紹介し続けたい。メーカーや生産者とのつながりも深くなっていけば」と語った。
[苫小牧民報]-最近の話題
日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ(2017/05/26)
中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流(2017/05/26)
痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】(2017/05/26)
千歳川、風のない暖かい日が狙い時(2017/05/25)
陸自第7師団10式戦車を公開 ネットワーク化し索敵性能向上(2017/05/25)
安平でベートーベンピアノソナタ聴く会 4年間で全32曲を予定(2017/05/25)
新緑の森でかれんに ハスカップの花満開(2017/05/24)
有森さんの激励受け Arimori Cupマラソン【むかわ】(2017/05/24)
苫東に自動走行の実験施設を 食の配達基地なども-経営諮問委(2017/05/24)
宮沢賢治の詩碑完成 除幕式に弟の孫の和樹さん来苫(2017/05/22)
直売所に並ぶ赤く鮮やかに色づいた豊浦のイチゴ
↑最近の写真
特集・道の駅
酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】

GⅠ記念し200万円寄付

寄贈レコード100万枚達成!

日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ

中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流

痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】

PG体操開発 基本動作16種、全国普及へ【幕別】

酒米の豊作願い 下士幌小児童が田植え【音更】

体育祭晴天祈り最後の儀式 第一中の笹木校長【帯広】

教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

カフェ「FURAI房」に主婦2人が念願の挑戦【室蘭】

根室新聞(114)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(171)

函館新聞(204)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)