北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  大一番前に食べて、短…
大一番前に食べて、短大生が「福パン」開発【釧路】
釧路新聞 - 2017/02/15 09:52
糖質を素早くエネルギに転換できる全粒粉のちぎりパン「福パン」
大一番前に食べて、釧短大生が「福パン」開発

 アスリートや受験生へ、大一番前にぜひ食べて―。釧路短期大学(西塔正一学長)生活科学科、山崎美枝教授のゼミ生が開発した全粒粉パン「福(ぷく)パン」(1個150㌘、税抜310円)が25日から、パン製造販売の麦(釧路市鶴野東5)で販売される。スポーツ栄養学の観点から効率的にエネルギー転換できる素材にこだわったパンで、学生は「栄養の知識や安心安全な食事を地域に伝えて行く機会にできれば」と展望する。

 同短大と、麦を経営するトータルサービス豊伸(岡伸一社長)が14日、正式に協定を結び、レシピを短大の学生が、食材調達と商品製造を同社が担うことになった。企業との協定は2例目となった同短大の西塔学長は「栄養面での社会貢献につなげたい」と期待する。

 今回の商品開発は、道産小麦「ゆめちから」など素材にこだわる商品展開に力を入れる岡社長と、アスリートに栄養指導する公認スポーツ栄養士の資格を持つ山崎教授が同級生という縁で実現した。山崎教授は教壇に立つ傍ら、2014年ソチ冬季五輪で日本代表選手を食事や栄養面から支援する運営スタッフとして帯同した経歴を持つ。地域の健康をサポートする意味から、スケートやアイスホッケーなど冬のスポーツの主要大会や受験を控える子どもたちの食事にと、この時期の販売となった。

 学生らによると「福パン」は糖質の吸収に効果的なビタミンB1が豊富な全粒粉のパンで、4種類のあんとクリームチーズの計5種類の味が特徴。団体競技で仲間とちぎって食べられるよう30㌘ずつを合わせている。「勝利」や「合格」をイメージできるよう5枚の花びらの形にし「春」をイメージした。

 山崎教授は「スポーツの試合と受験の前では、素早く糖質をエネルギーに変える食材が適している」とし、考案者の一人、2年の大内綾香さん(33)は「商品を通じ保護者やお母さんたちに効果的な食事や栄養を伝えて行けたら」と話している。岡社長は「学生さんたちの発想が素晴らしい。今後は年間2種類は増やして行きたい」としている。

 問い合わせは麦0154(52)8851へ。
[釧路新聞]-最近の話題
アイスホッケー全日本少年大会開幕【釧路】(2017/03/26)
289人希望胸に卒業/釧路公立大(2017/03/24)
光陽堂友の会展下河原さんらの作品【根室】(2017/03/23)
釧路・根室の情報(2017/03/21)
格安毛ガニに買い物客が列【厚岸】(2017/03/20)
2年ぶりの流氷接岸【根室港】(2017/03/19)
手話言語条例を釧根で初制定【釧路市】(2017/03/18)
女性がものづくりの魅力伝える【釧路市】(2017/03/16)
釧路、根室の情報(2017/03/14)
新一年生の安全へ鈴に魂入れ/千歳生活学校【釧路】(2017/03/14)
調印式で協定書を交わした安久津町長と竹田社長(右から)
↑最近の写真
特集・道の駅
日ハムと足寄町 パートナー協定調印【札幌】

認知症の茶話会好評 山口さん、久保さんら運営【帯広】

新空港ビル 門出祝う 竣工式典でテープカット【帯広】

便利でお得!イカすニモカ運用開始【函館】

臨港道路が開通【函館】

アイスホッケー全日本少年大会開幕【釧路】

珍魚“オキフリソデウオ”揚がる・歯舞沖【根室】

歴史墓地参り 梶原平馬・水野貞夫妻の命日にちなみ【根室】

振興局・地域FMが災害協定 全道初【根室】

JR問題で東胆振首長、道の検討結果受ける

胆振を満喫しよう、総合振興局が4~6月イベントまとめ【胆振】

30日から室美協新人展、油彩や日本画など26点【室蘭】

室蘭出身バイオリニスト吉井さんが10年ぶり地元公演【室蘭】

室蘭蘭友会が25、26日に洋ラン作品展示会【室蘭】

マリンパークでサクラダイ展示、水槽に春到来【登別】

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のクロガシラが岸寄り

室蘭地方 つり情報

支笏湖のブラウントラウトはルアーが有利

十勝からの情報(3月12日ごろ)

登別駅前チャレンジショップに25日海鮮丼店オープン【登別】

登別ブランド推奨品に「牛乳カステラ」を認定【登別】

洞爺湖11万年の味「ジオたまご」10日発売【洞爺湖】

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

根室新聞(146)

室蘭民報(743)

名寄新聞(99)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(30)

日高報知新聞(159)

函館新聞(205)

苫小牧民報(217)

釧路新聞(66)

十勝毎日新聞(325)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)