北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  安全、安心な卵を 反…
安全、安心な卵を 反町さん夫婦、安平で「こころ自然農園」
苫小牧民報 - 2017/02/14 17:00
生産している卵と貴志さん(右)、恵さんと娘の志歩ちゃん
 反町さんは10年ほど東京でタクシードライバーをしていたが以前から農業に強い関心があり、いとこが働いていて親近感を持っていた同町内で農業研修を受けた後、妻の恵さん(35)と共に14年7月に就農。鳥が好きだったことから卵の生産を決意したという。

 卵は6個300円、10個500円とやや値は張るが「安全、安心」が売り。ニワトリの餌には添加物、抗生物質を避け、麦やぬかなど国産品を自らブレンドして作る。

 狭いケージで飼育せず、平飼いをして、抗生物質が無くても病気に強い健康なニワトリ約500羽を育てる。必然的にコストは高くなるが、貴志さんは「安いには安いなりのリスクがある。健康なニワトリを育てることで安全、安心な卵を生産できる」と胸を張る。

 購入者からは「黄身に弾力がある」「コクがある」「お菓子に使うとふっくらとなる」などと好評だ。

 長女の志歩ちゃん(4)は、生まれた時から卵アレルギーで「自分が生産したものを娘が食べられないのはつらかった」と貴志さん。それでも「他の卵は駄目だが自分たちの作った卵については、黄身を食べられるようになってきた。料理の幅も広がり、とてもうれしい」と話す。

 同農園のコンセプトは「7世代先の人たちにも未来を残す」こと。シーズンになるとゴボウやジャガイモ、ナガイモなど根菜をメインに無農薬野菜を育て、JAS規格の認証も受けて北海道有機農協に出荷するが、形が悪く販売できない野菜はニワトリの餌とし、逆に鶏ふんを畑の肥料とする。

 貴志さんは「まだ使えるもの、食べられるものは生かし、ごみを出さない循環型の農業、暮らしをしていきたい」と意気込んでいる。

 こころ自然農園の卵は現地で直売しているほか、コープさっぽろの苫小牧、千歳(一部)の店舗や道の駅ウトナイ湖などで販売している。町内のコーヒースタンドシエスタ、カフェステラでも取り扱っている。

 問い合わせは同農園 電話0145(25)2447。

[苫小牧民報]-最近の話題
新千歳国内線に中央保安検査場を開設 処理能力向上、混雑緩和へ(2017/04/26)
島松沢交差点名を「旧島松駅逓所入口」に変更【恵庭】(2017/04/26)
白老・民族共生象徴空間の建設工事スタート(2017/04/25)
苫小牧真砂町の海岸にシャチ サーファー避難(2017/04/24)
よこすかのグルメイベント出店 とまこまいカレーラーメン振興局(2017/04/24)
6月3~4日、白老牛肉まつり 前売り券販売開始(2017/04/22)
千歳水族館で「へんてこナマズ展」珍しいのが勢ぞろい(2017/04/22)
本物みたい!大型模型登場 ちとせクラフトフェア開幕(2017/04/22)
大水槽でサケに餌やり 千歳水族館で飼育係体験(2017/04/20)
こいのぼりクッキー人気 目がハートのレア商品も【苫小牧】(2017/04/20)
懇親会であいさつする幌村会長
↑最近の写真
特集・道の駅
ふるさと納税全道一に 28年度33億700万円【根室】

〝無事に帰ってきてね〟

新築住宅に「応援金30万」

新千歳国内線に中央保安検査場を開設 処理能力向上、混雑緩和へ

島松沢交差点名を「旧島松駅逓所入口」に変更【恵庭】

電柱 受難の春 カラス営巣で漏電恐れ【十勝】

スマホで自然探索 緑ケ丘公園の生き物「見っけ」【帯広】

ホエイで地サイダー チーズ製造副産物活用【中札内】

富岸ファイターズが野球の楽しさ教え35年【登別】

第二名水亭を一部リニューアル、28日オープン【伊達】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

恐竜ファン必見、29日から「玉手箱」展【苫小牧】

洞爺湖ロングラン花火大会が28日からスタート【洞爺湖】

西胆振の冬を切り取る…「チーム雲海」が写真展【登別】

6月に「墨描・中国人強制連行の図」展示会【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

十勝からの情報(4月16日ごろ)

釧路・根室の情報

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

洞爺観光ホテル「春の和膳プラン」が好評、5月末まで【洞爺湖】

根室新聞(122)

室蘭民報(803)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(25)

日高報知新聞(170)

函館新聞(201)

苫小牧民報(220)

釧路新聞(72)

十勝毎日新聞(318)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)