北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  安全、安心な卵を 反…
安全、安心な卵を 反町さん夫婦、安平で「こころ自然農園」
苫小牧民報 - 2017/02/14 17:00
生産している卵と貴志さん(右)、恵さんと娘の志歩ちゃん
 反町さんは10年ほど東京でタクシードライバーをしていたが以前から農業に強い関心があり、いとこが働いていて親近感を持っていた同町内で農業研修を受けた後、妻の恵さん(35)と共に14年7月に就農。鳥が好きだったことから卵の生産を決意したという。

 卵は6個300円、10個500円とやや値は張るが「安全、安心」が売り。ニワトリの餌には添加物、抗生物質を避け、麦やぬかなど国産品を自らブレンドして作る。

 狭いケージで飼育せず、平飼いをして、抗生物質が無くても病気に強い健康なニワトリ約500羽を育てる。必然的にコストは高くなるが、貴志さんは「安いには安いなりのリスクがある。健康なニワトリを育てることで安全、安心な卵を生産できる」と胸を張る。

 購入者からは「黄身に弾力がある」「コクがある」「お菓子に使うとふっくらとなる」などと好評だ。

 長女の志歩ちゃん(4)は、生まれた時から卵アレルギーで「自分が生産したものを娘が食べられないのはつらかった」と貴志さん。それでも「他の卵は駄目だが自分たちの作った卵については、黄身を食べられるようになってきた。料理の幅も広がり、とてもうれしい」と話す。

 同農園のコンセプトは「7世代先の人たちにも未来を残す」こと。シーズンになるとゴボウやジャガイモ、ナガイモなど根菜をメインに無農薬野菜を育て、JAS規格の認証も受けて北海道有機農協に出荷するが、形が悪く販売できない野菜はニワトリの餌とし、逆に鶏ふんを畑の肥料とする。

 貴志さんは「まだ使えるもの、食べられるものは生かし、ごみを出さない循環型の農業、暮らしをしていきたい」と意気込んでいる。

 こころ自然農園の卵は現地で直売しているほか、コープさっぽろの苫小牧、千歳(一部)の店舗や道の駅ウトナイ湖などで販売している。町内のコーヒースタンドシエスタ、カフェステラでも取り扱っている。

 問い合わせは同農園 電話0145(25)2447。

[苫小牧民報]-最近の話題
「ブルーチーズはやきた」 JAL国際線ファーストクラスで提供(2017/02/28)
鉄道ファン続々来訪 3月3日、JR美々駅廃止(2017/02/28)
アイヌ文化の研修生が企画展 3年間の学習成果発表【白老】(2017/02/28)
新千歳夏ダイヤ、発着最大14便 深夜・早朝運航計画まとまる(2017/02/28)
恐竜ネットワーク形成へ 兵庫県丹波市、熊本県御船町と-むかわ(2017/02/27)
伝統の踊りや演奏披露 苫小牧市民会館でアイヌ文化発表展示会(2017/02/27)
ハードロックの会長 日本でのIR事業に意欲【苫小牧】(2017/02/25)
もりもと「十勝若牛」カレーパン発売 台風被害の清水町支援(2017/02/24)
実用化へ改善点探る 寒冷地仕様のEV、苫高専でテスト走行(2017/02/24)
恵庭北高出ミステリー作家・嶋戸さん 市立図書館にエッセー寄稿(2017/02/24)
「見上げてごらん夜の星を」で4団体が共演
↑最近の写真
特集・道の駅
4団体の共演に酔う

灯台守の仕事と家族の生活

「ブルーチーズはやきた」 JAL国際線ファーストクラスで提供

鉄道ファン続々来訪 3月3日、JR美々駅廃止

アイヌ文化の研修生が企画展 3年間の学習成果発表【白老】

新千歳夏ダイヤ、発着最大14便 深夜・早朝運航計画まとまる

北の星座音楽祭開幕・札響と地元演劇で楽しむ【下川】

ジュニア五輪実行委と駐屯地が協定締結【名寄】

アマバン集合!音楽楽しみ交流深める【名寄】

ワカサギ釣り&そば打ち体験教室【名寄】

アイヌ伝統技法を伝承者3期生が展示会【白老】

成果発表や体験会、26日に市民活動フェスタ【登別】

室蘭フォルクブラスカパレが3月12日に定演【室蘭】

3月5日ライオンキング開幕、俳優の中村さん室民でPR【室蘭】

400点のおもちゃで交流・26日に「おもちゃ博」【名寄】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(2月19日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

門別漁港のチカ、満潮時は入れ食い

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

手作りにこだわった小春ちゃんの「ゴボウの漬物」【伊達】

伊勢丹で白老牛PR、ウエムラ牧場が西洋風居酒屋出店【白老】

母恋めし本舗がヤヤン昆布使いドレッシング発売【室蘭】

根室新聞(165)

室蘭民報(762)

名寄新聞(91)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(33)

日高報知新聞(160)

函館新聞(203)

苫小牧民報(191)

釧路新聞(62)

十勝毎日新聞(322)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)