北海道ニュースリンクHOME  >  特集・道の駅  >  おびら鰊番屋【小平】
おびら鰊番屋【小平】
日刊留萌新聞 - 2009/09/08 16:11
 小平町鬼鹿広富の国道232号沿いにある休憩スポット。明治から昭和にかけて千石場所としてにぎわい、ニシン漁の栄華を伝える国の重要文化財旧花田家番屋、マチの歴史文化を伝える町郷土資料館が隣接する。

 おびら鰊番屋は周囲の建物群に配慮した木造二階建てで、外観は旧花田家番屋をイメージした造り。入場するとスタンプ押印、道路情報コーナーのある休憩室。その奥には地場産品をそろえた土産コーナーと食堂。二階はトイレと百二十人が収容可能な大広間があり、予約が必要。

 土産品の売れ筋は「北海にしん甘露煮」、ニシンのコンブ巻き「北海太巻き」、前浜産の新鮮なタコを丸ごと加工した「一杯ダコ」、タコの頭や足、皮、まぶた、トンビなどを加工にした珍味類、鬼鹿名物「べこもち」も人気。

 食堂では「にしんそば」、「にしん丼」、「にしんの三平汁」、昨年から登場した「にしんのルイベ刺」、濃厚でさっぱりした味のソフトクリームなどが好評だ。

 国道をはさんだ施設の向かいに松浦武史郎の来訪を記念したにしん文化歴史公園、終戦直後、沖合に沈んだ樺太引き揚げ船の悲劇を伝える三船遭難慰霊之碑がある。

 道の駅の電話番号は0164(57)1411番。

(日刊留萌新聞)
[日刊留萌新聞]-最近の話題
天塩町がシェアリングシティに認定 道内で唯一の快挙(2017/11/18)
増毛町まちづくりセミナー2017 文化資産の活用法探る(2017/11/17)
留萌市子どもまつりに千人来場 多彩な催しを満喫(2017/11/06)
10年ぶり「くま獅子舞」 苫前町民文化祭(2017/10/31)
ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】(2017/10/21)
移動スーパー「とくし丸」が運行開始 さっそく主婦ら利用【留萌(2017/10/03)
「増毛線」を散策 港や果樹園の風景楽しむ(2017/10/02)
水素社会実現の一歩へ 11月から実証事業【苫前】(2017/09/30)
留萌市船場公園の愛称 るしんふれ愛パークに(2017/09/29)
増毛の果樹園でリンゴの収穫始まる(2017/09/23)
市「景観・みどり遺産」第1号に指定されたキウシト湿原。子どもたちの貴重な環境学習の場にもなっている
↑最近の写真
特集・道の駅
ウロコの無料送迎バスが買い物支援【豊浦・洞爺湖】

市の景観・みどり遺産にキウシト湿原第1号指定へ【登別】

東室蘭駅東口駅前広場に色鮮やかな光の点滅【室蘭】

室蘭の商品や技術を活用推進するキャッチフレーズ募集【室蘭】

地域課題解決アプリコンで室蘭の坂を運動や観光に【室蘭】

函館夜景おいしく美しくシュウェットカカオ新作クッキー【函館】

高齢者向け交通料金助成ICカードに移行で新制度説明会【函館】

コンブ格付け3割減 全道はおよそ1割減【根室】

読書の友に“人形しおり” 図書館で先着100人に【根室】

プロ、アマの演奏など

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(117)

室蘭民報(974)

名寄新聞(46)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(81)

十勝毎日新聞(294)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)