北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

NEWS最新ニュースMORE

苫小牧民報

支笏湖ユースホステル来月末に閉館 宿泊客減少や施設老朽化で

 66年前に国内第1号のユースホステル(YH)として開業した支笏湖ユースホステル(千歳市支笏湖温泉)が3月末で閉館する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う宿泊者の減少や施設の老朽化が理由。閉館後...

苫小牧民報

湧水豚とホッキのコラボ丼 マルトマ食堂、来月1日から新メニュー

 新型コロナウイルス感染拡大による暗い世相に明るい話題を―と、苫小牧市内の養豚場と飲食店が共同で新メニューを開発した。錦岡の養豚経営、ビィクトリーポーク(中岡勝社長)のブランド豚「樽前湧水豚」と、...

日高報知新聞

B☆Bもストリートピアノ【浦河】

 子どもから高齢者まで幅広い層を対象にした浦河町教委主催の「生涯学習フェスティバル体験フェア」が21日、総合文化会館で開かれ、午前と午後で約100人の家族連れなどが参加し、各団体(サークル)の活動に...

日高報知新聞

基幹産業の強化や子育て支援【新ひだか】

【新ひだか】町は22日、2021年度予算案を発表した。一般会計は前年度当初比6・2%増の156億414万円。国民健康保険、病院事業など6特別・事業会計を合わせた予算総額は4・2%減の229億3757...

室蘭民報

「工大王」に挑戦、謎解きゲーム開催 ドライブイン室蘭花火大会【室蘭】

 花火の前に室蘭工業大学生と知恵比べはいかが-。3月13日に道の駅みたら室蘭周辺特設会場で開催するドライブイン室蘭花火大会(同実行委員会主催)。当日企画として、同大学生有志による謎解きゲームを開...

もっと見る

EVENTイベント情報MORE

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

“藤の花”揺れた氷まつり 最終日にぎわう【帯広】

 「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は31日、最終日を迎えた。天候にも恵まれ、メイン会場の「夢の北広場」(JR帯広駅北側)には、午前中から多くの家族連れが訪れ、氷雪像前...

もっと見る

FISHING釣り情報MORE

十勝毎日新聞

十勝からの情報(2月21日ごろ)

■網走湖 ▽ワカサギ 呼人地区、女満別地区ともに好調に釣れている。女満別側で100~300匹 ■阿寒湖  ▽ワカサギ 30~200匹 ■苫小牧、白老沖  ▽サクラマス 2~6匹。日によってむらがある ...

苫小牧民報

サクラマスにソウハチ交じる

苫小牧沖 サクラマス 12日は水深100メートル前後、棚は25~55メートル。定数釣る人も。良型ソウハチ交じる 苫小牧・西港 チカ 南、勇払埠頭(ふとう)などで0~10匹。良型。釣れない日...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(2月14日ごろ)

■阿寒湖 ▽ワカサギ100~300匹 ■白老沖 ▽サクラマス5~10匹 ■苫小牧、白老沖 ▽サクラマス6~10匹(定数) ■阿寒湖 ▽ワカサギ硫黄山川側で釣れている。250匹釣った人も ■網走湖呼人...

もっと見る

GOURMETグルメ情報MORE

十勝毎日新聞

「牛肉巻きごはん」新名物に レシピ考案コン【清水】

最優秀賞に大塚さん  清水町のチーズを使い、新たな名物料理を生み出すレシピ考案コンテスト(十勝毎日新聞社主催)の最終審査会が19日、町中央公民館で開かれた。49作品の応募の中から、1次審査を通過...

十勝毎日新聞

初の「地ビール」 小麦とイモ原料 本格販売へ【大樹】

 JA大樹町青年部(半谷勇人部長、部員50人)は、大樹産の小麦やジャガイモを原料とした地ビール「大樹のしずく」を完成させた。澄川麦酒醸造所(札幌市)が約300本(1瓶330ミリリットル)を醸造。同...

十勝毎日新聞

仏レストランガイドに「マリヨンヌ」 「ゴ・エ・ミヨ」日本版【帯広】

 権威あるレストランガイドブック「ゴ・エ・ミヨ2021」に、帯広のフランス料理店「マリヨンヌ」(西1南10、小久保康生オーナーシェフ)が十勝で唯一掲載された。日本版5刊目の今回は、33都道府県...

もっと見る